いつも立ち上がり不安定な藤浪、そこをつかまえて先取点を、と思っていたら、昨日の藤浪は初回からコントロールが安定し、速球もさえていた。ヤクルト打線はつけ入る隙もなく初回敢え無く3人で討ち取られてしまった。

いっぽうロマンの方は序盤ランナーを出しつつも犠牲フライによる1点に抑えていたが、中盤5回だけで3四球を与え、鳥谷、ゴメスにタイムリーを打たれ3点を追加された。特に2死からピッチャー藤浪を歩かせのが結果的に命取りになった。この3点でますます藤浪のピッチングに余裕ができ、バッターを追いこんで手元で落ちるカットボールを使われ、討ち取られるシーンが目立った。

そうなるとどうしても早いカウントからバットを出し、追い込まれて内角の手元に沈むスライダーやカットボールに空振りするか内野ゴロに終わる悪循環となり、藤浪のペースにはまってしまった。

奪ったヒットがわずか3安打。2,3,4番と目下打率、本塁打、打点王の3人の中で川端が1本ヒットを打っただけ。あとの2本は大引に代わってショートに入った代打要員の中で唯一3割打者の今浪の2安打。特に今浪は他のバッターが前述したように早打ちで討ち取らる中で唯一、全打席フルカウントまで粘り、2安打しているのが素晴らしい。第二打席など山田が三振した手元で落ちるカットボールを見事拾って内野安打にしている。こういうバッティングができないと昨日の藤浪攻略は難しい。

今日の相手の先発はメッセ、阪神はこの首位争いを勝ち越すため、あわよくば3連勝を狙ってピッチャーをそろえて来ている。ここで白旗を上げたら、巨人3タテは何だったのかということになる。好調のときのメッセを攻略するのは難しいが、そんな事を言っている段階ではない。ボレド同様、何が何でもくらいついて行かないと、直接対決で相手を倒さないと差はちじまらない。今浪のようなじっくりストライク&ボールの見極めのバッティングができるかがメッセ攻略のポイントとなろう。いずれにせよ序盤の攻撃がカギになるだろう。最後まで諦めるな、ヤクルト!





[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・楽勝ムードが・・・
2015年08月30日  [Web全体に公開]
【閲覧中】藤浪に完敗、しかし絶対諦めるな!
2015年08月29日  [Web全体に公開]
・小川の投打の執念が巨人を倒す!
2015年08月27日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。