今年の交流戦の餌食になったのはDeNAだった。DeNAは交流戦リーグ戦合わせて12連敗し、完全に勢いをそがれた感じがする。しかし前のカード巨人戦で連敗を12にストップすると巨人に連勝した。その巨人もDeNAに次ぐ交流戦成績が悪かった。調子が回復する前に、その巨人をたたく今回はいいチャンスだ。

ヤクルトの交流戦後半で追い上げたが、終盤連敗して勝ち越しをのがしたのは悔やまれる。パリーグの爆発力はセリーグの投手陣を圧倒していた。それに日ハム、ソフトバンクのつなぎの野球、ここぞというチャンスでの集中力、得点力はセリーグチームにない強さを感じた。個々の選手ではバンクの柳田、西武の秋山、ロッテの角中など調子に乗ったときには何を投げても打たれる凄さがあった。

交流戦DeNAに次いで成績が悪かった巨人、交流戦あけても1勝4敗と不振が続く今がヤクルトにとって叩くいいチャンスだ。交流戦直後の対阪神戦の連敗は痛かったが、前のカード対中日戦、逆転しての3連勝、これは大きな意味がある。

トップから最下位までわずか4ゲーム差。1試合ごとの勝敗で頻繁に順位が入れ替わる。その重みを選手全員が十分かみしめて今日の巨人戦に臨んでほしい。中日戦で見せた後半線の粘り、打線のつながり、集中力が発揮できれば連勝をさらに伸ばすことができるはずだ。マイコラスを調子に乗せると攻略が難しいくなる。序盤に先制して新垣を楽な気持ちで投げさせることができれば勝機は必ずあるはずだ。
中日戦の勢いをそのままぶつけろ!

[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・菅野を攻略、逆転勝ち!
2015年06月28日  [Web全体に公開]
・マイコラスに散発2安打完封負け!
2015年06月28日  [Web全体に公開]
【閲覧中】中日戦の勢いをそのままぶつけろ!
2015年06月27日  [Web全体に公開]
・打線の援護で山中に初勝利プレゼント!
2015年06月13日  [Web全体に公開]
・打線爆発ロッテに打ち勝つ!
2015年06月07日  [Web全体に公開]

1件のコメント


  1. by若虎大好き on 2015年6月28日 @8時48分

    読売が勝つのが一番やだ
ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。