ホームでDeNAに投打に圧倒され、哀れな3タテを喰らい5連敗し、今年の最下位は決まり、と今シーズンは諦めていた。

そのヤクルトが交流戦優勝し、セリーグ単独首位を走っている巨人にまさかの12-1とワンサイドゲーム、ほんとに野球って分からないものだ。それと今年の巨人戦、相性がとてもよさそうだ。

それにしても中畑DeNAが巨人に苦手意識が強いのか1勝するのに四苦八苦しているのに、ヤクルト戦になるとまるでファームとやるように投打に圧倒的な強さを発揮する。相性と言うだけでは済まされないもどかしさを感じる。

先発石川は今日の対巨人戦勝利で21勝目だというから今季だけでなく巨人に強いのだ。悪い時の石川は3回ももたずにゲームを終わらせてしまう事がしばしば、しかし巨人戦となると別人のピッチング。やはり先発が最少点に抑えてくれると打線も元気づく感じがする。

このゲーム、DeNA戦あれだけストレスがたまるようなゲームを見せられた後だけに盆と正月が一緒に来たような快感を覚えた。なんせ当てるのがやっとのようなボール球を上田、雄平が片手一本でヒットにしてしまう、やはり気持ちにゆとりがあるから自然とバットが巧く出てしまうのだろうが、このところ落胆するゲームばかりだったので余計気分がよかった。

DeNAに1-10で負けた11日のゲームでセンター桑原の好捕にあってセンター前ヒットを一本損したが、大振りせず、内野手の頭を超える巧打が強く印象に残っていたが、今日もバレンのあと途中から出てきて非常にバットコントロールの巧さで9回今村からヒットを放った。これができるんだから、たとえ左の先発でも上田を使ってもらいたい。

巨人を破ると人一倍気分がいい、と他の球団のファンはみんな言うが、ヤクルトが勝ち越しているのは唯一巨人だけなのだから余計誇らしく思う。逆にいえば、横浜や広島に何でこんなに弱いのかと言いたくなるのだが、・・・。今季最多安打タイで12得点、あれだけ得点がヘタなヤクルトが12得点をしたのは久々のこと、この勝利を明日につなげて欲しい。

[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・9連敗の屈辱を晴らすワンサイドゲーム!
2014年08月09日  [Web全体に公開]
【閲覧中】最下位が首位にワンサイドゲーム!
2014年07月14日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。