交流戦に弱く、内弁慶、いやセリーグ弁慶チーム、カープが巨人相手に連日凄いゲームをしているのが羨ましいヤクルト、ついに最下位横浜に並ばれた。横浜と投手力に差があるヤクルトの最下位は時間の問題だと思っていたが、打線までおかしくなれば当然のことだ。

先発に回った石山があれだけ好投しているのに、全く援護なし。ノーアウトでランナーを出したのは何回?得点圏にランナーを送ったのは何度?残塁の山、山、山、なんと13。これでは勝利の女神もそっぽを向くはず。たしかに岩田もよかったかもしれない。あれだけワンバウンドするボールを空振りすれば相手の思う壺だろう。

ランナーがいないときはヒットが出るものの、チャンスに一本が出ない川端、こんな悪い山田を見るのも久しぶりだ。3回の満塁時4球のうち3球はワンバンドするようなボール球、それを空振りして三振。ボール球には手を出さず、好球必打でチャンスに結果を出していた山田らしくない今日のバッティングだった。地元でいいところを見せたやりたいという力みが悪い方向に出たのか。借金がかさむばかり、猫を虎に変身させるのをひたすら手伝うのは遠慮したい。

[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・最下位が首位にワンサイドゲーム!
2014年07月14日  [Web全体に公開]
【閲覧中】残塁の山、山、山、ちぐはぐ打線に遠いホームベース!
2014年07月03日  [Web全体に公開]
・交流戦の順位がそのままゲーム結果に
2014年06月29日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。