昨日のヤクルトー巨人のゲーム13ゲーム離されている首位と最下位チームのゲームとは思えない緊迫した好ゲームだった。目下巨人に4勝3敗と唯一勝ち越し、最下位ながら、この点だけは大健闘だ。

先取点を取りながら先発が序盤で崩れて負ける不甲斐ないゲームがこのところ続いたので、ルーキーにしてエースの働きをしている小川の存在は大きいし見ていて頼もしい。5回の無死1,2塁のピンチに澤村にバントをさせなかったのがこのゲームの一つの勝敗を左右する分岐点だったように思う。

昨日も1点を争う厳しいゲームだったが、ピンチにも動じない小川のハートの強さをつくづく感心した。テレビ東京のスポーツニュースでも特集で取り上げたが、小川の素晴らしさは貪欲なまでの探究心だ。ダルビッシュやセパ両リーグのエース級ピッチャーの動画を見て長所を自分のピッチングに採り入れていると自ら語った。

DH制がないセリーグでは相性を考えてバッテリーを組むのを優先すべきだ。その点、打撃好調の相川を外し、小川ー中村としたのは正解だと思う。ただ初の3番荒木に力みがあったためか、機能しなかった。
1軍に戻った上田がオープンスタンスに変わり、複数安打を記録するなど復調が大きかった。1-1の同点にされた次の回に7回裏、小川の代打浩康が澤村の投げた内角高めにふわっと浮いた難しいスライダーをセンター前に技ありのヒットを放ち、それが決勝点になった。

以前の澤村と違い、インコースの厳しいコースと緩急を織り交ぜ、交流戦で巧さを身につけ、大崩れしなくなった。守備の乱れでヤクルトにとってはラッキーな先取点だったが、先発の小川を好投と、石山、山本哲とつなぐ投手陣の踏ん張りが大きかった。

これで小川は単独ハーラートップの8勝目を上げた。エース館山を欠く今シーズン小川がいなかったら最下位を独走していたかもしれない。
草薙球場がリニューアルされたことでボーカーの大飛球がホームランにならなかったのはラッキーだったが、球が変わったため飛距離が伸びたことを考えると+-0ということになろうか。今日投げる石川にとっては球が変わった事は大問題だが、G打線に的を絞らせないピッチングで連勝を勝ちとって欲しい。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・中盤の逆転で楽勝ムードが一転・・・
2013年07月03日  [Web全体に公開]
【閲覧中】ライアン小川ハーラートップの8勝目!
2013年06月30日  [Web全体に公開]
・ヤクルト7-4でどうにか逃げ切る!
2013年06月25日  [Web全体に公開]

1件のコメント


  1. by東京一筋 on 2013年7月1日 @0時17分

    ライアン最高~~~!!指名された時から注目してたけどまさかここまでやるとは!!
ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。