前の広島戦でマエケンから幸先良く4点を奪いながら、まさかの2本の被弾でサヨナラ負けというゲームの後だけに、3回に3点を奪い、5-2と3点差になっても回が浅かっただけに、どうなるかきがきでならなかった。

とにかく先発のラルー、2番手の村中、いずれも先頭打者を毎回出していた。その6回のうち半分のイニングで得点に与えている。ラルーは被安打が多いし、村中は四死球が多く、その後の中継ぎも1回を0に抑えるのに四苦八苦している状態だ。石山は直球に球威があるのは分かるが高目が多すぎた。交流戦で痛い目にあった反省が生きていない。ただ七條より安定性では上なので投げる順序は後の方がいいのではないだろうか。ラルーよりロマンの方が安定性を考えたら今の段階では上だということがはっきりしたのでラルーは下でじっくり鍛え直すべきだろう。

このゲームは打線に助けらた勝利だ。山田、荒木は攻撃型としてヒットが期待できる。それとバレンの後に好調相川が座った事で得点力が増した。いつ頃か忘れたが、今の自然なスタンスになってからの相川はさまざまなボールへの対応ができるようになったように思われる。これからもバレンが歩かされる場面が多くなるので5番がポイントゲッターになること間違いない。ハタケと相川の違いが今日のゲームではっきり出ていた。前のカープ戦マエケンに対しても相川、宮本のコンビで20球くらい粘ったのが球数を多く投げさせ、マエケンを中盤でマウンドからおろすきっかけになっている。

先発が早い回に降板すると、これまではほとんど勝てなかったが、打線に2ケタ安打が出るようになれば、今日のようなゲーム展開も可能だ。荒木の3塁守備の不安を考えたら、打撃に専念できる意味で今の1塁守備がベストかもしれない。それによって山田と1,2番コンビを組むことで攻撃型布陣で臨める。明日の先発はヤクルトが打ち倦んでいる高崎なので、しっかり狙い球を絞って今度こそ連勝を期待したい。


[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・ライアン小川ハーラートップの8勝目!
2013年06月30日  [Web全体に公開]
【閲覧中】ヤクルト7-4でどうにか逃げ切る!
2013年06月25日  [Web全体に公開]
・こういう形しか今のヤクルトは勝てない!
2013年06月16日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。