戦前ノムさんの予想では4勝1敗で巨人の優勝だったが、その予想は外れ、日ハムが2連敗のあと2勝2敗の五分に持ちこみホームで王手をかけるか、と期待されたが、5戦は思わぬワンサイドゲームで2-10で大敗。後がなくなった。


しかしこのゲーム2-5とリードされた4回表の巨人のバッター加藤に対し多田野の投げた内角高めのボールが主審に危険球とみなされ退場となったが、ビデオで見るとボールは加藤に当たっておらず、加藤の派手なパフォーマンスで主審が惑わされた誤審であることがわかった。あの時点で3点差あったとはいえ、非常に後味の悪いゲームであり、なぜビデオ判定を用いなかったのかと思う。


これまでの両チームを見ると投打に巨人が優っている。チーム打率巨人が291厘に対し、日ハム219厘とかなり開きがあり、巨人の長野、松本の1,2番コンビに対し、日ハムの陽、杉谷コンビの打率は今一つ低い。また日ハムは3,4番の糸井、中田の調子が上がってこないのが得点力に大きく響いている。それに左の両エース内海の防御率1.20と吉川の12.15という防御率がそのままゲームに反映している。今夜の巨人の先発が予想される沢村を糸井、中田が打てるかがゲームの勝敗を左右しそうだ。

[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・WBCヤクルトからは村中と中村悠兵出場
2012年11月18日  [Web全体に公開]
・巨人優勝の陰で泣いている選手たち
2012年11月05日  [Web全体に公開]
【閲覧中】追い詰められた日ハム意地を見せるか?
2012年11月03日  [Web全体に公開]
・初戦は巨人が快勝!
2012年10月28日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。