この大事な時期に横浜に3連勝したのは大きな意味がある。中盤まではどちらに転んでもおかしくない展開だったが、結局粘った末に終盤勝ち越しているところに目の前にCSという目標があるチームと、そうでないチームの差が出た結果といっていいだろう。それというのも先発が試合をブチ壊すなく中盤まで持ち応えることができたためとも言える。

しかしながら決して今のヤクルト打線はつながりがいいとはいえない。1,2番がチャンスをつくっても主力が十分機能していないところに得点力の弱さがある。しかもあれだけけが人が出ている中で今度は不死身と思われていたミレッジが負傷退場している。

広島が苦手中日に1勝2敗2連続完封負けをしている間に、わがヤクルトは横浜に3連勝し、その差を3ゲームと離したのは価値がある。広島はヤクルト戦になると打線が活発になるので油断できないし投手陣もヤクルト戦に強いのでもう一度気合を入れ直して試合に臨みたい。

[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・熱投146球13三振、館山完投勝利!
2012年09月19日  [Web全体に公開]
・浩康の逆転打で4連勝!
2012年09月18日  [Web全体に公開]
【閲覧中】ヤクルト3連勝、広島に3ゲーム差!
2012年09月17日  [Web全体に公開]
・ヤクルト見事なうっちゃり勝利!
2012年09月15日  [Web全体に公開]
・村中粘投6-2で横浜に勝利!
2012年09月15日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。