もうずっとこんなゲームばかりでブログを更新するのが辛い。先発増渕が初回から4回まで楽天打線を四球一つのノーヒットに抑え、今季一番のピッチングを見せたが。楽天先発の美馬もよかったとはいえ、初回に早々得点圏にランナーを進めているのに3、4番が倒れチャンスをつぶす。

今のヤクルトの負けパターンは、先発が序盤までは抑えるのだが、味方打線がなかなか先制点を取ってくれない。そのうちこらえ切れなくなって先発が相手打線につかまり先制点を許す。そうなると今日もダメか、と意気消沈し、打線の覇気がなくなり、一方的な負けゲームになってしまう。まさに今日のゲームがその典型的なパターンだ。

このゲームの1-7という点差だけを見れば、両チームのヒット数もかなり差がある、と思うのがふつうだが、わずか1本差だけだ。しかも楽天の残塁はわずか2(ヤクルト4に対し)である。しかもチャンスらしいチャンスといったら5回と6回のチャンスだけである。

そこに今のチーム状態の差がはっきり出ている。ヤクルトのバッターはチャンスになるとまるで金縛りのようになってしまうのとは対照的に、楽天のバッターは、チャンスが到来すると待ってましたとばかりに益々勢いづいて力むどころか執念で球に食らいついてくる。それが5回無死増渕から奪った初ヒットを足がかりに一気に3点を上げたソツのなさによく表れている。

また6回久古に代わって登板した小野寺から中村真人が3ランを放った球などは外角ボール球である。しかし小野寺がフォークを多投していたので目がなれていたのだろうが、ガルシアへのフォークといい、低めに投げなくては威力が半減するのにベルト付近の高さに投げたのが運の尽きだった。

 
これ以上得点を与えたら終わりという勝負どころでの小野寺では荷が重過ぎた。西武のストッパー時代は150キロのストレートを投げたといわれるが、今夜のストレートは130キロ後半である。ガルシアが右打者だから久古に代えたのだろうが、左右にとらわれず、調子がいいピッチャーを使うのが筋だろう。

この連敗の悪い流れを断ち切るためには、まずとにかく先制点を早い回に取って先発を楽にさせてやることだ。完封や1点しか得点できないゲームが続いている中で今日のようにこのところミレッジの孤軍奮闘が目につく。しかし一人ではどうにもならない。

日ハムの栗山監督は何試合もホームランがなく、打率一割台の中田を4番に使い続けた。そして結果を出すまで変えないと言い切った。その中田が昨夜の巨人戦で監督の期待に応える勝ち越し2ランを放ち、日ハムを勝利に導いた。

今の日ハムように4番が打たなくても他の選手がカバーしているし、投手陣がとにかく安定しているので勝てるチームならそれができる。ところがヤクルトは全てそれがないので待てない。打てないバレンを外すしかない。とにかく悪い流れを断ち切るために恥も外聞も捨てて泥臭く基本に立ち戻って一丸になってぶつかって行こう!

[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・ツバメよ上昇気流に乗れ!
2012年06月02日  [Web全体に公開]
・期待が持てる川端
2012年05月31日  [Web全体に公開]
【閲覧中】楽天に1-7のワンサイド負けで9連敗!
2012年05月28日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※管理者による確認後にコメントが掲載されます。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※この記事へのコメントは管理者による確認の後、Web全体に公開されます。