館山は前回の横浜戦、そして今日の巨人戦いずれも好投しながら、不運な形で連続して勝ち星を逃した。9回表1死1、3塁で青木がこのゲーム3本目となるヒットで4−2と喉から手が出るほど欲しかった追加点を上げ2点差としたときは勝利を確信した。

 ところがその裏代わったストッパー・イムが先頭打者ラミレスにヒットを打たれた後、小笠原の内野ゴロを捌こうとして転倒、内野安打で無死1、2塁にした。ここで前の打席で館山からホームランを放っている阿部を迎えた。1死取っていれば無理に勝負することはなかったが、無死では歩かせるわけにはいかない。結局、阿部と勝負してタイムリーを打たれ、1点差とされた。1死1、3塁で脇谷がしっかりセンターフライを打ち上げ、それが犠牲フライとなり3塁ランナーが生還、ついに同点にされた。と同時に好投館山の勝利は空しく消えた。

 結果論を言うようだが、7回阿部にボールを先行させ、カウントを取りに行ったストレートを本塁打されたが、それまで阿部を完璧に抑えていただけにカウントを悪くしたことが悔やまれる。しかしせいぜいタイミングが合っていたのは亀井くらいだったことを考えたら館山を続投させた方がたとえ打たれたとしても自らの責任ならどんな形にせよ納得できただろう。不運が重なり、すんでのところで白星を逃したのは館山がよかっただけに気の毒でならない。

 打線では大砲が音なし状態ながら、1,2番コンビが復調し、バレン以外の下位打線もつながりがよくなっている。初のクリンナップを任された川端の粘り強いバッティングが戻ってきたのが明るい材料だ。勝てたゲームを分けたのは残念だが、巨人3連戦に1つも負けなかったのは大きい。

 このゲームで特に目についたことは館山のピッチャーとしてだけでなく打者としても素晴らしいものを持っていることだ。5回の逆転も彼のしっかりした選球眼による四球からだった。そしてバントの出来ないピッチャーがヤクルトには少なくない中で非常にバントがうまいところはピッチャーとしての能力だけでなく打者としての器用さを感じた。

 昨夜のスポルトで館山の多彩な投球術について取り上げていたが、12種類の球種をケースバイケースで投げ分けている、と聞いて改めて「多彩な変化球を操る魔術師」という言葉がぴったりな投手であることにきずいた。特に右に落ちるフォークと左に落ちるフォークを投げ分けることができると聞いて、しかもストライクゾーンにコントロールできる能力、他のチームにはいないまさにヤクルトの宝である。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・勝利を呼ぶラッキーボーイ久古!
2011年07月01日  [Web全体に公開]
【閲覧中】館山2ゲーム連続勝ち星逃す
2011年06月30日  [Web全体に公開]
・惜しいゲームを引き分ける!
2011年06月29日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※管理者による確認後にコメントが掲載されます。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※この記事へのコメントは管理者による確認の後、Web全体に公開されます。