交流戦の間も西武にサヨナラ勝ちして、これで打線が波に乗ってくれるだろうと思った翌日、大敗したり、対横浜戦も初戦に延長サヨナラ勝ちしたのでこのまま勢いに乗ってくれるかと思ったが、昨日も連勝はしたものの繋がり今ひとつ、タイムリーがなかなか出ず、効率の悪いゲームだった。

 今日のゲームも序盤のチャンスで先制点を取れば主導権を握れたはずだったが、チャンスをつぶすうちに相手に先制され、昨日の逆のようなゲーム展開に持ち込まれ、防御率5点台の須田に5回までわずか散発2安打とお寒い打線。彼には悪いがバンクや日ハム打線なら3回と持たなかっただろうピッチャーに6回まで0に封じられるようでは味方ピッチャーが0点に抑えないと勝てない。

 バレンも当たりがとまったままなのが厳しい。ホワイトセルのように1本ヒットが出れば、復調してくれると思うが、そのきっかけがつかめないままでいる。皮肉なもので前のゲームでサヨナラでホーマーを放ち、調子を取り戻し、期待していたホワイトセルがいきなり捻挫で欠場とはタイミングが悪すぎる。

 川端も復帰したが、怪我で欠場していた分、ボール勘がつかめていない。怪我をする前のような粘り強いバッティングが見られず、今の255厘という打率がその調子を示すように、3割打っていた打率も急降下している。交流戦前のように打線が復調しない限り苦しい戦いが続くことになる。それにしても2位の中日がいつも付き合いよく負けてくれるのでツイテいる。次は巨人戦なので、打線の一日も早い復調を期待したい。

 
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・前回の巨人3連戦を思い出せ!
2011年06月27日  [Web全体に公開]
【閲覧中】なかなか波に乗れない打線、横浜投手陣に沈黙!
2011年06月26日  [Web全体に公開]
・先発石川の好投と打線の援護で連勝!
2011年06月25日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※管理者による確認後にコメントが掲載されます。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※この記事へのコメントは管理者による確認の後、Web全体に公開されます。