横浜球場が早々雨天中止が決定。神宮もおそらく中止だろうと思っていたら、夕方には雨が止んだため決行。夜、8時過ぎに大雨を降らせる雲が接近という気象庁の予報が出ているようなので、先取点がどうしても欲しかった。それに応えるかのように2回裏田中がヒットのデントナを置いてレフトスタンドに2ランを放ち、2−0とした。

 館山はコンデションはよくなかったそうだが、ランナーを出すものの、要所をしっかり締め、7回8安打を打たれながらオリックス打線を0点に抑えた。6回、満塁で宮本がタイムリーを放ち、2点を追加した。この2点がダメ押しとなった。館山は、この雨中の最悪のコンディションの中でよく投げ、昨年からの連続勝ち星を12に伸ばし、球団新記録をつくった。ニッポン放送の実況中継をしたアナウンサーが雨の中、観戦に来てくれた7千人ものお客さんに感謝したいといっていたが、ラジオを通じてヤクルトの選手への大きな声援が聞こえて来た。悪条件の中、選手、そして球場に駆けつけたファンに本当にご苦労さまといいたい。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・川島の好投と青木の4打点で快勝!
2009年06月01日  [Web全体に公開]
・ゴンザレスの大化けは本物!
2009年05月29日  [Web全体に公開]
【閲覧中】館山雨中の粘投 無傷の6勝目!
2009年05月28日  [Web全体に公開]
・由規3勝目ならず!
2009年05月28日  [Web全体に公開]
・毎回ランナーを出しながら・・・
2009年05月23日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※管理者による確認後にコメントが掲載されます。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※この記事へのコメントは管理者による確認の後、Web全体に公開されます。