後半戦最初のカードで3連敗はどうしても避けたいところ、相手の先発は相性のいいベンツで幸いだった。ベンツは阪神、DeNAには強いがヤクルトには防御率が4点台と高い。広島のジョンソンについても今年のヤクルト打線は強い。

ヤクルトの先発は山田大樹、三回まで巨人打線にヒット1本、無得点に抑えた。ストレートの速さはそれほどではないが、コントロールがいいので大量失点の心配はなさそうだ。4回坂本にソロホーマーを浴び同点に追いつかれると、この回だけで3安打浴びる。

しかし5回裏青木の3ラン、バレのソロで一気に4点差をつける。やっと勝てた、と思ったら6回表に再度坂本に2ランを浴びたあと、代わった梅野に、代打で出てきた亀井が犠飛で5-4と1点差まで猛追してきた。さすがに無駄のない、抜け目のない攻撃である。それにしても坂本一人にやられている。巨人の全打点4点のうち3点が坂本によるものだ。その坂本に5連続三振を喰らわせたソフトバンクの千賀をはじめ投手陣は見事だった。

坂本のフォームはホームランバッターにありがちな大きく足を上げて反動でたたくスタイルでなく、最短距離でバットを振りおろしコンパクトながら、インパクトの瞬間に強くたたいているので非常に飛距離が出るし、スィングに波がない分ボールの真芯にとらえる確率が高い。山田大はおそらくあれだけ打球が伸びるとは思わなあかっただろう。高梨が投球数が多かったのに対し、山田大はファールで粘られることがまりなく打ち取っていたのもコントロールの良さとバットの芯を外す球のキレに要因があるのだと思う。

2点差で2番手梅野に交代、コントロールに難がある梅野に2点差は荷が重い。3塁にランナーを置いて亀井に犠飛を打たれ1点差とされたが、2四球を与えながらも梅野はどうにか投げ抜いた。

そこからが勝ちパターンの近藤、ハフ、マクガフが各1イニングづつ0で抑え、僅少差を守り切り後半初カード巨人戦にどうにか一つ勝利をおさめた。1アウト1,3塁のピンチのも動ぜず犠牲フライをも許さなかったマクガフの強心臓には脱帽、ピンチにも動じないピッチングに大きな拍手を送りたい。薄氷を踏む思いでどうにか1点差で逃げ切った。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
今日も中盤5回を終えた時点で2-2の同点。どっちにころんでもおかしくない息詰まるような緊迫したゲーム展開の中で7回裏ヤクルトが2死ランナーを2塁に置いて雄平のタイムリーで貴重な1点を勝ち越した。

そして何と言っても8回裏の1死満塁で中村のヒット、廣岡の犠飛、荒木の2点2塁打による4点の追加点が勝負を決めた。2年目の斎藤俊介を打ちあぐんでいたが、いいところで集中打が出た。昨夜は6回ロペスの満塁弾に泣いたが、今日は8回に4人の連打でしっかりリベンジを果たすことができた。同じ5点差だが、繋ぎの野球ができたことは大きい。

先発高橋は6回を被安打5、2失点、リードを許さずマウンドを後続にバトンタッチできたのが意味がある。7回から9回まで近藤、ハフ、マクガフが失点0に抑えて前半誌終戦を白星、このカードの勝ち越すことができた。交流戦後6勝4敗で終えた。

手ごわいDeNA相手に勝ち越すことができたのはチームに力がついてきたことの証明でもある。昨夜の先発上茶谷にも4回98球投げさせ、今夜の濱口にも5回で97球投げさせていることはいかに粘りのバッティングができていたことを示している。

西浦が復帰して中山ー西浦の法大コンビができ、打線に元気を与えてくれている。力任せのイメージが強かった中山は選球眼もいいものがあるし、楽しみだ。村上はホームランバッターにありがちな三振のもろさが少しづつではあるが解消されつつある。弱点を徐々に克服して単打も徐々にではあるが出るようになったのは明るい材料だ。オールスター後は巨人の独走を止めないとセリーグの火が消えてしまうので5球団は打倒巨人を合言葉に頑張ってもらいたい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
これまで0勝2敗と打線が封じられていたDeNAルーキー上茶谷に3回、4回裏2点づつ奪い4-2と勝ち越した。このままどうにか抑えてもらいたかったが、相手の重量打線に先発小川が攻め込まれ4-4の同点にされた。

そして6回表から梅野を投入した。梅野は1球で1アウトを簡単に取りながら伊藤にストレートの四球を与え、2死を取った後、代打乙坂に粘られ四球。次の打者神里に粘られた末2塁打で1点勝ち越しを許す。

石山の故障時にストッパーとして活躍した当時抜群の安定感を誇った梅野だが、1死後コントロールの乱れから意味のないストレートで四球を伊藤に与えるなど悪きクセが自ら苦境に追い込んだ。

満塁で投入されたのが木下、厳しい状況でのリリーフだったが、ロペスへに投げた外角2球目のストレートをスタンドまで持って行かれ、この1球で勝負が決した。結果論ではあるが、1ボールから投げた初球のストライク、打たないだろうとみてカウントを取りにいった球だろうが、まさに手の長い外国人委は最も得意とするコースに投げた失投と言ってもいいだろう。

これまでの1点を争う好ゲームがこの1球でほぼ勝負は決まった感じを受けた。皮肉なもので初めて苦手投手上茶谷を4回9安打4得点を奪い初めてマウンドから降ろしたのも束の間、中継ぎが期待に応えられずに大きな失点でゲームがほぼ確定してしまうとは・・・。

思えば3回2死満塁で廣岡、2ボール・ノーストライクで上茶谷が投げた低めのカットボールに手を出しレフトフライに倒れた。塁は埋まっているのだからど真ん中ならともかく初球のストライクは見逃してもよかったのでは。同じ満塁という状況での追加点が取れなかったヤクルトとは逆にロペスが満塁弾を放ったDeNA、これが勝敗を分けたゲームだった。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
先発山田が2017年6月(ソフトバンク時代)以来、今季初勝利を上げた。おめでとう!今季敗戦処理の2番手として投げたのが初めてだが、失点もなく好投した記憶がある。その後も中継ぎで投げ、失点もなく無難に投げているのが評価されての先発だと思う。

その山田、初回にいきなり2点を失い、その後6回ホームランによる1点を失いながらも大きく崩れることがなく(1四球)6回途中交代まで被安打6、失点3は十分合格と言っていいだろう。筒香、ソト、ロペスなど一発がある選手がいるだけに3点でよくしのげたと思う。

先発が2,3点で抑え6回あたりまで投げてくれれば中継ぎ抑えが今のヤクルトはしっかりしているので今日のような厳しいゲームを勝利に結びつけることができるという証となった。

初回の2点のビハインドを序盤2回に返して逆に廣岡の2ランで2点をリードする展開に持ち込む勝負強さを発揮できたのが勝利につながった。山田、青木というヤクルトの中心打者にヒットがなかったが、4,5番の村上。中山の若いコンビがマルチヒットを記録、特に村上は5回裏追い込まれながらランナーを得点圏に置いてタイムリーヒット、この5点目がチームにとって貴重な追加点となった。投手陣では8、9回を投げた外人コンビーハフ、マクガフの安定性が光った。初戦を勝てたのが大きい。

広島は9連敗、2点以上の得点が奪えず低迷する打線、大型連敗中のヤクルトがはまった泥沼状態を思いだす。



[Web全体に公開]
| この記事のURL
初回、好調柳からいきなり山田の先頭打者ホームランがとび出した時は今日も行けそうだ、と思ったのも束の間、その裏悪夢が待っていた。

その裏、ヤクルト先発の高梨が中日打線につかまり打者一巡、堂上の3ランを含む長打3、単打4の7安打を浴びまさかの6失点、始まったばかりとは言え、好投手柳相手では、かなり厳しい戦いになることが予想された。

データを調べたところ高梨の対戦チームとして中日戦がワーストで防御率10.57、しかも被本塁打が10本のうち8本を中日戦に被弾している。そのうち4本が今日打たれた堂上からだという。初戦雨で流れた山田ではダメだったのか?それにしてもこれだけ相性の悪い中日戦にぶつけた首脳陣の責任も問われよう。データ重視の野村野球ではまず考えられまい。ちなみに阪神戦の防御率1.50、巨人1.64と格段の差がある。

結局、3回まで高梨が失った自責点7が中日の全得点、それ以降投げた投手陣は失点0だったということを思うと、明らかに先発投手の選択ミスとと言えよう。

初回先制点の1点を上げながらその隅1に終わった。8回8安打を柳に浴びせながら、連打が続かない。max144キロのストレートはむしろ高梨の方が速かったが、手元での伸びが違っていた。ドスンという感じの重いのが柳のストレートの特徴だ。山田、そして廣岡にマルチヒットがあったが、得点圏でのタイムリーを封じられたことが大差負けの要因である。

中日というチームはデータを非常に重視し、研究しているように思われる。初対戦の新人にも非常に対応力が高い。例えばヤクルトが防御率1.66と苦手としている上茶谷に対し中日は防御率11.25と打ちまくっている。

明日からオールスター前最後のDeNA戦、打線が好調なので厳しい戦いが強いられそいうだが、ホームでファンを裏切らない戦いを期待したい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1266件中 41~45件目を表示


<< 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >>