3回まで広島打線をパーフェクトに抑えていた小川が5回に4安打を集中され6失点、これが全て。この6点が大きく最後まで響き敗戦に繋がった。皮肉にもこの1イニング以降6回から9回まではヤクルト打線が9安打2ホーマーと完全に押し気味、カープはわずかヒット2本だけ、風張、寺島、梅野が0に抑えただけに5回の6失点が悔やまれる。9回二死1,3塁でバッターは前回ホームランを打っている中山対フランスワーズ。一打同点という場面、最後はライトフライに終わったが、風があったらスタンドインしていた飛球、惜しかった。

13安打を放ちながら4得点のヤクルトに対し、9安打で7得点の広島、効率の悪さが点差に結びついているが、西川の2本のヒットはショート西浦、セカンド山田が捕球した時点で送球できないコースに打球がとぶというゴロだった不運もある。

それにしても5回、小川の後を受けて無死満塁で登板した久保が2人をファーストゴロに討取り2死満塁としたまでは完璧。その後3,4番に長打を警戒しての押し出し四球は致し方なかったが、ピッチャーの中村祐のヒット1失点と5番西川のショート内野安打2失点が悔やまれる。

5回ランナーを出してからの小川はカープ打線に連打を喰らった。解説者の梨田氏も言っていたが、ランナーがいないときの二段モーションができないためバッターにとってタイミングが取りやすくなったのではないかと。また十分タメができないので球威に差が出るのだろう。残念ながら小川の二けた勝利はお預けとなった。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
初回の無死満塁で村上が三振、青木3塁ゴロ、中山三振で無得点だったことが後々響いた。また随所にカープとの差を感じるゲームだった。とにかく村上が森下に苦手意識があるのかこれまでノーヒットに抑えられているのがチャンスにブレーキとなり得点を奪えない大きな要因になっている。

6回にも1死満塁のチャンスがあったが、宮本、西浦が連続三振を喰らい無得点に終わる。2三振の中山に代わり代打に出た宮本はフルカウントまで粘ったが、森下の精度いいストライクからボールになるカットボールに空振り三振。

前述したカープとの差というのは5回ヤクルトの攻撃で無死悠平がヒットで出塁するも次の打者スワレスがバント併殺打に終わりチャンスを潰す。いっぽう6回カープは1死ランナー1,2塁で森下のバントにスワレスが3塁に投げフィルダーチョイスで満塁として1番宇草は浅い守りの内野手の頭を超えるたたきつけるバッティングで打球がセンターに抜け2点を追加、3-0とした。こうした工夫がカープに追加点をもたらした。森下を打てないなら打てないなりに何か策が考えられなかったか。ルーキーに3連敗とは・・・。

前回森下から2塁打を含む2安打を打った濱田(昨日も代打で出て見事なホームランを打っている)をスターティングメンバーか、代打でなぜ使わなかったのか、中山を先発に使い連続三振という結果に終わった。だったら後半の2打席は濱田を出すべきではなかったか、これまで森下に結果を出している選手を優先するのが勝つ可能性を少しでも高める条件ではないのだろうか。采配に疑問が残ったゲームだった。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
4回表途中から見たら4-1とヤクルトが3点リード、歳内がうるさいカープ打線をしっかり1失点に抑えていた。しかし3回までにカープ打線に6安打されて要所を締めてこの点差なので前回のDeNA戦7回被安打5、無失点のときと比べ出来が今一つとい感じだった。

DeNA戦では多投していたフォークのキレが素晴らしくコントロールもよかった。ところが昨夜の歳内はストレート主体だった。4回裏堂林に9球の中6球がストレート。結局、9球目を左前打されたが直球に強い堂林にホームランを喰らわずによかった。

ところが勝ち投手の権利がかかった5回裏1死田中を四球で歩かせたあと、誠也に初球真ん中低めのストレートを見事にスタンドまで持っていかれ1点差とされ、あと2人と言うところで無念の降板、2勝目の権利を失った。一時は3割を切ったがやはり侍ジャパンの4番、迂闊な初球だった。

前回の神宮での広島戦床田から5点を奪いながら詰めの甘さから攻めきれず5-7で負けている。ヤクルト打線は序盤にまとまった先取点を取っても後半投手力の弱さから逆転され、打線もつながりを欠き再逆転できぬまま負けるケースが圧倒的に多い。

前回ホームの神宮で3タテを喰らっているだけにこのカードはリベンジの3タテをしてもらいたい初戦、1点差とされて登板したのが梅野、好不調の波が激しいので投げてみないと分からい梅野が堂林にポテンヒットを打たれ、ランナー坂倉が一塁から一挙ホームインし同点、こうなると完全にカープのペース。

6回表この流れをヤクルト側に戻したのが広島2番手投手中田の低めストレートを見事にレフトスタンドに打ち込んだ代打濱田の勝ち越しソロだった。3番手菊池に代わって1死1,3塁で村上は初球の外角スライダーをひっかけ併殺と思いきや田中の送球ミスに助けられ1点追加。初回こそ2点2塁打を放った村上だが、4回表満塁の際も凡打、この回も厳しい初球スライダーに手を出し、相手のミスに助けられたが村上の調子が今一つなのが不満だ。じっくり粘って好球を仕留める余裕がなくなっている感じを受ける。

そのあとの青木の2ランが大きかった。あの膝の高さの低めをスタンドまで持って行くバットの真芯でとらえる青木の技術、ホームランはパワーだけではないことを示した流石はNPBの最高打率を誇る彼の素晴らしさである。青木を村上の後に持ってきたのがよかった。5番が大きなカギを握っているだけに。結果的にこの回の一挙6得点が試合を決定づけた。久々に見た打線のつながりである。その起爆剤になったのが濱田である。何度見てもあのスィングは見事だ。

今日は前回同様森下とスワレスの対決だ。今回は何が何でも神宮のリベンジを果たしてもらいスワレスに勝利を!いくら森下がいいとはいえ一年目のルーキー。DeNAに連続KOされ勝利なしの新人に3連敗は許されない。DeNA打線の森下攻略をしっかり参考にしてほしい。大振りよりミート主体のバッティングを心かけてもらいたい。前回、森下が打たれたヒット6本の中、エスコバーと濱田が2本づつ打っている。特に濱田は2塁打も打ってるので森下には相性がいいのかもしれないので期待したい。森下のタテの変化、高めのストレートを投げてフォークやツーシームの落ちる球で討ち取るパターンに気を付けたい。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
現時点で対中日戦のヤクルトの成績が5勝12敗2分け。この数字が示すように中日戦で6回までリードを許していたゲームはほとんど負けている。今日のゲームがいい例だ。先発が6回までリードし、中継ぎの福、祖父江、そして最後はストッパーマルチネスに今日のようになすすべもなく抑えられてしまう。

ちなみに対巨人の対戦成績を見ると4勝11敗1分け。まあ同じようなものだが、ただ巨人のようにぶっちぎりで首位を走り、2位の阪神に13ゲーム差をつけているチームなら分かる。今中日はDeNAに0.5で3位である。対中日戦のヤクルトの借金7が中日のAクラスの座をサポートしているようなものだ。

谷繁氏が監督していた頃のヤクルトは彼がこぼすくらいヤクルトは中日に強かった記憶がある。今の中日は打線につながりがあり、1点を取る手堅い野球をしているし、先ほども触れたように先発が6回までリードを守れば鉄壁な中継ぎ抑えで勝ってきている。今のヤクルト打線では中日の先発を打ち崩すことができずに相手の先取点を与えてリードされて中盤を迎え、相手の勝ちパターンに持って行かれて負けるゲームがほとんど。

今日の大野の対して昨日欠場した青木、山田だけで被安打5の内3本ヒットを打っている。山田は祖父江から唯一の得点をホームランで上げている。祖父江は19試合失点0でだったというから山田の一発は価値がある。つまり全安打6の内青木と山田で4本、あとはエスコバーと村上が1本づつ。もし今日のゲーム青木と山田が欠場していたら(代わりに出場したバッターが打ったかもしれないが)2試合連続の完封負け、しかも安打数も酷かったと思う。

ただ2位の阪神には9勝9敗、4位のDeNAに対しても10勝10敗の5分で戦っているのに中日戦にわずか5勝しかできていないことに情けないというより無性に腹立たしいとしか言いようがない。投打共に中日より著しく劣るのは確かだが、だったら2位にいる阪神には5分で戦えているのはなぜだということになるが相性だけの問題ではないはず。ただ中日はキューバやドミニカ共和国など南米系の優秀な選手を獲得するのに長けているし、エキスパートがいるのではないかと思う。それが戦力補強面で成功しているのは確かだ。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
投打共に戦力的に落ちているところに輪をかけてエースの小川が体調不良、打線の主力青木、山田を欠くというアクシデントに見舞われたヤクルト、これでは勝ち目なし。まさに泣きっ面に蜂、弱り目に祟り目という状態だ。

中日先発勝野の今季2勝はヤクルト戦から上げたもの。前述したように主力の青木と山田を欠いて若手中心の打線とあって序盤、追い込まれると、あとはボールになるフォークに手を出し、4回までに7三振を喰らっている。青木のような老獪なバッターがいないので勝野にしたら物足りなかっただろう。4回の表など主力の3,4、5番中山、村上、西田がわずか7球で終わっている。三振を喰らう前に初球から積極的に打ちに行ってのことだろうが、ストライクとボールの見分けができずにただ早打ちでは相手の思うツボである。

先発は小川の予定だったので今日は投手戦になると思っていたら、体調不良で急遽久保が先発、初回は0に抑えたものの2回に中日打線につかまり、打者一巡長短5安打打たれ4失点。おまけに勝野にお手上げ状態の打線からしてワンサイドゲームを予想したが、その後の投手陣が踏ん張り、2回の4失点のみでどうにか食い止めた。特に2番手の今野は2回被安打0、4奪三振、長谷川の1回3者連続3振と好投した。長谷川の場合、コントロールさえよければそうは打たれないのだが・・・。

今のヤクルトは1勝するのが難しい状態、そうなると小川とスワレスが投げるまで連敗することになる。明日先発予定の石川も中盤まで3点内に抑える力があるが、相手が大野なので今のようにつながりがない打線で大野から3点は厳しい。勝野は今日の勝利で3勝ということになるが全てヤクルトから。まさにいいカモである。

話は変わるが巨人菅野が今日のDeNA戦に勝ち開幕13連勝を達成。これはプロ野球記録らしいが、もちろん目下防御率セリーグ1位であり、素晴らしい成績だが、打線に助けられている点も大きな要因だと思う。この試合でもロペスに2ランを浴び4-3まで一点差になったが、巨人打線がすぐ追加点を入れ再び3点差になった。結局、6-4で勝利して菅野の13連勝達成ということになった。これだけ打てる打線をバックにしたら2点まで入れられても勝てるという心理的余裕が菅野の連勝を助けていると思う。今日小川が中日を3点内に抑えても打線が勝野から今日のように0に抑えられたら連勝は続かない。菅野は味方打線の援護なくしては13連勝は無理である。そういう意味で菅野は強力な打線に恵まれていると言える。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1331件中 31~35件目を表示


<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >>