10勝を目前にしながら、このところ小川が早い回にKOされるケースが多くエースらしからぬピッチングが続いている。今日などは味方打線が初回1点先制しながら、その裏阪神打線につかまり被安打4、失点4ではまさにエース失格である。好調ドラゴンズを強気で引っ張っている大野雄大のように先発を任されたら最後まで投げ終えるまでマウンドを降りないぞ、という気迫と強い気持ちをもってもらいたい。

前回も触れたがランナーが出ると小川は2段モーションのようなタメができずに球威が落ちるのが打者の方から捉えられやすくなるというのだ。しかしのノーヒットノーランなどめったにできることではないのだからいいわけにはならない。ランナーを出す度に球威が落ちるようでは相手チームの主力には通じない。9勝を上げるまでは、中盤までは悪いときでも試合を壊すことはなかったはずだ。とにかく初回の4点がなければ、最終回1点差まで詰め寄っただけに悔いが残るゲームだった。

いっぽう打線では4番の村上が全打点をたたき出す、まさにミスタースワローズは村上だという活躍を見せてくれた。2塁打3、3ランで打点5は天晴だ。これで打点76としてトップの岡本に2差とした。

4回の攻めでヤクルトは先頭打者も宮本がヒット、山崎のヒットで無死1,2塁。続く西浦に強硬策で併殺、次の打者が凡退で0に終わる。一方その裏阪神は先頭打者梅野がヒット、続く小幡もヒットで無死1,2塁。続く秋山が強硬策の構えからバスター、1死2,3塁に進塁させた後、今野のワイルドピッチで1点、さらに糸井のヒットで2点を上げている。長谷川に代打が出すのは分かっていながら、西浦にバントをさせず併殺打でチャンスを潰したヤクルトと対照的な結果となった。こういう攻めの拙さを何度か見てきているだけに結果的に今日のような1点差ゲームでは最後に悔いを残すことになった。

6番で先発出場した宮本のバッティングは期待以上だった。1,2打席連続ヒット、3打席目もショート小幡の好守に阻まれたが真芯でとらえたショートライナー。4打席目の内野ゴロに終わったが当たりは強烈だった。打率が3割を超えて308厘、代打でこの数字は素晴らしい。ボール球に手を出さず選球眼がいいのでフルカウントまで粘れるのが魅力のバッターだ。寺島、宮本、中山、山田そして阪神の新人井上など今日は両軍履正社デーのような日だった。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
相手の先発投手を見てからヤクルトの先発を決めるわけにはいかないが、歳内は阪神のエース西の先発にぶつかったのが不運だったというしかない。

セの中で一番厄介な打線の巨人に今季3勝0敗の西が相手では1失点以内に阪神打線を抑えなくては勝ち目はない。とにかく味方打線が打てないのだから。シュート、チェンジアップ、スライダー、カーブそしてめったに投げないストレート。球種が多い上に変化球の精度がいい。力で抑えるのでなくヨコの変化で打者を討ち取るのに長けている。特にシュート。このゲームでも西は得意のシュートを多投していた。140キロ~145キロのシュートが胸元に来たら右打者は確かに打ちづらい。案の上、ヤクルト打線はゴロの山、そして1死満塁のチャンスに、覚醒したと思った西浦が併殺打。球数は投げさせたが連打が奪えず、終わってみれば8回被安打5、無得点に抑えられてしまった。

歳内は5回途中までヒットは8安打打たれながらも失点2に抑えたのはまずまず合格だと思う。なぜなら後を投げた梅野、寺島、久保など中継ぎがことごとく1イニングで1失点しているくらいだから。梅野が阪神梅野に打たれた球も、寺島が大山に打たれたのも高めの球、不注意なコントロールミスが少なくない。

歳内はストレート主体でよく2点で抑えたと思う。主力にはもっとフォークを投げてもよかったのでは。いずれにせよ最少失点1でも勝てなかったわけだから投手陣だけを責めても仕方ないが。山田、村上、青木の主力の中でわずかヒットは村上の2塁打1本のみ。150キロを超える速球もなく、防御率セ3位、二けた勝利でハーラー2位、西が変化球主体でこれだけの結果を残すのはコントロールの精度とタイミングを外す巧みさだろう。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
2本のホームランを打たれはしたが長打力のある打線を6回被安打3、失点2に抑え、粘りのピッチングで大喜がようやく2勝目を上げた。大喜の慎重なピッチングの性質からしたら、中村悠平のリードがあっているのではないかと思う。それにしてもソト、オースティン、佐野、宮崎、ロペスなどホームランバッターがずらりとそろった打線を6回3安打に抑えた大喜に天晴と言いたい。強気のリードの西田は小川との相性がいいのか、ノーヒットノーランのときの女房役だった。

今のヤクルトが勝つための典型的なパターンは今日のようなゲーム展開しかないというものだった。2回平良から3得点、5回やっと出た村上のソロで4-1と3点をリードしたが、大喜が6回に梶谷に一発を喰らい4-2でマウンドを降りた。

このリードを7回からマクガフ、8回から清水、そして最後は守護神石山で抑えるというパターンだ。3番手の清水が神里を歩かせたあと2盗を許し梶谷を追い込みながら3球目をど真ん中にフォークを投げ2塁打を浴び1点差まで追い上げられがどうにか逃げ切った。最後は守護神の石山、DeNAの4,5,6の一発があるバッター佐野、宮崎、ロペスを完璧に抑えての勝利、久々にしっかり3者凡退で抑えた石山の気合が出ていたゲームだった。

第一、第二打席併殺の終わった村上を見て、今季一番のスランプに陥っている感じを受け、3割を割り込むのではと心配したが第三打席で今売り出し中のDeNA伊勢から低めの難しいフォークを捉え、ソロホーマーを放った。この一発をきっかけに打撃が復活することを願いたい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
序盤3回まで坂本に無安打、4回やっと西田が初ヒット、5回に西浦の久々のソロで1点を返し、1-5、しかし6回2番手風張が炎上一挙4失点。1-9となり、今日もワンサイドゲームで敗戦濃厚となった。

ところが終盤8回西田、代打宮本のタイムリーと西浦のこのゲーム2本目となる3ランが飛び出し一挙5得点、6-9と3点差とした。最終回1死で田代が粘って四球で出塁したが、3,4番の主力が凡退でジ・エンド。

とにかくこのゲームは最後まで主力3,4,5番に四球がそれぞれ一度だけあったが、得点0、全く機能しない状態。いっぽうDeNAは9得点のうち7得点が3,4,5番で上げたもの。これでは勝ち目はない。松本友、宮本などの代打陣と西田、西浦など下位打線の活躍でワンサイドをどうにか免れたゲームだった。

あれよあれよと言う間に中日が2位に浮上。得点能力も高い上、大野雄大という絶対的エースと抑えのR・マルティネスの安定感とチームとしてまとまり、投打のバランスがずば抜けている。それがヤクルトとの勝敗数に表れている。悔しいながら今ヤクルトに欠けているものがそろっている感じがする。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
1-1で我慢のピッチングを続けて来た高梨だったが、6回にDeNA4番佐野に痛恨の2ランを浴び1-3と勝ち越しを許す。高梨は責められない。DeNAの大貫を攻めあぐねヒットが出ても散発で繋がらず初回の1点がやっと。山田、村上、青木のクリンナップで青木のヒット1本のみ、このお寒い打線では高梨も5回が限界。前の打席では佐野を併殺に打ち散ったがこの打席にしっかりリベンジされてしまった。

大貫からハマスタで特大ホーマーを放つなど大貫に強いはずの村上が全く音無し。前のカード広島戦でホームランを含む2安打を記録、ホームでの活躍を期待していたが、好調がこのところ続かない。ずっと佐野を追って2位だった打率も下がり始め5位に後退、昨年に比べ打球の勢いが弱い感じを受ける。他のバッターはなおさら大貫を苦手にしているわけだからいいわけがない。スプリットやツーシームに空振りが多い。

7回に代わった長谷川が宮埼に3ラン、続く大和にソロなど、いずれも高めを捉えられ5失点。1-3とされた時点で今のヤクルト打線では逆転は難しいと思っていたが1-8にされ敗戦が決定的だったのでネットを切った。

BSで巨人ー広島戦を見ると菅野がカープに4失点。1-4で9回、無死丸、ウィーラーがストッパーフランスアから連続ホーマーで4-3と1点差。同点にすれば菅野の13連勝は継続中となる。いつも言ってるが開幕から13連勝という記録も。この打線のバックアップ無くしてはあり得ない。この打線があったら高梨だって今日のゲーム敗戦投手にはならなかったかもしれない。だから私は高梨を責められないといったわけだけど・・・。ホーム神宮で今季大敗が多い。これでは球場に行ってまで応援しようという気になれない。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

1331件中 26~30件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>