残念ながら初回の1死満塁で無得点に終わったヤクルトと2回表1死満塁で木下がタイムリー2塁打で3得点を上げた、その序盤の攻防で勝負はついたようなゲームだった。

初回のピンチを脱した柳は7回途中100球でマウンドを降りるまでヤクルト打線に散発4安打、三振7を無失点でスイスイ、取るべき時に得点できなかったために主導権を中日に握られ、終始中日のペースで試合は展開した。

昨日久しぶりの打線のつながりもわずか一日で元の木阿弥、数少ないチャンスも打線がつながらず、中日の効果的なホームランによる追加点とは対照的に得点は8回の1点のみ。ほぼワンサイドゲームだった。今の両チームの順位を表すような戦いぶりだった。

ヤクルトファンが一番盛り上がったのは今年で引退が決まった五十嵐亮太がマウンドに上がったときだった。8回先頭打者シエラに投じた初球がサードゴロ、わずか1球だったがスタンドのファンを楽しませてくれたのがせめてもの救いだった。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
小川は初回3人を完璧に抑えての滑り出し、今日こそは2桁勝利をという熱い思いが伝わるナイスピッチングだった。打線も初回満塁から幸先良い先制をしながらわずか1点に終わった。

しかし2回ウラ久しぶりに打線がつながり一挙4点を追加、5-0とした。序盤で5点の援護をもらった小川、今日こそ安泰かと思われた。

ところが4回表6番の福田にランナーを一人置いて2ランを浴び、5-2とされたが、その後も7回表2番手マクガフがランナーを2人置いて再度福田に長打をを浴び、2点を追加されている。福田には5失点中4失点している。しかも打たれた球は全て外角球、2打席目で2ランを喰らっているのにマクガフが4打席目で同じ外角に投げ福田に2失点している。捕手の悠平のサインかもしれないが、内角攻めは一切なく、これだけ外角一辺倒なら誰だって打つだろう。前の打席で打たれた反省を全く生かしていない。

小川はランナーを出すとどうしてもタメがない分球威がなくなりヒットを打たれやすくなるのは変わってない。しかし要所を抑えたので10安打されながらも2失点で済んだ。マクガフもいいときと悪いときのギャップが大きい。今日は全然ダメだった。7点差もありながら。

もう一人の勝利の継投清水はいい球を投げていた。そして最後は抑えの石山、中日のクリンナップ3,4,5番をパーフェクトで討ち取った。前のカードの巨人戦1-1のドローに終わったゲームで吉川、松原、坂本をストレート主体で討ち取ったときと同様、今日の石山はストレートの球威はスピードガン以上の勢いを感じた。9月以来やっと中日から2勝目。打線もピッチャー以外全員安打、久しぶりでつながった。村上2安打2打点はもとより5番の塩見の2安打3打点は5番という重責の役割をしっかり果たした。

7点差で迎えた終盤7回、中日は前述したとおり福田のタイムリーなどで3点入れ、4点差と迫った。7回まで勝っていたゲームを30試合以上落としていないというのも終盤の投手陣の安定感によるところは大きいが結果的に負けはしたが、打線の点差があっても最後まで諦めない姿勢、ここに今シーズン中日の好調さの秘訣があるように思われた。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
打線のつながりの悪い今のヤクルトにとってビハインドの1点は5点差くらいに感じる。逆に1点リードしている場合でもいつ追いつかれるかわからない薄氷の感じを受ける。まさにそれが5,6回の両チームの攻防に表れている。同点にされたのも嶋の悪送球で京田を3塁まで進塁させ、阿部にタイムリーを打たれやらずもがなの失点を与えている。何度もこういうシーンを見ているが、打てないだけでなく基本的なミスによる失点が実に多くそれが敗戦に繋がっている。攻守ともに一流だった古田捕手時代が懐かしい。同点にされ粘って坂口が3-2と勝ち越せば、6回代わった梅野が1死ランナー1,3塁で打撃のいい木下に初球を2塁打され、あっという間に4-3と逆転を許した。結局、これが決勝点となってヤクルトの逆転負けとなった。

前のカード巨人3連戦での得点が1,2,0で合計わずか3。これでは投手陣が1点内に抑えないと勝てない。3試合目は先発が序盤で4失点。こうなると序盤で勝負あり。先発歳内が5回を2失点で抑えても勝てないところが弱体打線の泣きどころである。ファームの選手(武岡、長岡)を複数スターティングメンバーに使うのは数十年ぶりとか書いてあったが、結果を出してなんぼのプロでゲームに出たことに何の意味があるんだと言いたくなる。

今の時点で言えば投打のバランスが一番いいのが中日である。今月11日から17日まで7連勝、20日から昨日まで1敗しただけで再び4連勝中。とにかく投打ががっちり噛み合っているので強いわけである。しかもチャンスに強く、ヤクルトと対照的に効率よく得点している。4回のウラのヤクルトの攻撃、先頭バッターが出てもバントをさせずに強硬策で併殺、あっという間にチェンジ。そして次の5回表に簡単に同点にされている。中日のように打線のつながりのいいチームなら強硬策も分かる。打てないヤクルト打線は手堅いバントで少しでも得点の可能性を求めるのがベストではないかと思うのだが。

今季のこれまでの中日との対戦成績が5勝14敗2分けである。3分の1しか勝ててない。特に9月以降はわずかに1勝しただけ8敗している。情けないというしかない。何度も言うようだが、投打に差がありすぎる。ほぼ互角に戦っていた8月までは打線も今と違い活発に打ち、よく機能していた。序盤に大量リードし、先発が6回までリードを維持し、勝ちパターンの投手陣に持ってゆくしか勝てないのだから仕方ない。さて今日のゲーム問題は打線が序盤にまとまった得点を上げられるかがポイントであり、このところ期待を裏切っている小川が中日打線を中盤まで抑えられるかにかかっている。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
阪神、巨人戦と連続ドロー、そして今日も先発高橋優貴に5回までわずか3安打無得点、石川が坂本のソロによる1点に抑えながら打線の援護がなく黒星を重ねるのか、弱体打線に歯がゆい思いをしていた6回裏、先頭打者青木が2塁打、山田が倒れ、1死で4番村上。高橋に今季ヒットなし。この打席も追い込まれダメかと思ったらフルカウントから高橋のボールになる低めのスライダーをうまくバットに乗せ逆転2ランをレフトスタンドにぶち込んだ。まさに技ありの一発だった。

わずか1点の得点差を清水、マクガフそしてストッパー石山が無失点で巨人打線を抑え、石川に2勝目をプレゼントした。ここのところ投手陣の踏ん張りが緊迫したゲームにしている。昨日のゲームでもわずかに1得点しか挙げていない。しかも唯一の得点が山田の9回満塁で上げた同点四球。戸郷に6回わずか3安打、5四球をもらいながら無得点という内容。

今日のゲームも1点を争う最後まで目を離せないゲーム、前述した3人の勝ちパターンの継投でどうにか勝利をおさめたが、つながりが悪い打線にイライラが募る内容だった。9回無死2,3塁のピンチで石山の粘りのピッチングで逃げ切ったが、鍵を握る5番に西浦ではこころもとない。打ち気にはやり振り回すだけでミート中心のバッティングできていない。たちまち追い込まれて、あっけなく三振するケースが実に多い。以前の西田のように当たれば飛ぶが確実性がない。しかし今の西田の方がよっぽど確実性が出てきている。あの強振バレンティンでさえ2ストライクと追い込まれるとバットを短く持ってミートを心がけるなど工夫が感じられたが、西浦は追い込まれても長くバットを持ったまま三振が多い。昨日、9回にデラロサからストレートをヒットしたとはいえ、村上の後で一番得点が絡む5番に入れるのは荷が重すぎる。2点を取るのがやっとの打線でいかに効率よく得点できるかが勝敗に大きく影響する。前半低迷していた中日が後半盛り返し、貯金を6とした。安定した得点力と終盤の鉄壁な継投、そして西武の黄金時代の捕手で西武、ロッテの監督経験のある伊東ヘッドコーチ兼参謀の影響が大きいのではと思う。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
勝てる可能性が高いピッチャーが好投した試合くらい勝たなくては連敗が続くのは当然。スワレスが6回3安打自責点0(エラーがらみの失点1)に抑えたが、チャンスに打線が打てず延長10回引き分けに終わった。

前半5回までの両チームを比べればヤクルトの方が完全に押し気味に試合を進めていた。4回無死山田、村上、坂口の3連打でまず1点先制したまでは良かったが、そのあとランナー1,2塁で山崎が進塁打が打てず三振、一死後西浦が内野ゴロ併殺でチェンジ。結果的に、この回のチャンスに1点しか取れなかったことが勝利につながらなかった一番の要因とみる。

いっぽう阪神は5回梅野が三塁エラー(宮本)で無死2塁まで進塁。代打糸原のタイムリーであっさり同点に追いつく。ヤクルト拙攻と阪神の効率いい攻め、まさに対象的である。

6回にも1死ランナー1,2塁のチャンスに山崎が内野ゴロ併殺でチェンジ。チャンスの度に併殺では戦意は上がらない。今日の山崎は3三振、1併殺とスターティング要員として失格だ。2三振したら3打席目から交代させるとか厳しくすべきだ。夏前までのヤクルトが首位争いを巨人としていた頃の山崎、西浦がチャンスでよく打っていた。もちろん安定した先発3本柱が不在なのが大きく負け越している要因だが、夏以降の打線のつながりの悪さも大きな要因だ。やっと1勝しては連敗を続けていては5位との差は開くばかりだ。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1331件中 21~25件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>