高橋圭二の今季初勝利も継投ミスで消えてしまった。6回裏のビシエドの一発、怖いもの知らずの強気な星の悪い癖が出てしまった。その後終盤の8回裏わずか1点差で調子の悪いマクガフをセットアッパーに起用したのが致命的だった。先頭打者福田にいきなり2塁打された後、ビシエドはどうにか外野フライに討ち取ったが、1死1,2塁でマルティネスにセンター前タイムリーを打たれ、4-4の同点にされた後、京田を三振に討ち取り2死にしながら、井領を四球で満塁。この時点で圭二の勝ちは消滅。今日のマクガフはコントロールに難があるのをわかっていながら続投させ、次の遠藤を押し出し四球、これで逆転を許す。これだけマクガフを引っ張った理由が不明。

9回表は下位打線、中日はストッパー岡田、今日の下位打線を見たら同点は厳しい。ところが一死から代打青木が2塁打、これが導火線になって苦手の岡田から4点を奪い、まさかの大逆転。特に青木に代わって3番に入った小兵山崎の5打数3安打3打点の大活躍が光った。左腕にもチャンスにとことん強いのが頼りになる。岡田に三振を喰らうことが多かった村上が追い込まれながらタイムリー2塁打で2打点は大きな自信になったはず。首脳陣の継投ミスを9回のヤクルト打線が逆転してくれた。それにしてもマクガフはもちろんだが、石山もピリッとしない。今ヤクルトのストッパーは清水だと思う。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
プロ初先発のDeNA中川虎大とヤクルト右のエース小川の先発、いきなり初回小川がソトに被弾で先制点を与えたのに対し、中川は簡単に三者凡退、どうなることかと思いきや2本のホームランで序盤で逆転。それにしても7本のヒットのうち5本はホームランという今季西浦の驚異的な長打力には感謝、感謝である。とにかく小川が火の車状態、5回までDeNAに7本のヒットを許しすぐさま同点にされる。一割台で眠っていたロペスを目覚めさせたのは痛い。

調子が悪い小川を6回まで引っ張ったのは監督の親心からだろう。ラッキーなことに6回裏味方の2点追加で勝ち投手の権利を得た。相手のミスに乗じて8-5とした時点で勝てたと思った。さらに8回10点目を上げ、4点差としたときは勝利を確信した。

ところが最終回守護神の石山がソトにこの試合2本目のホームラン(2ラン)を打たれたときは勝利の確信が揺らいだ。1点差までいったら清水を出すべきだと思った。とにかくソトは低めが好きだし強い。フォークでも地面スレスレのボール球でもホームランにする力がある。特に外角に強い。初回のホームランなどはまさに打ちごろ。今夜ソトに4安打された球はほとんど低かった。明日のピッチャーはこのことを頭に入れておくべき。7回梅野が投げた同じコースのフォークがファールだったのは石山との球質の差だと思う。

4点差あれば余裕で逃げ切れる思ったが、ホームランバッターが並ぶDeNA打線は最後まで油断できない。6安打で15安打のDeNAに勝利、効率よい得点というより相手のミスに助けられた勝利ではあるがこのツキを明日の試合にも繋げたい。

攻撃を優先し西田を先発させたのだろうが二度の走塁を許し、一つは悪送球、古賀の打の調子が上がれば守備面では古賀の方が上ではないかと思う。6回裏同点の場面でエスコバーからあわやホームランかと思われた大飛球犠打を打った山崎の勝ち越し打は貴重な追加点だった。小柄だがバットコントロールの上手さは抜群だ。

明日は今季オープン戦から絶好調の高梨に初勝利を!


[Web全体に公開]
| この記事のURL
用事で帰宅が少し遅くなり4回裏からネットで試合経過を見る。DeNA先発が今永、ヤクルト石川の両左腕、オープニングゲーム同様この日も雨、グランドコンディションが悪い中での投球は気の毒だ。こういう状況ではちょっとしたミスが大きなケガの原因になりかねない。

予想に反し、コントロールがいいはずの2人がいずれも四球が多めだった。DeNAの左のエース今永から序盤で4点を奪えたのも、こうした天候不順によるものかもしれないが、左を苦にしない5番山崎の2安打3打点の活躍が大きかった。結局、終わってみればヤクルトの得点は序盤3回まで、5番山崎、6番西浦の2人による4点が全て。巨人戦で大暴れした1番坂口、2番山田が今永には全くダメだった。

DeNA打線は筒香が抜けてもほとんど影響ないくらい強力打線だ。その打線も4回までの5点が全て。5回から最終回までわずかヒット1本。失点は先発石川のみ、それだけ2番手以降の投手陣が踏ん張ったといえるが、点差がわずか1点差だっただけに打線に奮起してもらいたかった。西武森のような打てる捕手がなかなか育たない。代打荒木も結果が出ない。

中継ぎ投手陣の中でオープン戦から清水の好調さが目を引く。昨年ドラフト1位で入団し、期待されながら1勝もできなかったが、今年は中継ぎに回り、昨日もほぼ完璧に2回を抑えている。今、中継ぎNO1の安定感だ。楽天にいたころと違い今一つ打撃面で精彩を欠く捕手嶋、国学院大学の先輩として、清水の良さを一層磨いていってもらいたい。

巨人に0-12で負けたゲームの後で高津監督が漏らした、この悔しさを忘れないようにという言葉、(これまでのヤクルトの監督になかったことだけに)1点差でも負けは同じだが、この悔しさを個々の選手が強く心に留めて今日のゲームにぶつかってもらいたい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
昨日のゲームは1点先制されたが、6回巨人のエース菅野から一挙5点入れて逆転しながら、終わってみれば再度逆転を許し悔しい1点差負け。今日は逆に初回2点リードを上げながら、昨日同様6回に大きな動きがあり、疲れが出てきた小川に巨人の岡本、パーラのホームランで2-4と逆転を許した。

こうなると連敗の悪い流れになりがちだ。しかしその悪い流れをストップさせるきっかけになったのは村上の大きなソロホーマーだった。今季の村上は昨年のような何でも大振りしてアウトコースの球でも無理に引っ張りにかかり三振に終わるというケースが減った。今年の村上はアウトコース寄りの球はしっかり流している。大きな成長である。こうしたバッティングができれば打率も大きく落ちることはない。

好調坂口が自身の好調の一つの要因にバッターボックスの後ろの方に構えるようにしたら結果が出ているという言葉を参考にしてもらいたい。つまり変化球などは捕手のミットに収まる直前で大きく変化する場合があるのでバッターボックスの後方に構えていた方が球の見極めがしやすいということになるからだ。

一死満塁のチャンスに代打の青木が宮国から値千金の逆転2塁打を放ち、2点を追加し5-4と一気に逆転した。ヤクルト打線はさらに手を緩めることなく満塁として山田が勝利を確実なものとすべく満塁弾を叩き込み9-4と大きく引き離した。

この後の継投が大きな勝敗のカギを握るため課題の7回を誰が投げるか注目したところ、清水が3番手として登板した。清水は先頭打者尚輝にヒットを打たれたものの亀井を併殺に討ち取り7回を危なげなく0で抑え、さらに首脳陣は思い切って清水を続投させた。その信頼に応え清水はほぼ完璧に巨人打線を抑えてくれた。

そして最終回、若手左腕速球派長谷川が登板、この日のMAXが151キロをマーク、緩急をつけながら投げ込んだ。球が速くても簡単には討ち取れず、石川、岸田という若手にタイムリーを許し2点返され、なおも2人のランナーを置いて大城、最後は三振に討ち取りはしたが1イニング4本のヒットを許し、どうにか勝利は手にしたが、ランナー2人置いてホームランで同点、ハラハラした。とにかくこの勝ちは大きい。

岡本と村上という若き二人の好調4番バッターの打席が非常に興味を引いた。岡本4本、村上3本のマルチヒット、しかも二人共豪快なホームランを放っている。昨年から小川が岡本からよく打たれている。今の岡本にはアナが見当たらない。第三戦もこの二人から目を離せない。






[Web全体に公開]
| この記事のURL
1点をリードされた6回裏、山田2ラン、村上2塁打、山崎、嶋のタイムリーなどで巨人のエース菅野から一気に5点を奪い、5-1として石川の今季初勝利間違いなし、と思ってシャワーを浴びて戻ると、7回表から登板した梅野がボールが高めに上ずり大城にはフォークを三振振り逃げ、続く吉川、亀井に打たれて1点献上。

さらに8回から登板したマクガフがランナーを2人置いて中島に2塁打され、5-4と1点差に詰め寄られたところでストッパー石山に交代。どうにか石山は8回を1点差で抑えた。

回をまたいで9回も続投した石山は途中から出場の吉川尚にこの回先頭打者ヒットを許し、うるさい亀井を内野ゴロに抑えたが2塁への進塁を許し、1死2塁で石山が投げた3球目の見逃せばボールくさい低めに沈むように落ちたスライダーが膝を折り低い構えの重信が振り下ろしたバットの真芯に見事に当たり、放物線を描いてスタンドに打球は消えた。打ったというより振り下ろしたら当たった、と言った方がいいくらいで師匠の青木でさえ真似ができないバットコントロールだったと思う。解説の江本氏も決して悪いボールではないと言っていたように失投とかいう問題ではなかった。

やはりこれまで戦った中日、阪神と比較して巨人打線のレベルの違いを感じる。吉川尚、亀井のような選手が先発メンバーから外れ途中出場でこれだけ打てる。ヤクルトの勝利の方程式であるマクガフー石山も3点差をもろくも簡単に粉砕してしまう打線、開幕4連勝も頷ける。巨人打線は本格派投手より、石川のようなコントロール重視の技巧派投手の方を苦手に感じる。それだけにこのカードの初戦がをどうしても取っておきたかった。明日のリベンジを信じるしかない。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1266件中 16~20件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>