開幕から負けなしの4連勝を続けるカープを何が何で勢いを阻止せねば、昨年同様勢いづかせたら、厄介なことになる。5月の声を聴く前に風に乗って空高く鯉が泳いでしまう。

昨日のゲームを振り返ると、序盤3回裏バレンティンの2ランで3-2と逆転しながら悪夢の6回表ランナー2人を置いてタイムリーエラーで一気に4点を奮取されあっさり逆転されてしまった。しかも5回以降は四球でランナーはでるものの打線は全く音無し。

カープ打線の怖さはエラーや四球などちょっとした相手のスキを見て怒涛の攻撃で一瞬のうちに大量点を奪うことだ。まさに今日のゲームがそれだ。

4回にバレの3ランで一気に5-0とヤクルトがリード、しかも投げては先発ハフが5回までカープ打線はノーヒットに抑え、ワンサイドゲーム。楽勝ムードが6回、磯村のいきなりのソロホーマーからはじまり、エルドレッドの3ランであっという間に1点差、さらに松山のホームランで一瞬にして同点。連夜の魔の6回になってしまった。

普通ならショックのあまり意気消沈、ところが今日のヤクルトは違った。その裏代打山崎がいきなり3塁打、それを今日のヒーロー西浦のタイムリーですかさず6-5と勝ち越し。さらに8回に2点追加し、8-5として、最終回カラシティーが0に抑えようやくカープを連勝を4で止めた。これは単なる1勝ではない。今日負けていたらおそらくカープにいきなり3タテを喰らっていただろう。今日の勝利は苦手意識をシーズン始まったばかりでもってしまうのを払拭できた点でものすごく大きな意味がある。さあ、この勝利を明日につなげよう!



[Web全体に公開]
| この記事のURL

11件中 11~11件目を表示


<< 1 2 3