初回、ランナーを一人置いて塩見の2ランで先制し、4回には廣岡のソロで3-0と着実に加点していい展開に持ってきたが、勝ち投手の権利がかかった5回ウラ高橋が代打平田にソロ、マルチネスにタイムリー2塁打を浴び2-3と1点差に詰め寄られながらどうにか5回まで投げ切る。

6回から一軍に上がったばかりの原樹里がマウンドに上がった。前回も言ったが、高津監督は一軍に上がってきたばかりの選手を使うが好きだ。わずか1点差で一か八かのギャンブル決断と思われたが、その樹里がいきなり先頭打者を三球三振に討ち取ったときは流石モノが違う、とうなった。ところが次の打者新人根尾にストレートの四球。(根尾には8回にも2死から四球を与え、当たってない根尾をなぜそこまで警戒するのか???)これがなければ清水の2失点はなかったはず。さらに次の打者桂のピッチャーゴロを悪送球で一人相撲。しかしそのあとがスライダーがキレ、コントロールが抜群でうるさい三割バッター大島を難なく三振で討ち取るなど3イング目の2死まで被安打1に抑える。

8回も2死を取り、あと一人というところで前述したとおり根尾に2打席連続四球。ここまで来たら樹里に8回終わるまで投げさせるべきだった。代わった清水が当たってない桂、代打堂上に連続2塁打を打たれ2点のリードを守れず同点。いずれも高めのストレート、コントロールミスとしか言いようがない。ワンバウンドするようなフォークにどうにかファールしている堂上になぜ高めのストレートを2球続けて投げたのか理解に苦しむ。ビシエドや周三なら分かるが代打要員の選手に2死から連続2塁打はないだろう。しっかりしろ、といいたくなる。

ああ、今日もサヨナラ負けか、と思われたが、9回裏はマフガフが0で抑え、延長10回先頭打者村上の2塁打を足掛かりに手堅く西浦がバントで進塁させ、今日ソロを含む2安打の廣岡がセーフティーバントを決め、3塁から村上が勝ち越しホームイン。貴重な勝ち越し点を上げ5-4。その裏守護神石山が3人を完璧に抑えゲームセット。辛くも1点差で逃げ切った。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
先発西から初回4点、2回3点の7得点、しかもwスチールを成功させるなど村上が1イニング三盗塁、やることなすことが面白いように成功するし、久々に見る打線のつながりの良さ、金久保のプロ初勝利間違いなし、と思っていた。

ところが喜んだのは2回まで、2回途中からマウンドに上がった馬場、3回から谷川にノーヒットにヤクルト打線が抑えられるのと反比例するかのように流れは次第に阪神に変わり、3回に2点目を返すと4回に金久保からさらに2点を返し7-4と3点差とされたところで、2番手大下にピッチャー交代。その大下もコントロールが定まらず四球でランナーを出してはヒットを打たれ、交代時の3点リードもあっという間に同点にされてしまった。

こうなると勢いは完全に阪神に。昨日好投した星が5回先頭打者梅野にまさかの勝ち越しソロホーマーを浴び、最大6点差あったリードを全てはきだし、逆にリードを許す展開になった。野村元監督がいたら、「どこまで下手な野球をしとるんじゃ」と怒鳴られただろう。

このゲームは中盤5回で勝負は終わったも同然、5回以降は両チームともヒットは散発、結局ゲームは7-8のままで終わった。

今日はNHK-BSで金久保の投球模様を期待して見た。阪神の4番バッターで打点、ホームラン争いをしている大山を2三振に討ち取るなどストレートがMAX152キロ出ていたし、スライダーも素晴らしい球を投げていた。解説者の和田氏も球質の素晴らしさを褒めていた。しかしバッターを2ストライクと追い込みながら、中途半端な高めに投げた球を打たれるなど経験不足が随所に見られた。また追い込んだらストライクで勝負しようとせず、きわどいボールを振らせる駆け引きも必要である。それを指摘したりリードするのがベテラン嶋の役目だと思うのだがそれが十分なされていなかった。それに前回広島戦5回を0失点と好投したときのバッテリー古賀が今日ベンチにいないので、巨人戦2回失点0と好投したときのバッテリー中村がベンチにいるんだから、なぜ首脳陣は相性のいい中村とバッテリーを組ませず嶋にしたのか疑問が残る。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
今日も石川の好投が光った。6回をわずか被安打3、失点1で抑えながらも、いつものようにつながらない味方打線は得点にならない。それでも腐らず6回をわずか70球、打たれたのは木浪に2安打と近本のヒットだけ。その木浪を2塁に置いて近本のヒットで1点を入れられるも与えた得点はそれだけ。

やっとヤクルトが1点を返し同点に追いついたのが石川がマウンドを降りた7回表、四球の宮本を1塁に置いて3番塩見の2塁打で宮本がホームを踏んで同点。陽川のホームランで勝ち越された8回表西田のソロで同点。相変わらずつながらない打線には一発しかない。

阪神の打線もヤクルト同様湿りがち。逆に言えばそれだけヤクルト投手陣も好投したことになるのだが、先発石川が大山、サンズ、陽川など一発のあるバッターを変幻自在のピッチングで的を絞らせず討ち取ったのとは対照的に、力で抑えようつする清水や梅野は陽川、大山に一発を喰らった。特にサヨナラのリスクがある9回ウラ、この回から登板した梅野が外角ストレート高めをスタンドまで持って行かれそれが決勝打となりサヨナラ負け。

このゲームも青木、山田が欠場、前述したようにこの二人の主力を欠いた打線はつながりが悪い。その中で2番の宮本が2安打、2四球と出塁率10割。この選手は選球眼もいいし、ボールとストライクの見極めがよく、ボール球を無暗に空振りしないところが出塁率の良さに繋がっている。多少内野の守備に難があるが外野のライトを守れるのでむしろ外野で使った方がいいかもしれない。とにかくこういう選手はどんどん先発で使ってもらいたい。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
序盤3回まで阪神打線をノーヒットに抑えていた先発高梨に対し、2回までに阪神先発青柳から4安打放ちながら、いつものようにチャンスにタイムリーが出ないヤクルト、こういう試合に限って往々にしてヒットが少ない方のチームが先制するものだが、案の定阪神は4回ウラ1死満塁で陽川が併殺崩れの1点を先制した。対しヤクルトは3併殺を喰らっている。9回塩見が今日初ヒット、このゲーム一番当たっている青木の前にランナーを進塁させ勝ち越し点を狙うのがセオリーだろうに、代打坂口に強硬策、結局併殺に終わりチャンスを潰す。

この時点で1-1。あとは10回を残すだけ。そこで風呂に入り出てきたら既にゲームは終えていた。おそるおそる結果をネットで見たら4-1で勝っていた。ということはホームランでも出たのかと詳しく見たら、2死1,2塁で代打西浦が岩貞から勝ち越しの3ランホーマーを放ったことが分かった。先発で出るとなかなか結果が出せなかった西浦が代打で5試合ぶりとなる打点をマーク、しかも価値ある勝ち越し3ラン。こういう場面を前半ではよく見たし、4番の村上も打てばヒットというくらい打線が活発で強かった。5点打線が今では1点を取るのに四苦八苦している打線。阪神の倍近くヒットを打っていながら併殺崩れの1点で負けたらしゃれにもならない、と思ていただけに勝ててよかった。

それにしても青柳のストレートのMAXが147キロでツーシームが146キロとほぼ同じスピード。これは見分けがつかない。ストレートだと思って振ったら落ちていたということもあり得る。アンダースローでこの速球、青柳は手ごわい相手だ。チャンスはあったが連打が奪えず6回まで0に抑えられたのも4回表中村がバットをへし折られて併殺打を喰らったシーンのダイジェストを見ると致し方ないかなという球のキレである。

繋がらない打線が得点を上げるには四死球とエラー、そしてホームランしかないが、今日は幸い代打廣岡のソロ、そして西浦の3ランが勝利につながった。今の打線では1勝を上げるのが大変だが、一つでも多く勝ってもらいたい。5回を被安打4、1失点に抑えた高梨に勝ち星を付けてやりたかった。その後の継投陣もよく投げた。特に6回無死満塁のピンチを完璧に抑えた星の好リリーフは圧巻だった。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
このカードも2敗1分けで勝利なし。打線が弱い今のヤクルトは投手陣が完封しない限り勝てない状況だ。今日先発スワレスは5回被安打2、自責点0、奪3振8と文句なしの投球内容だったが、スワレス唯一の失点は村上のエラーによるもの。相手の畠がプロ初完封で勝利投手になったが、内容的には畠に決して負けていなかった。8回ウラこの回からマウンドにあがった梅野がランナー2塁に置いて中島に2塁打を浴び、1点追加され0-2とされ、これが結果的にダメ押し点となった。

高津監督は2軍から上がってきたばかりの選手をいきなり試合に出場させるのが好きなようだ。上田、藤井そして投手の大下を早速使っている。野手の上田、藤井は結果が出なかったが、大下は2回を1安打に抑えて無難なピッチングだった。私的には1,2試合ゲームを見てから出させた方がいいのではと思う。

巨人は5連敗しながらもマジックを1にしてホームに帰って、阪神が引き分けたため、ヤクルトニ引き分けで優勝を決め、さらに2連勝。対戦相手が最下位のヤクルトだったことが幸いした。終盤阪神、横浜に連敗しながらも前半の蓄えがあったために優勝できた巨人と、ロッテと熾烈な優勝争いの末、相手が躓く間に手綱を緩めず連勝を続けて2位ロッテを大きく引き離して優勝を勝ち取ったソフトバンクでは同じ優勝でも全く内容が違う。

先のことになるが、この後クライマックスシリーズがあるパリーグとないセリーグ、日本シリーズでの巨人の対戦相手はまだ決まってないが仮にソフトバンクが勝ち上がって巨人と日本シリーズを戦うとしたらチーム力を比較してソフトバンクの方がはるかに上だと思う。


[Web全体に公開]
| この記事のURL

1331件中 11~15件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>