昨年は苦手床田に3敗勝ちなし。今年こそは苦手意識を払拭したい。ヤクルトの選手はそんな気持ちでこの試合に臨んだことだろう。その甲斐あってか、初回1番坂口から4番村上まで4連打でまずは1点、さらに追加点というチャンスで5番の西浦はショートライナーでセカンド走者も飛び出しゲッツー、続くエスコバーがサードゴロでチェンジ無死満塁のチャンスにわずか1点に終わってしまった。

その裏、小川も広島の1,2番に連打され堂林の内野ゴロで1死2,3塁で4番誠也が難なく外野犠打で同点に追いつかれる。ヤクルトが2回表1点リードすると、3回裏広島もすぐに同点に追いつく。

このゲームの一つのポイントになったのが4回裏、2死ランナー2塁で菊池に左前打されついに勝ち越されたと思ったら、ランナー西川がホームで憤死、堅守が広島の勝ち越しを許さなかったのは大きかった。

いっぽうヤクルトは5回表1死満塁で5番西浦がタイムリーでまず1点勝ち越し、さらに7番エスコバーが2点タイムリーでこの回3点を追加、さらに6回表2死から村上が2点タイムリー、さらにエスコバーのタイムリーで1点計3点を追加して広島との差を6点とした。投げては小川がカープ打線4,5,6回を0に抑えきった。

6回の村上の2点タイムリーと相手投手スコットについて少し触れておきたい。スコットは村上に全球スライダーで勝負したのだが、一球目見逃しストライク、2球目は内角に落ちてワンバウンドするボール球を空振り、2ストライクと追い込まれた3球目地面スレスレに落ちてきたボール球をうまく芯でとらえた打球はセンターを超えて行った。まさに技ありの二塁打である。スコットには村上に強烈な印象が残っていたはずだ。7月1日、神宮でまさかのサヨナラ満塁弾を喰らったのも村上だったのだ。村上の好調さを示したものだが、その能力の高さにスコット自身驚いたと思うが、村上に対する苦手意識はさらに強まったと思う。

7回に登板したのがマクガフ、ヒットを1本打たれながらも1回を無失点に抑えた。8回からは寺島を持ってきた。防御率0を続けていただけに無難かと思ったが、今日の寺島はコントロールに難があり、ストレートの四球を出し2点を失うなど調子が今一つだった。あとを受けて投げた梅野がしっかり後続を討ち取った。

9回表、先発メンバーから外れていた山崎が代打で登場、ランナー2塁に置いて見事タイムリーを放ち、相変わらずの勝負強さを発揮して追加点を奪った。

さて最終回は誰が投げるんだろうと思っていたら意外にも星だった。このところ勝ってるゲームの中継ぎで登板し、点差を詰められる失敗もあったりして心配したが、点差が5点あったので大丈夫とは思いながらも相手は3割4分以上の打率を誇るカープのクリアップ、中日戦では19得点を叩き出した打線だけに下駄を履くまでは。そんな心配をよそに3,5番を三振に、4番誠也をスライダーで外野フライに討ち取りゲームセット。度胸の良さからストレートをど真ん中に投げ込み、痛い目に遭ったりしているので心配したが今日は完ぺきだった。

復帰したばかりの哲人が長打を含むいきなり3安打、村上、エスコバーの共に3打点コラボは素晴らしい。巨人岡本が今永に3三振無得点の間に打点差4とした。昨年までの村上はチャンスに大振りして三振や凡打が多かったが、今年は単打でもしっかりタイムリーに結びつける勝負強さがある。ホームランがほしいのはもちろんだが、1点でも確実に打点を挙げることこそチームに貢献し、勝利に結びつくということを分かっているのが4番としての自覚である。このゲームで負けるとずるずると落ちて行くところだったので勝利は大きな意味がある。明日も勝って何としても勝ち越したい。高梨ガンバレ!

[Web全体に公開]
| この記事のURL
このカード前回ホーム神宮で0-12とい屈辱的な大敗を喫しているだけにこのゲームでしっかりリベンジしたいと思っていた。そのため昨日の9-4の快勝は胸がすくゲームだった。しいて言えば9回裏の代打吉川尚の2ランは余分だった。

巨人の先発サンチェスは球が走っていた。その意味で初回青木の球団史上8000号という記念すべきホームランは非常に大きかった。結局、青木以外の3人は全て三振に終わった。

先発小川は前回の登板でも序盤に巨人打線につかまり敗戦投手にはならなかったものの防御率は悪い。その巨人打線がいきなり反撃に転じ、1死1,2塁で小川に強い岡本が3塁線をゴロで抜く2塁打であっさり逆転、今の岡本は小川に対してすっかり自信を持っている。

昨年、前半あたりまでは変化球や緩急に対して身体がつっこんだりすることがあったが、後半には克服し、今年に入って岡本の弱点を見つけるのは難しいくらい対応力がでてきた。腿の太さ尻の大きさ、あの体型でしっかり球を呼び込んでから自分のポイントで球をたたいているところに好調さ打率の高さが裏付けされている。

しかしヤクルトは坂本の送球ミスを足掛かりに山崎が無死2塁に出て雄平の外野フライで進塁後、嶋の游ゴロでノーヒットですぐに同点に追いついたのは大きい。このゲームでも山崎は6回裏にも青木を2塁に置いてサンチェスの足元をゴロで抜くタイムリーを放った他、8回ビエイラのスプリットを3塁打するなど外国人投手にも素晴らしい対応を見せ、追加点の原動力になっている。5回までサンチェスにヒットわずか2本に抑えられていたヤクルト、ピッチャーの足元を抜くよう指示が出ていても、他の選手にそれがほとんどできていなかった中でしっかりできるのも山崎の能力であることを首脳陣は記憶にとどめてほしい。

4回までわずかに1点リードのヤクルト、いつ同点に追いつかれてもおかしくない巨人打線、いつものように球数が多い小川だったが中盤5,6回しり上がりに調子を戻し0に抑えた。そして逆に後半ヤクルト打線がつながり巨人を引き離しに成功、投げては7回梅野、8回清水、そして最終回はストッパーを温存させ、近藤がマウンドに。前述したとおり近藤が代打吉川尚に2ランを浴びたものの点差に守られ、前日雨で中止、そのため観客動員試合初日となった昨日ヤクルトが快勝した。

故障からの復帰ということもあり、昨年はわずか5勝に終わった小川が、今年は早くもトップの3勝。前回ラッキーな2勝目もあり、今年は2桁行けるのでは、と期待している。今日登板の高梨の復調もヤクルトの上位維持には不可欠。打線の援護で高梨の今季初勝利を願う。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
高橋圭二の今季初勝利も継投ミスで消えてしまった。6回裏のビシエドの一発、怖いもの知らずの強気な星の悪い癖が出てしまった。その後終盤の8回裏わずか1点差で調子の悪いマクガフをセットアッパーに起用したのが致命的だった。先頭打者福田にいきなり2塁打された後、ビシエドはどうにか外野フライに討ち取ったが、1死1,2塁でマルティネスにセンター前タイムリーを打たれ、4-4の同点にされた後、京田を三振に討ち取り2死にしながら、井領を四球で満塁。この時点で圭二の勝ちは消滅。今日のマクガフはコントロールに難があるのをわかっていながら続投させ、次の遠藤を押し出し四球、これで逆転を許す。これだけマクガフを引っ張った理由が不明。

9回表は下位打線、中日はストッパー岡田、今日の下位打線を見たら同点は厳しい。ところが一死から代打青木が2塁打、これが導火線になって苦手の岡田から4点を奪い、まさかの大逆転。特に青木に代わって3番に入った小兵山崎の5打数3安打3打点の大活躍が光った。左腕にもチャンスにとことん強いのが頼りになる。岡田に三振を喰らうことが多かった村上が追い込まれながらタイムリー2塁打で2打点は大きな自信になったはず。首脳陣の継投ミスを9回のヤクルト打線が逆転してくれた。それにしてもマクガフはもちろんだが、石山もピリッとしない。今ヤクルトのストッパーは清水だと思う。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
プロ初先発のDeNA中川虎大とヤクルト右のエース小川の先発、いきなり初回小川がソトに被弾で先制点を与えたのに対し、中川は簡単に三者凡退、どうなることかと思いきや2本のホームランで序盤で逆転。それにしても7本のヒットのうち5本はホームランという今季西浦の驚異的な長打力には感謝、感謝である。とにかく小川が火の車状態、5回までDeNAに7本のヒットを許しすぐさま同点にされる。一割台で眠っていたロペスを目覚めさせたのは痛い。

調子が悪い小川を6回まで引っ張ったのは監督の親心からだろう。ラッキーなことに6回裏味方の2点追加で勝ち投手の権利を得た。相手のミスに乗じて8-5とした時点で勝てたと思った。さらに8回10点目を上げ、4点差としたときは勝利を確信した。

ところが最終回守護神の石山がソトにこの試合2本目のホームラン(2ラン)を打たれたときは勝利の確信が揺らいだ。1点差までいったら清水を出すべきだと思った。とにかくソトは低めが好きだし強い。フォークでも地面スレスレのボール球でもホームランにする力がある。特に外角に強い。初回のホームランなどはまさに打ちごろ。今夜ソトに4安打された球はほとんど低かった。明日のピッチャーはこのことを頭に入れておくべき。7回梅野が投げた同じコースのフォークがファールだったのは石山との球質の差だと思う。

4点差あれば余裕で逃げ切れる思ったが、ホームランバッターが並ぶDeNA打線は最後まで油断できない。6安打で15安打のDeNAに勝利、効率よい得点というより相手のミスに助けられた勝利ではあるがこのツキを明日の試合にも繋げたい。

攻撃を優先し西田を先発させたのだろうが二度の走塁を許し、一つは悪送球、古賀の打の調子が上がれば守備面では古賀の方が上ではないかと思う。6回裏同点の場面でエスコバーからあわやホームランかと思われた大飛球犠打を打った山崎の勝ち越し打は貴重な追加点だった。小柄だがバットコントロールの上手さは抜群だ。

明日は今季オープン戦から絶好調の高梨に初勝利を!


[Web全体に公開]
| この記事のURL
用事で帰宅が少し遅くなり4回裏からネットで試合経過を見る。DeNA先発が今永、ヤクルト石川の両左腕、オープニングゲーム同様この日も雨、グランドコンディションが悪い中での投球は気の毒だ。こういう状況ではちょっとしたミスが大きなケガの原因になりかねない。

予想に反し、コントロールがいいはずの2人がいずれも四球が多めだった。DeNAの左のエース今永から序盤で4点を奪えたのも、こうした天候不順によるものかもしれないが、左を苦にしない5番山崎の2安打3打点の活躍が大きかった。結局、終わってみればヤクルトの得点は序盤3回まで、5番山崎、6番西浦の2人による4点が全て。巨人戦で大暴れした1番坂口、2番山田が今永には全くダメだった。

DeNA打線は筒香が抜けてもほとんど影響ないくらい強力打線だ。その打線も4回までの5点が全て。5回から最終回までわずかヒット1本。失点は先発石川のみ、それだけ2番手以降の投手陣が踏ん張ったといえるが、点差がわずか1点差だっただけに打線に奮起してもらいたかった。西武森のような打てる捕手がなかなか育たない。代打荒木も結果が出ない。

中継ぎ投手陣の中でオープン戦から清水の好調さが目を引く。昨年ドラフト1位で入団し、期待されながら1勝もできなかったが、今年は中継ぎに回り、昨日もほぼ完璧に2回を抑えている。今、中継ぎNO1の安定感だ。楽天にいたころと違い今一つ打撃面で精彩を欠く捕手嶋、国学院大学の先輩として、清水の良さを一層磨いていってもらいたい。

巨人に0-12で負けたゲームの後で高津監督が漏らした、この悔しさを忘れないようにという言葉、(これまでのヤクルトの監督になかったことだけに)1点差でも負けは同じだが、この悔しさを個々の選手が強く心に留めて今日のゲームにぶつかってもらいたい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1263件中 11~15件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>