交流戦5チームと戦い同一チームに3タテはなかったが、これまで全て負け越し、せめて最後ロッテ戦くらいは初戦を勝ち、勝ち越しを、と淡い期待をもって今日のゲームを見ていたが、前回の西武戦同様、甘い球が多くコントロールに不安があるブキャナンの投球内容を見て初戦勝利は諦めるしかなかった。

3回まではどうにか相手の打ち損じで同点でしのいだが、4回1点リードを許すと、中盤5回表に四球とヒットで満塁とされ2点タイムリーを喰らって降板、全く西武戦の反省が生かされていない。

攻めのピッチングが全くできていない。ストライクが入らないのでなく打たれまいとして逃げのピッチングでカウントを悪くして結局打たれている。前回11点取られながらファーム行きにならなかったこと自体甘すぎる。

昨年のチーム最多勝投手とは思えないほど球にキレがない。西武中村へのど真ん中に投げた球(満塁弾)など打ってくださいというくらいの甘い球だった。左打者の手前で鋭く落ちるスライダーが全く見られないのはどうしたことか。

3番手に投げた若手の蔵本の方がずっと安定しているし、本塁打を1本許しながらも攻めのピッチングができている。逃げてランナーをためてタイムリーを打たれるよりよっぽどいい。

いったん火が付くと消すのが大変なロッテ打線、6月16日の中日戦で8回まで2-7で負けていた試合を9回6点を入れて8-7で粘り勝ちしたほか、前の広島戦では1,2戦に勝ち3戦目、6回まで0-6で負けていたゲームを7回に4点入れ、8,9で1点づつ入れて同点に追いつく。最後は会澤のサヨナラ打で6-7で負けはしたがその粘りは驚異的だ。

先発のブキャナンの乱調で5回にして勝敗はついてしまった。せめてホームランバッターの競演を期待したが、山田の初回の一発と伏兵奥村のソロ、タイムリーの3点のみ、わずか散発4安打で大敗した。それにしても投打ともに一軍とファーム以上の力の差を感じる。ロッテ打線の16安打2塁打5、本塁打4、12得点に対してホームラン2本は出たものの、それを含めてヒット4本では・・・。荻野、鈴木大地、そして捕手田村4-4、内角の厳しいコースも簡単にヒットにするテクニックにはお手上げだ。

パリーグ最下位オリックスでさえ打線に抜け目がなく巨人を苦しめた。交流戦で感じるのはパリーグ球団の打線の爆発力と効率よい得点能力である。それを考えると昨年、これほど手ごわいパリーグ相手にヤクルトが首位を勝ち取ったのが今でも信じられない。交流戦の頑張りがあったからこそ最終的にセリーグ2位になったのだが。その誇りと頑張りを今年に生かせたらと思うのだが・・・。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
ヤクルト、ソフトバンク共に最初に上げた得点が全得点になったゲームだった。得点能力にたけたパリーグにあって毎年のように交流戦トップ争いをしているバンクに結果的に1点差勝ちで勝利するとは思ってもいなかっただけに嬉しい。

ただ欲を言えば、初回幸先よく3点先制しランナーを出しながら1点の追加点がとてつもなく遠く感じたゲームだった。特に8回裏無死1,2塁で中村が犠打を決め、1死2,3塁にランナーを進めながら大引、荒木が凡打で1点も入らず、大引は外野フライどころかバットにも当たらず三振、打撃不振も深刻だ。

相手のソフトバンクも8回表1死満塁の絶対絶命の場面でマクガフが高打率のグラシアルを併殺に切り抜けたのもお互い様だが・・・。その前に梅野が8回からマウンドに上がった。一死取りながら連続四球でマクガフに代えたのが勝敗の分岐点だった。あのまま梅野を代えずに引っ張っていたら、石川の勝ち星を消してしまった6月15日の西武戦の二の舞になっていた。まさに首脳陣の英断だったと思う。梅野の場合、コントロールを乱すと自滅する悪い癖があるから怖い。

その点先輩石山の粘りや落ち着きを見習わねばならない。先頭バッター松田を追い込みながらボール球をヒットされたときは、わずか1点差のみだっただけえにひやひやしたが、2塁に盗塁された後、持ち前の粘りのピッチングでヒットを許さず打者を討ち取り7回4安打1自責の好投小川に2勝目をプレゼント、厳しい試合だったが勝ててよかった。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
ゲーム結果は4-6でソフトバンクの勝ち、またもや初戦飾れず。それもそのはず相手は交流戦最多優勝を誇るソフトバンク、今年も交流戦首位にいる。

ただ先発投手を見たら松本裕樹投手(23)。防御率8.10とあったので、こちらは原樹里。これなら勝てる、と思って試合経過を追ったら、4回終わった時点でわずか1安打に抑えられている。いっぽう原は松田に2本塁打を含む8安打を打たれ、まるで一軍とファームのようなゲーム内容に力の差をつくづく感じる。

松本のデータは交流戦の対広島戦で3.1回被安打5失点3というもの。その松本に初回山田、青木の1,2番が三振に倒れ、初ヒットが3回裏やっと宮本にでた。西武戦にしても今のヤクルト打線は振れてないので相手チームも一線級の投手は他にぶつけている。それでも打てないのだから仕方ない。

3回バンクのピッチャーゴロエラーの連続でラッキーな拾い物の1点をもらい、無死1,2塁で山田が最悪の併殺打、5回に山田、青木の連続タイムリーで2点を返したものの、今日のヒットはこの一本のみに終わった。この回青木も凡退して同点どまり。西武戦では3エラーで得点をたっぷり相手に上げたが、相手のエラーでは最少得点に終わるという効率の悪さ。

5回に1点差まで迫ったが、バンクの4本のホームラン攻勢であっさり3点差に離され、9回満塁で青木の粘りの四球で2点差まで追い上げたが雄平がフライに倒れ万事休す。4-6で敗れた。

一時は最下位にどっぷりつかったDeNAが交流戦に入ってセリーグでは巨人に次ぐ堂々2位(6位)。しかもソフトバンク戦ではエース千賀をKOして5-4で勝っている。また新人上茶谷が7回被安打4、失点2、2-2でドロー。対戦成績を1勝1敗1分けの互角に戦っている。

このゲームでもヤクルトは相手に4本のホームランを浴び、まるでアウェーのようなゲームをされている。前回やっとホームでの連敗を11で止めたのはいいが、きつい言い方かもしれないが、こういうゲームをしているようでは球場まで足を運ぼうとは思わない。昨年交流戦首位だったことがまるで夢か幻に思えてくる。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
高橋については毎度のこと5回持たずに降板、いつもの悪い癖が修復できずに逆転を許し、大量点につながってしまった。つまり悪い癖というのは2死まで難なくアウトを取りながら、3回裏金子に意味のないストレートで四球を与えた後、源田に2塁打を浴び同点にされている。4回には長打で3点を失う。5回にも無死で金子、秋山にストレートで四球を出すなど力のある球を持ちながら墓穴を掘りまたも今季初勝利を逃している。結局、この回途中で高橋はマウンドを降りたが、前回の反省が生かされていない。

打線は初回山田の先頭打者ホームランで幸先よく1点を先制し、さらには2回に無死満塁という絶好のチャンスで廣岡が三振、藤井が浅い外野フライで犠飛とならず二死、続く山田の打球があと1メーターでフェンス越えという外野フライ。このチャンスに無得点だったことがその後のゲームを分けた。初ヒットは出たもののこのゲームでも2三振エラーはするわで今の廣岡は敗戦処理ゲームにしか使えない。

清水が6回秋山に3ランを浴び1-10とワンサイドゲームになりかけたところでテレビを切った。あとで結果を見たら8回1点、9回3点を返し、4点差まで追い上げたが、6-10で敗戦。ヒット数では12で3本上回りながらつながりの悪さが西武との得点差に表れている。

相変わらず投手陣の防御率はひどいものだが、打線については山田のホームランを含む4安打、雄平の3安打、そして下位打線では中村の3四球とタイムリー、ヒットはなかったものの粘りの山崎の2四球はヒットに値するものだ。中村と山崎の2人の粘りでコントロールのいい松本航に2回だけで20球投げさせている。これを得点につなげられなかった8,9番の責任は重い。
 さらに三振、早打ちが目立ち、打率を落としていた村上、山中(プロ初ホーマー)に連続ホーマーがとび出したのは救いだった。特に初球ホーマーを打つことが最近多かったため、相手も意識的に初球をボールから入ることが多くそれに引っかかって第一打席高いボール球に手を出し1球でアウトになった村上、ど真ん中ならともかく初球から打ちに行くよりまずは出来るだけ相手の投げさせることが大事だと思う。その中で好球必打ができれば理想的だし、打点打率も上がってゆくだろう。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
仕事で試合を見ることはできなかったが終盤で再逆転の末、勝ったことは知っていた。日ハム戦に次ぐベテラン石川の快投には頭が下がる思いだ。多彩で抜群のコントロールが交流戦歴代2位の24勝という数字を記録した証である。

強打者の多いパリーグにあって軟投型で多彩な変化球を持つ石川のようなタイプのピッチャーがいないためタイミングが非常に取りづらいはずだ。特に力任せに振り回してくる山川のような打者はポイントを少しずらせば討ち取れるだけのテクニックを石川は十分持っている。

「柔よく剛を制す」という言葉が示すように強打者に力で勝負するのでなく弱点を突いたテクニックで十分討ち取れることを見事に示したピッチングだった。その好対照が梅野だ。ただランナー置いての途中登板で大きく期待を裏切る結果になった。4打者に1死しか取れず2四球3失点という最悪の結果だった。そして7回まで0に抑えた石川ではなく逆転打を許したマクガフに、9回表味方の逆転で勝ち星が転がり込むという皮肉なゲームだった。最後は石山が最少点差を守り抜き逃げ切ったのは大きい。ただ石川の快投に勝利投手の権利を与えることができなあったことは残念でならない。

ヤクルトの今日の先発は高橋、それほど連打は浴びることはないがいつも4、5回の中盤にコントロールを乱し崩れるケースが多く、初勝利に足踏みしている。これをクリアできないと勝利を勝ち取ることはできない。山川、中村、外崎のような一発のある打者には力だけで勝負しても通用しない。内外角、緩急を織り交ぜ相手のポイントをいかに外すことができるか、それが課題だと思う。

このところ相手投手に弱点を研究され、三振が多い村上、変化球の見極めに苦しんでいるようだ。低めフォークへの順応は素晴らしいが高めの釣り球の空振り、左腕の外角へ逃げるスライダーにひっかることがままある。同じ左打者大谷の外角打ちのバッティングをも参考にして弱点を克服してもらいたい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

18件中 6~10件目を表示


<< 1 2 3 4 >>