昨日は仕事で帰宅してからゲームの結果を知った。ネットで8-0という試合結果をみたとき、この点差からして勝ったのは広島の方だと思った。しかしよく見ると勝ったのはヤクルトだったのだ。強打線が看板のカープ相手に8-0のワンサイドで勝利とは驚きと同時に大きな喜びが込み上げてきた。

ヤクルト投手陣の中で今季最初の完封を果たしたのは開幕投手のブキャナンだ。首脳陣の信頼も厚く、昨年バレが退場事件を起こしたときもバレを制止したブキャナンを見て彼の人間性を見て感心した。

やはり投手の安定がいかに大切かをこのゲームは改めて感じさせる。先発陣の早い回のKOはリリーフ陣の継投に頼る形になり負け試合に繋がりやすい。せめて7回くらいまで先発が持ちこたえてくれれば・・・。連敗していたときのヤクルトは投手交代が目まぐるしかった。

先発が左のエースジョンソンということで厳しい投手戦が予想された。しかしブキャナンの安定した投球内容と味方の序盤の3点先制は大きな力となった。巨人、中日戦の重ぐるしいゲーム展開と打って代わり、バスターを見事に決めるなど思い切りのいい動きが目立った。まさに久々に見たヤクルトののびのび野球だ。

巨人の連勝をあっさり止めてしまう逆転劇を看板にする強力打線が売り物の広島打線、3点をひっくり返すくらいワンチャンスなので油断は禁物。その強力打線を0に封じたのだからいかにブキャナンが好投したかがわかる。しかも四死球0で。

勝利を確実なものに変えたのが8回の代打荒木だった。前夜中日のストッパー田島から内角の厳しいコースを腕をたたんで掬いあがるようにしてレフト前に運んだ技ありの荒木の掬サヨナラ打に続き、このゲームでも8回裏に代打で登場し、試合を決定づける満塁弾を放ち連夜のヒーローとなった。

今日の先発は梅野と大瀬良。前回登板の巨人戦ではワンアウトを取れず四球とヒットで6失点献上するという散々の出来だったが、首脳陣がファームに落とさなかったのは期待感の表れだろう。問題は制球力、前回の反省を生かし、首脳陣にアピールするチャンス到来と思い、硬くならず打者一人一人に丁寧に向かっていってもらいたい。それには打線の早い回の援護が不可欠だ。昨夜のようにホームらしくエラー0でのびのび野球を心掛けカープにぶつかっていってほしい。攻守に対応力に優れた、手ごわい菊池にかき回されないよう要注意!

[Web全体に公開]
| この記事のURL
これだけチャンスをつぶしていれば、勝利の女神にそっぽを向かれ相手に流れはいってしまうのも無理もない。先頭打者を出しながらも得点に結びつけられないつながりの悪い打線、最悪効率の悪いゲームの見本である。

しかも肝心なところでのエラーが敗戦に結びついているのは毎度のこと、雨でグランドの条件が悪いのは相手も同じ、しかも中日はドームがホーム球場、屋外がホームのヤクルトよりずっとハンデはあったはずなのにヤクルトの選手はホームでこけている。これでは勝てるわけがないだろう。

5位球団に開幕から5連敗するようでは勝てるチームを探すのが難しい。四月のことは忘れ、5月から心機一転ホームで新たな気持ちで開幕ゲームのつもりで頑張ってほしい、と思っていたが、そんな生易しいチーム状態ではなさそうだ。

日本人監督が代わる度に投手陣の整理を課題にしたが、うまくゆかず例年Bクラスに甘んじていたDeNAを覚醒させたのがなんと選手とのコミュニケーションに課題があるといわれたラミレス監督だった。

昨年、ぶっちぎりの強さで優勝した広島に唯一勝ち越したDeNA、そして3位からCSに出場しペナントを制した広島を倒して日本シリーズに出場、ソフトバンクには敗れ日本一にはなれなかったが3位から日本シリーズに出たのは初であり、素晴らしいとしか言いよういがない。例年課題だった投手陣をスカウト陣の協力で優秀な新人を次々育て上げ、定評のある打線が投手陣をバックアップし投打のバランスが抜群のチームを作り上げたのが成功の要因だろう。

真似をしろというのではなく参考にすべき点は今のヤクルトにたくさんあると思う。時間がかかるだろうが、とにかく投打のバランスががっちり噛み合った強力チームを作ることだ。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
5回柳をマウンドから降ろすまではよかったが、そのあとの詰めの甘さが敗戦に繋がった。

秋吉、石山という勝ちパターンの投手継投で2点のリードを守れなかったのはダメージが大きい。それだけ連敗で出場機会がなく、実践から遠ざかっていたことが災いした。

名古屋ドームでの3タテの汚名返上の意味でもこのカード初戦を何が何でも取りたかった。繋ぎという点で中日の集中力がヤクルより優っていたということだ。

ただハフがどうして途中降板したか途中から見たので全く分からないが、アクシデントを考えるとスタミナ切れでランナーはで出したものの松岡がよく投げてくれたと思う。

とにかく連敗をストップのために全力で戦うしかない。ホームでの無様な負け方はファンへの裏切りに値する。明日こそ連敗ストップを祈る。

広島ではカープが巨人の連勝をストップさせた。巨人の好調打線はいきなり初回3点を入れたが、逆転が売りのカープ打線には初回の3点など無いに等しい。そこでゲームは終わってしまう今のヤクルトとは雲泥の差だ。神宮で巨人を3タテした開幕当時の勢いを思いだせ!



[Web全体に公開]
| この記事のURL

8件中 6~8件目を表示


<< 1 2