試合前の予想に反し、由規の好投が昨夜のDeNA戦勝利の第一要因だった。そして全く連打のチャンスも与えないほど抑えられていたウィーランドから値千金の先制となる2ランを放ったバレの一発が由規の好投に援護射撃し6連敗を阻止した。

館山同様肘の故障が要因と思われるコントロールの不安定さが由規のこれまでの2試合の結果から四球と球数の多さが懸念されたが、昨夜はその不安を完全に払しょくするような投球内容だった。

昨夜のゲームを落としていたら泥沼の最下位に陥り、しばらく上がってこれなかったかもしれない。その意味で今勢いのあるDeNA打線を7回途中まで0に抑えたのは出来過ぎといってもいい。

それにしてもDeNAの強さは強力打線と数年前には信じられないほどの投手陣の安定だ。今永、濱口を故障で欠いても19歳の京山や新人東などの若い投手が出てきて素晴らしい活躍をしている。スカウトの着眼点の確かさに感心させられる。今チーム防御率のセリーグ1である。

中日を最下位にしている野球解説者が多いが、ヤクルトがこれまで1勝5敗と苦手としている広島、そしてヤクルトを3タテにするなど投打がかみ合ったとき、中日は非常に手ごわい相手である。

青木を先頭、選球眼もあり出塁率の高い坂口を2番にし、ホームランが出るようになってきた山田を3番にし、バレ、雄平をクリンナップに持ってきたのはグッドアイデアだと思う。

ヤクルトは目下投手防御率が巨人に次いでワースト2だが、やはりヤクルトの課題は投手陣の安定だと思う。その意味で由規の好投は大きい。彼が今後も昨夜のような好投を持続できれば 他の投手陣にもいい影響を与えるはずだ。連勝するためには投打のバランスがよくなくてはなかなか難しい。今季は5月の連休に神宮でのゲームが予定されている。好試合を期待したい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
今季セリーグは同一カード連敗、連勝が非常に多い。その意味で昨日の負けは痛すぎる。それにヤクルトはこのところ先取点を取りながら、先発、中継ぎ、抑えが崩れ負けている試合が多い。

下位3チームが昨夜の時点で同率4位(最下位)に並んだ。借金も2になった。これ以上連敗は絶対避けなくてはいけない。打線も先取点はとるものの逆転されるとそれを跳ね返すだけの力がない。

中日が広島戦4-2で勝っていながら中盤カープ打線のお株逆転劇で4-7で逆転され、それまでかと思いきやその裏一気に7点を入れ、11-7で逆転勝利を飾った。

ヤクルトが4-0で勝っていながら一つのエラーで好投ブキャナンが4-3までカープに追い上げられ、9回抑えのからシティーが同点にされ延長で負けているが打線も同点にされた後の一押しがないのが今の弱さだ。

由規はコントロールに難があり四球から得点を与えるケースが多い。やはり打線が先取点を取り、楽に投げさせる環境を与えることがこのポイントになろう。

昨年、ウィーランドに打線は打てずに全敗している。打線は昨年と比較にならないほど厚みを増しているし、零封されることは許されない。肘痛で出遅れたウィーランドに昨年と違う打線を印象付けてやりたい。今日は何が何でも連敗ストップを!そして今季初勝利を由規にプレゼントしたい。がんばれヤクルト!


[Web全体に公開]
| この記事のURL
巨人を3タテしてさあこの勢いで一気に単独首位へ、と思いきや中日のホーム名古屋ドームでまさかの3連敗。天国から地獄に一気に突き落とされた衝撃だ。

ドラフト1位柳は他球団が競合する力投派のピッチャーだったことはよく知られていた。しかしデビューのシーズンは怪我で出場機会がなかった。昨年、まだ本調子とは言い切れない中でやはり重い球を投げるコントロールいいピッチャーだという印象を受けた。

その柳を今季のヤクルトの初戦に中日はぶつけてきた。重いストレートとスライダー、カーブを織り交ぜバッターに的を絞らせないピッチングで8回までヤクルト打線の荒木のヒット1本に抑えた。柳の9回までの球数は111球、しかも完封一番乗り。コントロールよく無駄球がなかったかがよくわかる。

しかし大学時代150キロちかい重いストレートとは違い、140キロにもみたないストレート、それでも緩急、球種を巧みに使ってヤクルト打線に的を絞らせなかった。この中日との緒戦を機に、ムードは一気にどん底へ。

巨人戦28得点のヤクルト打線は、中日3連戦で7点をとるのがやっと、20点献上している。また巨人戦に3連勝して3個の貯金したのに中日に3連敗して全部吐き出してしまった。

今年のヤクルトはひとあじ違う、と褒めたばかり、昨年とまではいかないまでもつなぎの野球ができていない中日3連戦を見てがっかりした。逆に中日の無駄のない効率のよい得点力に関心させられた。

今セリーグは巨人以外、広島の7勝を除いて6勝でほとんど差がなく並んでいる。ここで落ち込むようなことがあれば、しばらく浮上できないかもしれない。そういう意味からも次のカード阪神戦が非常に重要になる。心機一転がんばれヤクルト!
































[Web全体に公開]
| この記事のURL
広島に並びついにヤクルトが同率首位に躍り出た。
小川監督は打撃のチームづくりにたけているではないかと思う。
2010年前監督が途中で辞任したため途中から監督代理に就任するやそれまでの借金をすべて返し切り3位まで順位を上げた。

昨年打率、防御率共に最下位チームヤクルトが目下打率、得点ともセリーグトップに躍り出た。対巨人3連戦も打線が弱い昨年ならブキャナン以外は負け試合になっていたことだろう。それにしても打撃絶好調の西浦を使い続けてほしい。巨人の岡本同様完全にブレークしている。

先発がKOされると勝ち目がなかった去年と違い、昨日今日のように同点にされても負ける気がしない。逆転を信じて2番手、3番手ピッチャーが踏ん張る。打線も期待に応える働きを見せている。

2011年4月から8月まで小川ヤクルトはトップを走っていた。この年の優勝間違いない、と思っていた。ところが9月に故障者が相次いだこともあり、まさかの失速ですんでのところで優勝を逃した。まだ始まったばかり、まだまだ紆余曲折があるはず。大リーグから戻った青木の言葉のとおり、日本一になるためにヤクルトに戻ってきた、と。まだ早すぎるのはわかっているが、2011年の小川監督の無念の気持ちを晴らすためにチーム一丸となって優勝に向かってこのまま邁進してほしい。













[Web全体に公開]
| この記事のURL
ブキャナンー秋吉のリレーで巨人に快勝、今季対巨人初戦に理想的なゲーム展開で6-0の完封。これほど気持ちがいい勝ち方はない。しかも相手投手は昨年のセリーグ最多勝利投手菅野をKOしての勝利だからなおさら。

今日はゲーム展開よりヤクルトの今季の戦いぶりや感じたことに触れたい。BSフジの今日の解説者高木豊氏も言っていたが、昨日のカープ戦での選手の意識の持ち方が今季のヤクルトの勢いのようなものを感じているようだが私も同感。

例えばカープ先発投手岡田の重い速球に苦しんだ打線だったが、館山の代打の新人大村孟の選球眼の良さと粘りのバッティングで岡田に11球投げさせて四球で出塁。プロ初打席でこの粘りは凄い。また昨夜の「ストライク三振」の球審の判定に青木が猛抗議。その執念に今年のヤクルトは昨年と全く違うものを高木氏は感じている。それが今日のゲームにしっかり反映されている。青木の今日の3安打を見ると大リーグでの経験を通した「進化した青木」を見た気がする。

昨夜のカープ戦、2-5で最終回相手はストッパー中崎、ツーアウトを取られ万事休す、というところで代打奥村が流してレフトへヒット、さらに代打畠山が2ランを放ち、わずか1点差に。結局次の打者が討ち取られとられゲームセットに終わったが、その粘りが今日のゲームに繋がっている。しかも小川監督は奥村と畠山を今日の試合のスターティングメンバーに使っている。それが選手にやる気を起こさせるのだ。

6勝13敗と大きく負け越した昨年のブキャナン、今年はすでに2勝挙げている。いくら好投しても弱体打線では勝利は望めない。石川にも同様のことが言える。まだ始まったばかりなので今後のことはわからないが、現時点のDeNA打線と昨年ヤクルトの後半の打線を見る思いがする。投手陣にとって今の打線は大きな相乗効果を生んでいるのは間違いない。ヤクルトを最下位か5位を予想している野球解説者が多いが、その予想をあざ笑うような快進撃をしてやろうではないか!


[Web全体に公開]
| この記事のURL

11件中 6~10件目を表示


<< 1 2 3 >>