DeNAの平良、大貫に次ぐまた勝野という新たな苦手投手をつくってしまった。前回の阪神戦でも6回被安打4、失点0に抑えたのだから手ごわい相手であることは間違いない。150キロの速球があり、変化球でもカウントを取れるし、コントロールが安定しているのが強みだ。

初回の中日の先取点はサードエラーによるもの、いつも中日のポイントゲッターである周平とビシエドを完全に封じ7回まで中日打線を3安打に抑えた小川の力投にやっと4回表村上のタイムリーで1点を取り、同点にするのがやっと。その中で山田の代わりに2番に入った宮本が勝野から打ったチームの全安打のうち半分の2安打、それも2二塁打と一人気を吐いた宮本にあとが続かなかったのが悔やまれる。

中日でバットコントロールの上手さでは一番の大島がチームの全安打のうち一人で3安打、悪い流れは往々にしてそんなもんだが、8回拙い守備もあり無死満塁の最悪の場面でその大島に打順が回ってきたことが結果的にこのゲームを左右したと言える。ここまで抑えてくれた小川を誰も責めることはできない。相手投手がよかったとはいえ、あまりにも打てなさ過ぎた。

明日はまたまた苦手の梅津が先発、ヤクルトは上がってきたばかりの山中、苦戦を強いられることになるだろうが、同一カード、しかもBクラスの下位球団に三タテは許されないし、負けたらずるずる落ちるだけだ。とにかく勝利を目指して総力戦でぶつかるしかない。健闘を祈る。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
下位球団とのゲームをしっかり勝って行かないと首位巨人との差が再び3.5に離されてしまった。先発大喜は3回ま無安打、味方が4回表村上の2ランで3-0となり、ほっと油断したのかすぐその裏、先頭打者にこのゲーム初の四球を与え1死、1,2塁から4番ビシエドに長打され2点を返され、1点差とされた。むしろ初回の1点のみだったら緊張感から持ちこたえたかもしれない。大喜は5回勝ち投手の権利を得て、わずか1点リードした形でマウンドを降りた。

ところが中継ぎがピリッとせず同点にされた後、さらに勝ち越しを許し巨人戦に次ぎ、大喜の勝利も再びお預けとなってしまった。それにしても6回マウンドに上がった2番手ピッチャー中澤、3番手の星いずれも期待を裏切る内容だった。どちらもコントロールに難があり、カウントを悪くして打たれる悪いパターンだ。中澤が一死も取れず無死1,2塁で登板した星にチーム一番の得点力のあるビシエド相手という不運もあったが、阪神戦で1点差1死満塁で無失点に抑えた長谷川に比べたら厳しい場面ではなかったので抑えてほしかった。

7回裏上がった久保、一死大島に死球を与えた後2盗を許し、3番高橋にタイムリーを打たれ結果的にダメ押しとなる5点目を与えた。左腕ピッチャーで盗塁を許すのはいただけない。この回から代わった捕手井野の盗塁阻止率を頭に入れた大島の隙のない盗塁だった。甲斐や梅野の捕球からスローイングの速さ、的確さを比較したら一目瞭然。盗塁阻止率が高い捕手は2塁ベースのランナーが滑り込んでくる足元近くに送球している。ヤクルト捕手陣の阻止率の現状は厳しい。よかったのはカープ戦で走塁を刺した古賀の送球くらいしか見ていない。

高橋周平は復帰後初のタイムリーだと言うが、ヤクルト投手陣はこの周平とビシエド二人にこれまで何度タイムリーを打たれているか、私の記憶では相当な確率で打たれているはずだが、全く手の打ちようがないのだろうか。このゲームでも5失点のうちビシエド3、周平1、つまり4失点をしている。とにかく弱点を探し徹底的にマークしないと同じことの繰り返しだ。

ベテランに適度な休養も必要だが今一つ打線につながりが悪い。このゲームでも塩見、村上の2発のホームランがあったが得点はそれだけ。大野も好投手ということもありそうは打てないのは致し方ないが、完投を許したのは詰めの甘さや工夫が今一つ足りなかった感が否めない。今日は打線の奮起で小川のハーラートップ5勝目を!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
今日の勝因は高橋の好投に尽きる。いかに先発投手の好投が大事かということを改めて感じさせたゲームではなかったか。このカード初戦18安打、20失点を奪われた相手に8回をわずか3安打に抑えた高橋、6回までわずかに1点リードではこころもとない気持ちだったが、それを払拭するようなナイスピッチングで終わってみれば大下と二人で阪神打線を零封していた。

これまで高橋は前回の阪神戦でも5.2回で106球を投げているよにほぼ5回で100球に届いていたが、今日は8回投げ終わった時点で108球、いかにコントロールがまとまり無駄球がすくなかったかという証である。

高橋が投げたゲームは5回までほぼ2,3点で抑えている。これは 4勝している小川より防御率はいい。ところが運に見放され、打線の援護に恵まれなかった。今日も6回までチャンスになかなか味方の援護がなく心配したが、7回裏やっと相手のエラーをうまく得点につなげ4-0としてこれが勝利を確実なものにした。このカード初戦ホームで3エラーがあったのが傷口を大きく広げる結果になった。やはりエラーは攻撃に水を差すことにもなる。

いっぽう阪神先発藤浪、久しぶり見る彼は大分以前のイメージとは異なり、フォークやカットボールを多投し、コントロールがまとまっていたのが意外だった。以前の藤浪は四死球が多く、自滅することがままあったが、今日の藤浪はフルカウントから落ちる球で三振を大分奪っていた。ストライクゾーンから急激に落ちるのかヤクルト打線の三振が非常に多かった。チャンスで村上が三球三振を喰らうなど低めのボール球のフォークやカットボールに手を出す昨年の雑なバッティングに戻った感じを受けたくらい酷かった。

8回満塁から川端のタイムリー、坂口の四球による2点追加がダメ押しとなった。最終回はファームから戻った大下が好投、見事3人をパーフェクトに抑えて高橋の今季初勝利に花を添えた。巨人がDeNAに負けたため再び巨人との差が2.5に迫った。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
先発投手の安定がいかに大事かということを感じた引き締まった好ゲームを3-1でヤクルトが勝利した。昨夜の大敗で阪神に並ばれ、今夜負ければ3位陥落というゲームで先発樹里が5回まで阪神を被安打3、失点1に抑え、打っては4回うらヒットの青木を置いて村上の久々となる逆転2ラン、6回には塩見の連夜のソロがとびだし2点差で投手陣が逃げ切った。

このゲーム勝負を分けたのは原がマウンドを降りた6回表だった。昨夜2回をパーフェクトに抑えた梅野が2番手投手としてマウンドに上がったが、先頭打者梅野をいきなり四球。このピッチャーの不安定さは投げてみないとその日の調子は分からない点だ。MAX155キロ出ていたのに制球力がなくては通用しない。アウトは犠打だけ、あっという間に満塁。おそらくそのまま続投していたら、逆転はおろか何点許したかわからない。あそこで長谷川に代えたのは紙一重の決断だっただろうが、阪神のバッターにとって初対戦という面で長谷川に大きなアドバンテージがあったように思う。

 とは言っても対戦経験より長谷川自身が緊張してコントロールが定まらず自滅するケースがある中で、わずか1点差満塁でいきなりマウンドに上がり絶対絶命のピンチで一つも四球を出さなかったこと、堂々自分のピッチングができたことが見事だった。特に糸井をストレートで三振に討ち取った場面はうなった。それが6回裏の塩見のソロホーマーに繋がったのではないかと思う。

そのあと青木のヒットが続き村上の打順、相手は能見とくれば甲子園でのタイムリーを思い出す。しかも前の打席で2ランを放っているとなればどうしてももう一発期待した。結果的には三振に終わった。ホームランが多かった昨年の村上に久しぶりのホームランで一瞬戻ったのだろうが、たまにはホームランを狙う荒っぽいバッティングもいいだろう、と思った。あとのマクガフ、清水、石山とつなぎ初回の1失点に抑えて厳しい試合を勝利したことは意味がある。同一カード2戦目は負けないというジンクスが今回も不思議と生きた。今日かって再びゲーム差1としたが明日負けたら意味がない。単独2位を維持するためにも明日の勝利を祈る。藤波をKOして高橋に今度こそ今季初勝利を!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
先発イノーアが満塁弾を浴び2回7失点、連日序盤で勝負あり!10試合連続二けた被安打というヤクルト、まるでホームで二軍以下のようなゲームをやられたら堪らない。しかもエラーが3。どっちのホーム球場なんだと言いたい。

ここまで我慢して使っていたイノーアだったが、コントロールを乱しストライクを取りに行ってはドカンと打たれてはどうしようもない。一軍ではとても通用しない。じっくり二軍で叩き直してほしい。

阪神は二人の外国人バッターが当たりだし全体のつながりがよく最下位で苦しんでいた当初とは天地の差、投打のバランスがいいので油断したら三タテを喰らう可能性もあり得る。

ヤクルトは防御率がダントツ最下位、しかもそれに輪をかけるように哲人が抹消されたこともあり、打線のつながりが悪く、青木、村上が打てないと今日のような一方的なゲームになってしまう。悔しいが今まだ2位にいたのが不思議なくらい阪神との力の差を感じる。この屈辱をバネにチーム一丸勝利目指してぶつかってもらいたい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1268件中 6~10件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>