カープ今季一軍初登板の中村裕太に初回プロ野球史上25年ぶりという先頭打者から3連続(濱田、青木、山田)ホーマーが飛び出したときは、小川の安定感からしてヤクルトのワンサイドゲームを予想した。

ところがそれから立ち直った中村に4連続三振を奪われるなど打線が沈黙の中で山田のエラーがらみ1点を返され、嫌なムードが漂ったが、6回裏3番手島内を攻め一挙4点を奪い、7-1と大きくリードを広げた。さらに7回には代わった高橋から村上のソロが飛び出し、8-1としたところで勝利を確信した。小川も6,7,8を0に抑え、このままワンサイドゲームで終わるかと思われた。

小川は8回を投げ終えた時点で100球を超えた。ピッチャーは100球を超えると握力が急激に落ちるというが、身体的にガッチリタイプで小柄の力投型の小川の投球フォームは非常に体力を消耗する。それをカバーしているのが強い精神力であることが小川からよく見て取れる。しかしそれも限界を超えたらどうなるかを示したのが9回表のピッチング内容だった。

8回まで広島打線をわずか4安打に抑えていた小川が代打陣にもヒットを許し、9回2死マウンドを降りるまで3分の2イニング7本のヒットを打たれている。見た目ではいいコースに投げても球威、キレが8回までの小川とは別人だった。堂林をピッチャーゴロに抑え併殺の間に1点は与えたが2死を取った時点で終わった、と思ったのも束の間、さらに連打を許し4点を奪われ、8-6とされ結局最終的に石山にマウンドを託さざるを得なかった。前日2イングを投げ最悪の形でゲームを終えた守護神石山を使いたくはなかった高津監督の気持ちはよく分かるが、小川を引っ張り過ぎたのではないか。9回が始まる前8-1の楽勝ムードが一転、2点差まで追い上げられ、一打逆転というところまで攻め込まれての勝利にどっちが勝ったチームかわからないような試合終了後の重い空気だったのが印象に残った。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
大喜と森下、共に大卒新人同士の投げ合いはヒット数と内容では森下が大喜を上回っていたが、要所要所で失点を1に抑えた大喜がリードした形で5回でマウンドを降りた。

初回9球でヤクルト打線を簡単に討ち取ったあたりは新人でありながらチーム1の勝ち頭であるカープの大黒柱である森下の投手としての資質を感じさせた。

公式戦が始まる春先までロッテの佐々木、ヤクルトの奥川、この二人の高校性コンビが話題を独占し、今季何勝できるかが関心の中心だった。そして大卒新人森下はその陰に隠れていた。しかし今こうして見ると、やはり大学4年間で肉体的、精神的経験を積んできた選手と高卒で入団した選手との違いを認めざるを得ない感じを受ける。特に投手の場合。(もちろん高卒で入団しプロで数々の記録を残した投手も存在するが)DeNA左腕で二桁勝利を上げた今永、濱口、東などは大卒ルーキーだったことを考えるとスカウトの目の確かさをうかがい知れる。

打者が森下のストレートに的を絞っていた場合、カーブ、スライダーなどの変化球でカウントを難なくとれるところに新人とは思えない投手としてのレベルの高さ、完成度を感じさせる。前日あれだけ打った青木、山田、村上というヤクルトの主力にヒットを1本も許さなかったあたりが流石である。

ただ坂口は前回のソロ、今回の2ランと二度の対戦で二度とも森下からチーム唯一の得点を上げているところは称賛に値する。7回まで、1点差、その貴重な得点をリードしながら8回表清水が堂林に同点ホーマーを浴び、さらに延長10回にカープに勝ち越しを許し勝利を逃したのが残念だ。清水が投げたインコースベルト付近のストレートをファールにせずホームランできる堂林、ストレートへの対応の完璧さにはお手上げだ。

さらに10回2死1,3塁で守護神石山がカープ1番大盛を2ストライク1ボールと追い込みながらセカンド内野ゴロの送球が間に合わず3塁ランナーが生還、決勝打となった。たらればになるが、石山が投げた1,2球のフォークはいずれもバウンドするようなボール球、それを空振りしている大盛に、なぜ決勝打となった4球目を真ん中高めの、バットに合わせやすいストラークゾーンにフォークを投げたのか???
低めに投げるつもりがボールが指に引っ掛からなかったのか、それが惜しまれてならない。

今日はヤクルト一の安定感を誇る小川、相手は今季初の先発中村裕太。一日も早い最下位脱出を目指すためにも絶対落とすわけにはいかない。そして小川の9勝目のためにもナイン一丸勝利を目指せ!


[Web全体に公開]
| この記事のURL
同一カードの初戦に勝てない。勝ち越せない。そして小川を持ってしても連敗を止められなかった前回の巨人戦、どこまで連敗が続くのか先が見えなかった。

そんな中で社会人野球から再びプロ野球に戻った歳内の登板、いきなりセリーグ打率トップ打線との対決は荷が重すぎ、いったん逆転は許したものの5回を粘りのピッチングで2点に抑えた。

その後を受けた梅野の2回パーフェクトピッチングが打線にいい流れを呼び、同点そして逆転し、1点のリードを清水、石山が守り切り勝利をおさめた。この勝利からチームにいい流れを完全に呼び込んだような気がする。

翌日も強打のDeNA打線を零封9-0で圧勝。この試合濱田がプロ初ホーマー勝ち越し打を放つなどワンサイドゲームの口火を切る貴重な一打を放つ。投げては高梨が5回を我慢のピッチングで0に抑える。

そして昨夜のゲームも序盤まで1点を争う厳しいゲーム。安定感があったスワレスが菊池にまさかの3ランを浴び、1点ビハインド。あれだけ重いストレートがありながらスライダーでカウントを取りにいった球を菊池に喰らった一発だった。次の打席では菊池をしっかりストレートで三振に仕留めたのは正解だ。昨年は期待されながら春先だけで終わったスワレス、今年も同じかと思われたが、ようやくG戦から再登場。彼が一年通じて投げられていたら大分結果は変わっただろういに。弟は兄貴と体型が対照的だが、157キロの速球を投げ目下セのセーブ王である。タフさで弟を見習ってもらいたいものだ。


このゲームのポイントは5回山田の逆転2ランだった。これで行けるという気持ちが一気に打線に火をつけた。西浦がこのゲーム4打点を挙げてヒーローになったが、負け続けていたときは無死で村上が歩いてさあこれからというとき、併殺打で何度も落胆したことがある。大学の後輩キンニク君がチームにパワーをもたらしてくれているので負けないで打ってもらいたい。

巨人のようにファームから上がってきた松原や吉川尚のようなバッターがすぐに一軍で結果を出しているのが強さの要因だが、濱田や中山が出てきて打線に活気をもたらしはじめたのがこれまでの主力だけに頼っていた頃とは違う。まだ濱田や中山にはボールとストライクの見極めに経験が必要だろうが、DeNA戦での初ホーマーの濱田のツーシームを捉えた球などは完璧だった。

このところヒットは出ているのだが得点圏にランナーがいないため、岡本に打点で大きく溝を開けられた村上に3ランが飛び出し、やっと3打点を上げ55打点に到達、トップの岡本まであと6点。ホームランの方も量産を期待したい。

昨日、一昨日終わってみればワンサイドに近いゲームでヤクルトが勝ったわけだが、負けた側のDeNA、広島打線は守りの時間が長くなれば当然それでけ疲労がたまる。すると攻撃力が落ちる。ヤクルトがずっとそういう立場だったからこそ今それがよく分かる。ワンサイドで勝てばそれだけ勝ったチームには 相乗効果があるのだ。そういうゲームがヤクルトに多くなることを期待したい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
3-10と7点差になったところでまたワイサイドゲームかと諦めていた。ところが今日は打線のムードが違っていた。山田の3ラン、村上のソロが打線に勢いを呼び、7点のビハインドを返し、10-10とした。村上の久々の3安打とホームランが出てほっとした。

小川のような勝利が計算できるときだけしか打線が応えられないようではダントツで最下位にどっぷりつかってしまう。今日のようなゲームができれば、勝ち星も当然増えてくる。今日のゲーム同点に追いつたのがやっとあと一押しで一気に勝ち越すチャンスがあっただけに惜しかったがあの大差を同点にしただけでも明日に繋がる価値ある引き分けだった。

先発の山中だが、3回も持たずに7失点。チームによる得手不得手を考えるべきだった。カープ打線は下手投げ投手にめっぽう強いのをデータで調べておくべきだった。ヤクルトが苦手にしている阪神の青柳にめっぽう強いカープ打線。山中より20キロもストレートが速く、球種も多彩な青柳に3回10安打6得点を上げている広島打線に山中をぶつけるのも酷である。青柳の広島戦の防御率が18.0というのだからすごい。堂林が満塁弾も打っている。

これまでも諦めていたわけではないだろうが、数字として結果が出ないと伝わってこないわけだが、今日はそれが出た。今日のような諦めない打線をファンは求めているのだ。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
8月4日のゲームでは九里から4回7安打3得点を上げたヤクルト打線だが、今日は二度の満塁のチャンス、あるいは三塁までランナーを進めながらヒット一本が出ない。前のゲームで10得点を上げた打線が5四球をもらいながら5安打のみ、一夜で打てない打線に逆戻り。

カープは直前のDeNA戦で12-12,1-10,5-8と強打のDeNA打線の前に全く歯が立たず1勝もできずに2敗1分け。そのDeNA打線の直後だけに、ヤクルト打線の貧打ぶりとあまりのも手応たえのなさに肩透かしを喰らったのではないかと思う。

私はカープ戦は映像がないので放映中の阪神ーDeNA戦を見てたのだが、5回まで大山の満塁、2ランの2本のホームランなどで阪神が5回までに7-0と一方的にリード、ワンサイドゲームの様相だったが、DeNAが6回から反撃し、あっという間に7-7の同点に追いつき、結局終わってみれば引き分けに持ち込んだゲームだった。ヤクルトのゲームよりずっと面白いゲーム内容だった。今のヤクルトは今日のように中盤までに相手に3点以上離されると戦意喪失してしまうようなゲームが多い。その点5回まで7点リードされながら6回から猛反撃で追いつき、引き分けに持ち込んだDeNAのように諦めない打線がうらやましい限りだ。まあそれができれば最下位争いなどしていないのだが。ただ8回表代打に出て今季初ホーマーを放ち、一矢を報いた中山くんの一発にありがとう、と言いたい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1331件中 46~50件目を表示


<< 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >>