昨日の大勝と今日の悔しい2点差負けを思うにコントロールの大事さを教えられた試合だった。あれだけ変化球を投げながら昨日先発した奥川はここ5試合投げて四死球0。それに対して今日のヤクルトの投手陣は四死球8。坂本に至っては打者4人に対し3人に四球。もちろん打たれまいと厳しいコースをついての結果なのは分かるがそれは奥川にとっても同じ、寧ろ奥川は勝負にいって昨日7回を被安打2しか打たれていない。

今日のゲームは5回表までは完全にヤクルトペースだった。新人ながら既に7勝上げている伊藤に序盤で3点を上げ、3-1とリードし、小川の勝利投手の権利がかかる5回裏、1死後梅野への四球のあと、代打ロハスジュニアに投げた内角ベルト付近の不用意な初球をスタンドまで持って行かれ、同点に追いつかれてしまった。

それまでの小川は苦手サンズには3安打されながらも球威もあり阪神主力を1失点に抑えていただけに、この2ランで試合の流れが完全に阪神に行ってしまったことが悔やまれてならない。それが次の6回、小川がマウンドを降りたあと、2番手大下に代わったが、その流れを変えることができず大山の勝ち越し2ランを呼び込んだ。

3-2のフルカウントにしてしまったところで気持ちに余裕がなかったのか、スライダーをど真ん中に投げたらホームランバッター大山が見逃すわけがない。曲球をバッターの打ちに悔いコースに投げ込むいつもの大下とは雲泥の差である。3-5と2点のリードを許してしまった。

5回まで順調だった打線も相手に逆転を許したあとは6回から全くあたりが止まり、ヒットが出たのは9回表サンタナの1本のみ。逆転されたら一丸となってすぐに取り返すという気がいが全く感じられない。このカード負け越すようなことがあったら、優勝戦線から脱落を意味する。明日は何が何でも勝利を!明日の阪神先発高橋遥人は好投手ではあるが、今季一軍初登板というところにチャンスは十分ある。序盤に先取点を取り、ヤクルトペースに流れを持ち込めるかがカギ。ヤクルトにとって優勝戦線に残るには勝つしかない。健闘を祈る!



[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1