私は前のブログで青柳攻略のカギは左打者にあるとし、そして青柳から素晴らしいホームランを打ったシーンが印象に強く残っていたので村上にその再現を期待していた。そしたら序盤3回にこのゲームを決定づけるような3ランを彼が打ってくれた。

ヤクルトの勝ちゲームの多くは初回、あるいは序盤に先制し、さらに追加点をあげ、先発が5回までリードを守り、勝ちパターンの投手リレーで逃げ切るという形である。ところが今日は先発奥川が7回マウンドを降りるまでほぼ完璧なピッチングをしてくれ、一方打線も序盤、中盤そして終盤のダメ押しと投打が面白いように噛み合い理想的な展開でワンサイドゲームで阪神を下した。その逆を相手にやられると、前の広島戦のような無気力試合のような負け方をしてしまう。

しかし阪神、巨人と三つ巴の優勝争いをしている大事なときに、阪神、巨人にこれ以上離された時点で白旗を上げることになる。その意味で今日チーム一丸になって阪神に快勝できたのは大きい。ただ、油断は禁物。このカードあと一つ勝ち勝ち越さなければ意味がない。明日は手ごわいヤクルト戦初先発の伊藤、チームの勝ち頭小川に並ぶ7勝を上げているだけに綿密の攻略法を練って挑む必要がある。

改めて思うのは阪神にこれだけの大差で勝てたのは打線の爆発はもちろんだが、先発奥川の好投が何よりも大きい。巨人にあわや3連勝するほどの勢いのある阪神打線を7回わずか2安打、無失点に抑えたピッチングに尽きる。スライダー、カットボール、フォークなどタテの変化球のコントロールの精度がこれほどいいピッチャーがセリーグにいるだろうか。うるさい阪神のクリンナップにわずかヒット1本のみ。絶好調の4番マルテから3三振。凄いというしかない。もう一つ忘れてはいけないのは奥川のフィールディングの良さである。投げ終わった後のフィールディングの良さが自らのアウトカウントを助ける結果になっている。近本の外野に抜けるような強いゴロを難なく裁いたプレーはお見事、投げ終わった後に大きく態勢が崩れる外人ピッチャーが多いが、投げ終われば後は野となれ山となれとは違い、日本のいい投手にはフィールディングがいい選手が多い。


明日の小川に奥川のようなピッチングを求めるのは酷だろう。その分打線がカバーし、チーム一丸となって勝ちにいってもらいたい。体調不良なのか山田が抜けたアナは大きいが、それ以上に打線の爆発と効率いい攻めができたことが大勝に繋がった。1番の宮本の2塁打を含む3安打1四球。彼の選球眼の良さと能力の高さを考えたら相手が左腕でも先発で使ってほしい。オスナとサンタの外人コンビが久々の活躍。オスナはボール球の早打ちを修正し、じっくり好球必打を心がければ復調するはず。外人コンビの復調がヤクルトの勝利に不可欠。必勝願う!


[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1