1安打でも負けなかったツキについての9連勝、そのあとのDeNAに連敗はいただけない。いつものサイスニードに比べややコントロールに難があったが持ち前の球威で得意のDeNA打線を6回2点に抑え、4-2でマウンドを降りたサイスニードのリードを後続が守れず連敗。

ずっと連勝中は機能していた中継ぎ陣にほころびが出た。星、田口、清水、マクガフ、大下いずれもコントロールを乱し被安打13,失点7と悪い流れを最後まで断ち切ることができずに悔しい連敗。昨日は小川が宮崎に2本塁打を浴び、今日は、牧に2ホーマーを連発された。

13安打で7点を奪ったDeNAd打線、一方ヤクルトはわずか5安打で6得点と効率がいい攻めをしながらも全てホームランがらみの得点だったが、打線のつながりが悪くつないでの得点ができなかった。

広島は対阪神を3タテで破り、中日は巨人を同じく3タテ、優勝争いをしている3チームの中でヤクルトだけがどうにか1勝2敗で終わったが、下位球団が強いのか。それとも上位が弱いのか。ヤクルトが対戦する次の広島はベイスターズ、阪神を3タテとノリに乗ってるので要注意!打線も投手陣今非常に厳しい。それはどのチームも同じこと。

今日ヤクルトが勝っていたらヤクルトにマジックは点灯するはずだった。ところがサイスニードの2点のリードを中継ぎが守りくれず悔しい敗戦。今、打線も青木、山田が好調のとき、村上が打てずその逆もあり。投打のバランスがこの大事なところで一つになっていない。しかしここで踏ん張らなければ優勝は無い。疲れもピークに来ているだろうがチーム一丸ファイトで乗り切ってもらいたい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1