序盤DeNA先発石田、ヤクルト先発サイスニードの投手戦の様相だったが、4回村上とオスナをランナーに置いて、このところ5試合ヒット中の西浦がボール2から3球目のストレートをレフトスタンドに3ランを放ち3-0と先制、投げてはサイスニードが最速154キロの球威と変化球を交え、5回裏までDeNA打線をノーヒットに抑えた。

サイスニードはコントロールが冴え、的が小さい桑原、柴田のうるさいコンビをほぼ完璧に抑えた。また佐野、オースティン、宮崎というホームランバッターをオースティンの2塁打1本に抑えるなど球威のあるストレートと変化球を効果的に使っていた。そんな中6番の新人牧がチーム初安打、初打点を含む3安打を放ち一人気を吐いた。

サイスニードは2メートル近い長身から投げ下ろす角度のある速球は非常に威力を感じたが、フォームが安定せず、投げ終わったあと左右に大きくよろめいたりする大リーガーのピッチャーが多い中でフォームが非常にまとまっていることがコントロールの安定につながっているのではないだろうか。100球を超え7回で降板したが、阪神、巨人との優勝争いが熾烈さが増す中で貴重な存在である。

打線では1番塩見、3番の山田がボール球に手を出し共に2三振とバットが湿りがちだったが、山田は先発石田、砂田に全くあっていなかったがたまたまと思われるあたりがレフトスタンドに飛び込み貴重な追加点を放ったが、これを機に調子が上向くことを期待したい。

塩見の場合は打撃が不振になっても外せないほど、守備面で欠かせないチームのスペシャリストである。今日の外野フライやオースティン、宮崎の外野への難しい飛球を難なくキャッチし、追加点を阻んでいる。

余談だが、阪神―中日戦、中日のの粘りが凄い。3-1で阪神がリードして9回裏中日はスワレスから3安打で3-3とし、1死満塁で次のバッター木下の当たりはサードゴロ併殺に終わった。ヤクルトが全く打てない阪神の絶対的クローザースワレスから土壇場で2得点を奪った中日の粘りには驚かされた。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
ヤクルトの勝ちパターンは序盤に先制し、中盤に追加点を上げ、先発が5,6回までリードを守り勝ちパターンの継投につなぎ最後はクローザーが抑えるという形である。

ところが昨日はDeNAに先制されたが最少失点だったことが幸いし、4回表相手の拙い外野守備に助けられ同点に追いついた。DeNAにあのミスがなかったら負けていたかもしれない。

爆発力のあるベイスターズ打線を7回3安打に抑えたヤクルト先発小川の好投もさることながら、相手の大貫のスプリット、ツーシーム、スライダーなど低めを丁寧についてくる投球術に散発5安打におさえられた。村上が3打席目に三振に討ち取られた大貫のスライダーは内角ストライクから鋭く落ちてボールになる球、見事だった。ヤクルト打線は4回まで5安打放ちながら、5回から8回まで無安打に抑えられ嫌な流れになっていた。

1失点ながら四球6という小川のピッチング内容には不満だが、徹底的に4,5番(特に宮崎に3四球)を警戒しての結果だったことを考慮すると納得がいく。それにしてオースティンの脇を締めたバッティングスタンスはインコースの球に対する対応力を見事に発揮し長打力を見せつけている。その点はオープンスタンスのオスナにも参考にしてほしいところだ。

村上の長打はたいてい序盤に多い。試合にずっと集中していれば終盤疲れが出て思うような結果が伴わないのは致し方ない。ところが昨日9回表エスコバーに155キロのツーシームを村上がセンター前にヒット。そして西浦の捕安の後、クローザー山崎に代打中村がタイムリーを放ち土壇場で2-1と勝ち越し厳しいゲームを制した。

阪神が中日に負けたため引き分けが圧倒的に多い関係でヤクルトが勝率で阪神を上回り首位に立った。63勝-48敗5分けの阪神に対し、56勝-42敗15分けのヤクルト。現在負け数でヤクルトが6少ない。首位だと浮かれている場合ではなく負け数が少ないことが最終的に非常に大事になってくるのでとにかく負けないことだ。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1