巨人との大事な連戦を1勝1分け負けなかったのは良かったが、巨人先発ベンツから中盤まで5点を奪い5-1としながらヤクルト先発高橋が坂本、中島、北村と3本のホームランを喰らい、7回代わった今野がコントロールを乱し満塁とされたあと大西が坂本に2塁打を打たれ同点にされ、6-6でドローに終わった。

高橋はストレートに球威があったが、中島、北村には外角球をうまくさばかれた。4番の岡本をうまく抑えながら思わぬ伏兵に2発喰らったのは悔いが残る。今、坂本は手が付けらないくらい絶好調。できるなら勝負は避けたいところだが、塁が埋まった状態では仕方ない。7回うら大西が打たれた同点打は内角のカットボール。コース自体は間違いはないが敢えて言えばもう少し低めに投げてほしかった。しかし塁が埋まり勝負せざる状況に追い込まれた時点で坂本に分があった。

13安打を放ちながら7安打の巨人に勝てなかった要因はあれだけ先頭打者を出しながら攻めの拙さが目立ったところにある。2安打放ちなが5回表の1死2,3塁の肝心のチャンスに併殺打の西浦など典型的。

そんな中でひときわ目立ったのが前日満塁弾を、そしてこのゲームではサイクルヒット3打点を放ちチームに大きく貢献した1番塩見だ。ベンツに長短打であとサイクルヒットまで2塁打を残すだけ。代わった高梨から4打席目で2塁打を放ち、あっさりサイクルヒットを達成。この巨人との連戦で9打数6安打7打点の活躍。ただしいて言えば、たらればになるがサイクルヒット達成後の最終回2死1,2塁のチャンスにめぐってきた打席でタイムリーが出ていたら最高のパフォーマンスになっていたのを考えると残念だ。

今日は巨人が阪神と星のつぶし合いをする中でヤクルトは神宮で広島戦。前回広島、中日など下位球団に1勝4敗と負け越したことが大誤算。しかも今日の予告先発高橋昂に6回無得点に抑えられ負けている。今日はそのリベンジを。好調誠也には要注意。広島からの移動と移動のないホームでのヤクルト、このメリットを生かして今回は絶対勝ち越したい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1