阪神との今日、明日の2連戦は優勝戦線から脱落するか生き残るかの非常に大事な試合で勝たなければ意味がないだけにドローという結果に終わったことが残念でならない。8回まで4-1と勝利をほぼ手中に収めながら、マクガフが3点差を守り切れなかったのが悔いが残る。
ブランクがあり過ぎたのもその要因だ。点差があってもクローザーは定期的に投げさせて試合勘を常に持たせることの大切を知るべきだ。

ただ雨の中という悪条件の中での試合だったことを考えるとエラー0というのは称賛に価するしまったゲームだった。そして一喜一憂の場面が何度もあった。

この試合7回登板した石山が先頭バッター近本にいきなり初球の高めのスライダーを2塁打され、続く中野にヒットを打たれ1点を返され、さらに糸原には四球を与え1死も取れずに今野に交代。昨日、中日戦で三者凡退2奪三振を奪った同じ投手かと思うほど当たってる近本に不用意に初球高めに投げるなど7球目まで抑えが効かないのか球がうわづっていた。1死も取れずに今野に交代、今野はランナーを抱えながらも後続を断ち失点0に抑えたが、石山が続投していたらこの回で同点に追いつかれていただろう。

それにしても村上のソロで3-0とし、8回裏オスナの2塁打でほぼダメ押しと言ってもいい3点差をつけながら勝てなかったマクガフ、ストライクを取るのがままならなかった石山、新旧のクローザー失格である。

話は前後するが5回表スワレスの中野への頭部死球で退場後、無死一塁で登板した大西がヒットと、四球で無死満塁にされた後、阪神のクリンナップ相手に見事失点0に抑えたピッチングには驚かされた。それと三者三振に討ち取った星のナイスピッチングにはうなった。大西や星の低めにコントロールされた球を見るにつけ、クローザーまで任せられていた石山の高めに浮いた球といいコントロールの悪さに落胆した。旧、現クローザーが石山とマクガフが今日は若手大西、星、今野のピッチングに見習うべきところが多かった。

明日の阪神戦、相手は前回同様新人伊藤、序盤でリードしながら逆転され負けた試合だった。もう一つも負けられない直接対決が続く。相手の弱点を徹底的に追求し今度こそ小川にチーム一丸勝利を!

[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1