昨日、今日と後味が悪い連敗。しかもできるだけ取りこぼしを避けたい下位球団に対してだけに悔しい。とにかく投打が上手く嚙み合わなかったことが敗戦の要因だ。

昨日のゲームは序盤で4点を先取しながら味方先発が持ちこたえられず逆転負け。今日は先発石川が初回に与えたわずか1点を最後まで返せず敗戦。

味方が得点をしたら先発が抑えられず、今度は先発が好投したら打線が沈黙、投打がちぐはぐ状態で大事なゲームに連敗。コントロールが不安定な小笠原の序盤の好機に得点できなかったのが響いた。

そして最終回、見せ場を作ったのだが、無死1,2塁で西浦のバント失敗が痛かった。たらればになるがバントで2,3塁まで行ってれば、川端のピッチャーを超えた高いバウンドのゴロではセカンドが取ってもホームには間に合わなかったはずなので1点は入っていたはず。セカンド塁審がしっかりアウトのコールをしていれば2死1,3塁で試合再開だったはずが・・・。審判団は高津監督の抗議の説明もなく3アウトの経緯を説明しただけ。2塁塁審のアウトコールがなかったミスに対する一言謝罪があってしかるべき。与田監督は審判団に激怒してNPBに意見書を提出するようだが、高津監督こそセカンド塁審の不手際に対する謝罪がなかったことに強く抗議し、意見書をNPBにに出すべきだ。ほんとに後味が悪いゲームだった。

とにかく優勝戦線にヤクルトが残るには明日からの対阪神の連戦に一つも負けられない。とにかく目の前の相手に一つづつ勝つしかない。湿り気味の打線にカツを入れてぶつかってゆくしかない。



[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1