昨日はベイスターズに理想的な展開で勝利をおさめた。ところが今日も中日先発のロドリゲスを攻め初回村上が3ランを放ち、3回にも1点追加し、序盤で4-0とここまでは昨日同様理想的な流れに持ち込みながら、チャンスに追加点がなかなか上げられない。

そのうちにヤクルト先発の樹里がコントロールを乱し、再度満塁のピンチを招く。さすがに2度目の満塁のピンチを招いたところでピッチャーを大下に交代。このピンチに大下は一人四球を与え、1点は献上したが、その1点にどうにか抑え4-2と2点差に踏みとどまった。あのまま樹里を続投させていたら逆転は時間の問題だった。(結果的には他の投手が打たれて逆転されたが)。樹里はあまりにも肩に力が入り過ぎていてボールのコントロールできなくなっていたように思う。

味方が序盤2回までに幸先よく4点を奪いながら、追加点があげられずにいるうちに3回に2点を返され、さらに5回代わった星が2死大島を3塁に置いて周三に2塁打され4-3と1点差とされ、7回表2死から1,2塁で代打の神様川端が今日もタイムリーを放ち価値ある追加点を上げ、5-3とした。ところが代わった田口が代打福留にまさかの同点2ランを浴び5-5と同点にされてしまった。さらに8回に代わった清水まで先頭打者木下にソロホームランを浴び、さらに満塁にして3点追加され、4-9で悔しい敗戦。

今日は阪神がDeNAの打線爆発、ガンケルからオースティンの2発のホームランなどでベイスターズが阪神にワンサイドゲームで大勝し、巨人が広島に2-1で勝っているだけにどうしても勝ちたかった。それにしても4-0で序盤リードしながら勝てる試合を失ったのは悔いが残るゲームだった。しかしこの敗戦を引きづっていたら優勝は遠のくばかり、明日はチーム一丸勝つために何をすべきかを考えることだ。



[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1