巨人が下位球団に勝てない中で首位阪神は下位球団に取りこぼしなく勝ち巨人との差を広げている。誠也の連日のホームランで勢いづいた広島はヤクルトに勝ち越し、さらに中日にも勝ち越したが、阪神にその勢いを止められ、誠也のホームラン記録もとめられ連敗。

いっぽうヤクルトは五輪、パラ期間中は神宮が使用できず今日2か月ぶりでホームに帰り、DeNAとの対戦で9-2で快勝。前回、完璧に封じられたベイスターズ先発京田に村上、オスナ、サンタナの長短打で初回4点、3回1点と序盤でKO、さらには終盤7,8回にオスナの久しぶりの一発が出て2点づつ4点を追加し、ほぼ理想的な展開で勝利した。

先発サイスニードは5回まで無四球、2安打で安定したピッチングを見せたが、6回にDeNA打線に長短打を打たれ2点を返された。桑原、柴田の1,2番コンビは非常に手ごわい選手だ。大谷の2桁勝利を阻んだアルツウーベ(アストロズ)や松原(巨人)に共通するのは小柄ながら攻守に秀でていることだ。それがなかったら大柄なパワーヒッターが多い球界では生きていけない。しかし中継ぎの好投でヤクルトが9-2と快勝した。オスナ、サンタナが不調のときはつながりが悪く得点になかなか結び付かないが、外人コンビの復調は大量点に繋がるので心強い。

今日のデーゲームで巨人が中日に敗れ、ヤクルトが勝ったため巨人との差を1ゲームとした。巨人の先発投手が下位球団の打線に序盤に先制され、打線がそれを逆転できないところが今の巨人の弱みである。ヤクルトは阪神を追撃するためには巨人に付き合ってるわけにはいかない。しっかり下位球団に勝たねばならないが、ヤクルトはそれができている。明日は巨人に連勝した中日戦が予定されている。明日はDeNAに阪神を倒してもらってヤクルトは中日に勝ってその差をちじめたい。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
今、優勝争いをしている上位3チーム阪神、ヤクルト、巨人にとって下位3チームに取りこぼすことが優勝戦線からの脱落ということもあり得る。それくらい下位にいる中日、広島、DeNAは上位球団とは約10ゲーム差があるがそれぞれ熾烈な順位争いをしていて上位3チームに拮抗するくらい勝負強い。

特に巨人がストッパービエイラの故障もあり、下位チームに苦戦している。直前のDeNAとの3連戦にあわや3連敗するところだった。かろうじて3戦目最終回同点に追いつき分けた。とにかくDeNAは火が付いたらホームランバッターが多いだけに怖い打線だ。

ヤクルトも広島戦に1勝2敗と負け越している。鈴木誠也の復調で眠っていたカープ打線に火がついたようだ。誠也がもう少し早く目覚めていたら東京五輪で日本はあれほど苦戦しなかっただろうが、やはり実力がある打者なので復調は時間の問題だった。

得点力がリーグで一番低いと言われる中日だが防御率は毎年リーグ一でエラーも最少、まとまったチームだ。昨日の対巨人戦10-1のワンサイドゲームで巨人に勝っている。阪神、巨人との対戦成績が悪いヤクルトとは対象的に中日はこの2チームとほぼ互角に戦っている。ただなぜかヤクルトに大きく負け越している。

下位球団との相性がいいヤクルトと悪い巨人、しかし直接対決で勝てないようでは最終的には脱落することは間違いない。とにかく下位も上位も関係なく目の前の相手に全力でぶつかって一つでも多く勝つことが最終的に頂点に立つチームだ。今日は五輪、パラリンピックで使えなかったホームに戻ってDeNA戦。勝利を祈る。


[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1