戦前の予想を覆す原の好投とそれを強力にサポートしたのがラッキーセブンに飛び出した塩見の3ランだ。5回裏の満塁で古賀のゲッツー崩れで1点先制するも、ベイスターズの強力打線には薄氷を踏む思いだった。喉から手が出るほど欲しかった追加点、そこで飛び出したのが塩見の値千金の3ラン。このところチャンスに結果がなかなか出てなかった男が大仕事をしてくれた。

7回から今永に代わりシャッケルフォーがマウンドに上がった。2死になったあと、古賀がヒット、宮本が粘りながら四球で出塁。目立たないが二人の地味な働きも見逃せない。特に代打ながら宮本の選球眼と出塁率、高打率は代打にしておくのがもったいない。それが塩見の3ランの手助となった。

今永に投げ勝って今季初勝利を手にした原の好投に感謝!全盛期のシュートのキレが戻った感じで、ベイスターズ右打者の胸元に喰いこむ球にかなりてこずっていた。青木の長打を刺した二つの返球はお見事だった。今永の2塁打は青木の後逸だったが、返球で刺せたのが良かった。

阪神が負けたので巨人が阪神に変わって勝率で首位に、そしてヤクルトがついに2位に上がった。しかし浮かれている暇はない。次のカード岐阜、大阪で巨人戦が早速待っている。巨人との3連戦に勝ち越さなければ首位はない。とにかく全員野球でぶつかって勝利したい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1