今回の対巨人との3連戦3タテはチーム力の差を、悔しいながら痛いほど思い知らされた。それと先発が序盤で打ち込まれると、つながりが悪い今の打線だと、どうしてもワンサイドゲームになってしまう。

3戦目のように先発が5回まで持ちこたえ、ランナーさえためれば同点、あるいは逆転のチャンスは期待できる。スワレスが初回の松原の先頭打者ホームランを許したときは、また序盤で勝負ありかとがっかりしたが、どうにか5回まで1点に抑えた。ところが6回表ランナーをためて岡本の一発を浴び、一気に引き離され勝負は決まった。

それにしても昨年もそうだったが岡本に出血大サービスの度が過ぎやしないかと思われるくらい他球団に比べヤクルト投手陣の岡本に対する失点が多すぎる。3試合で7失点だ。今年の岡本は特に塁上にランナーを置いての一発が多い。それもファールもなく一発でスタンドに放り込んでいるケースが多い。それが2位の村上に15点差をつけて打点1位の座を突っ走っている証である。逆に村上はランナーを置いてのホームランがなかなか出ない。それが打点の差に繋がっている。


前回オスナについて打つ際、極端に頭や顔が動くことを指摘したが、2回高橋の内角低めの難しいスライダーをたたいて同点ホームランを打ったくらいだから悪い癖とは言えないかもしれない。私が理想的なフォームだと思っているのが巨人の坂本である。構えからバットにボールが当たるまでのブレの無いスィングは見事である。彼が好調の時は全くどこへ投げても打たれるくらい隙が無い。オスナがひたむきなまじめな選手だけに、その努力が結果につながることのを願うあまり、どうしてもレベルアップを求めるあまり頭がせわし動くのが気になる。

さて今のDeNAは強い。交流戦3位が自信につながっているのだろう。4番オースティンが打撃成績トップに躍り出たばかりかホームランも量産している。ソトと共にチームをけん引している。打線に爆発力があるチームなので阪神に打ち負けない。先発さえ好投すれば今回のようにトップの阪神に3タテする力がある。今、力が落ちている阪神にこれまでの借りを返すチャンスだ。ヤクルトがAクラスに生き残るためにもこの3連戦は非常に大事になってくる。苦手青柳から初戦必勝を願う。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
石川、小川と左右のエース的な存在の2人が連日序盤でKOされワンサイドゲーム、力の差を見せつけられたゲームだった。交流戦ではパの最下位日ハムにも負け越した巨人打線に序盤大量得点を許しているようではとても優勝は狙えない。


初回、味方打線が2点を取りながら小川が下位打線大城に長打を許しすぐに同点にされ、3回には伏兵北村に3ランを喰らい、前日のゲームの再現。こうした一方的な展開になると、打線のつながりが悪いヤクルトにひっくり返す力はない。13安打10得点の巨人に対し、11安打放ちながらわずか3得点と効率の悪さを露呈している。

巨人打線は試合中もメモを熱心に取って相手ピッチャーのポイントをつかもうとしたり、次の打者へ申し送りをしているシーンをよく見る。また相手が極端な守備シフトを敷けば、丸のようにバントヒットを成功させるなど抜け目のない工夫で得点につなげている点など学ぶべきところが多い。

ウィーラー、岡本、坂本を1安打に抑えれば北村、大越などの伏兵に長打を打たれ、大量点を献上、先発投手が火に油状態ではこうした一方的なゲームなってしまう。その一方でヤクルトのクリンナップが今一つ機能してない。初打席見事な2塁打を放ち好調を思えた村上、ヒットはそれだけ。打率も落ちている。山田もよくなってはいるが好調とは言えない。オスナも好調が持続しない。打球を捉える際、顔が傾くクセがある。打率は悪くないのであのクセを修正すればもっと打てると思うのだが。

今日の先発はこのところ巨人打線に序盤で打ち込まれているスワレス。しかし意地でも3タテは許されない。スワレスの復調と打線の奮起を願う。雨の予報が心配だ。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
中日に勝ち越し、広島に3タテと交流戦以降、非常に順調に勝ち星を増やし今季最多の二けた貯金を達成し、単独2位の座を堅持できるかの大事な2位争いの緒戦で手痛い敗戦を喫した。

このところ好調だった先発石川が序盤2回大城、3回岡本に2ラン、3ランを相次いで喰らい5失点を与えてしまったのが敗因である。岡本の前に2人四球を与えランナーをためての一発が大量点に繋がった。それにしても村上と打点争いをしている岡本に4失点は痛い。特に得意の低めと外角球には要注意。いっぽうこのところ打撃好調で巨人戦に強い2番青木のスタメン外れによる打線のつながりが悪かったのも響いた。

今季初対戦の巨人メルセデスに対してこれまで結構打っていたはずだが、昨日は6回まで無得点に抑えられた。特に6回裏塩見のホームラン性のライト大飛球を梶谷に好捕されたのも不運だった。また7回の絶好のチャンスに村上のサード走塁ミスなどで1得点しか上げられなかったのが大差負けの結果を招いた。

また先発が左腕ということで結果が出てない西浦をスタメンに使うなどチャンスで得点にならないケースがあった。先発が左腕でも元山、宮本など打てるバッターをスタメンに起用してほしい。

下位に強くても上位2チーム巨人に2勝5敗1分け、阪神に1勝7敗1分けと相手にならないようでは情けない。今日の巨人戦とにかく死力を尽くして勝ちにこだわってほしい。戸郷のフォーク、ツーシームなど落ちる球のボール、ストライクの見極めがポイントになると思う。小川に7勝目を!
[Web全体に公開]
| この記事のURL
中日先発勝野には昨年勝利の4勝のほとんどがヤクルトから、そのくらい勝野はヤクルトキラーだった。序盤で先制すればヤクルトペースになったと思うが、主力が完璧に抑えられるとこのような展開になることは予想できた。

勝野のピッチングがよかったことは確かだが、中盤6回終えた時点で無安打に抑えられるとは予想だにしなかった。奥川が初回からナイスピッチングをしていただけに早い回に先制点がほしかったが、四死球で得点圏にランナーを進めながらタイムリーが出ない。

0対0で迎えた7回2死から古賀の代打宮本が勝野から初安打を放ち塁に出ると、これまた代打川端がランナーを一人置いて値千金の2ランホームランをライトスタンドに叩きこみ、ようやく先制点を挙げた。

それにしても先発メンバーが誰一人ヒット1本打てない中で代打宮本がチーム初安打を放つと、これまた代打の切り札川端が内角低めに落ちるスライダーを見事にとらえた。6安打を放った中日に対し先発メンバー無安打の劣勢の中で2人の代打によるわずか2安打で勝利をもぎ取った劇的なゲームだった。

投げては奥川が7回を中日打線をわずか散発4安打無失点に抑える好投が光った。スライダーのコントロールも冴え、ランナーを出しても併殺打で討ち取るなど随所に成長のあとがうかがえた。ただ巧打のスペシャリスト大島にはどこに投げてもヒットにされてしまう。小川も大島一人に全打点を奪われた。大島の場合、ピッチャーが投げた球に対してどの角度でバットを出せばヒットになるかを想定して打っているようだ。8回表清水が福田にソロホーマーを浴び、1死1点差、ランナー1塁のピンチで代わった梅野がビシエドの打球がもう少し上がっていたら奥川の3勝目は消えていた。元山の好捕で事なきを得た。
厳しい場面で梅野が抑えたのが大きかった。

前日、ファールで負傷、途中交代した中村が終盤古賀に代わってマスクをかぶり、元気な姿を見せたのを見てほっとした。今、中村は捕手として大黒柱であり打撃面でも好調さを維持しているので、チームにとって不可欠な存在である。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
雨が降ったり止んだりの不運な条件でのゲームだったことを考えると先発小川を責められないが、それは相手の小笠原にとっても同じ条件なのでいいわけにはならない。ただ言えるのは序盤から中盤にかけての小川らしくない、粘りのピッチングができなかったことが悔やまれる。

特にランナーを2,3塁において二度とも同じバッター大島に長打を浴び、この日の自責点4を大島一人にやられている。巧みなバットコントロールで1,3塁線際に打ち分けられている。中日というチームはセリーグの中で最少本塁打数でヤクルトのほぼ半分しか打っていないがここぞというとき、打線のつながりがいいチームである。

自らのバットで一度は同点に追いつきながら再度逆転を許した小川の出来が今一つだったが、4回で小川を諦めた時点で結果的に敗色を加速させた。ただ小川だけに敗戦の責任を負わすには酷である。2回、5回と再度の満塁のチャンスを生かせなかった打線の責任も大きい。

心配なのは試合中バッターの強烈なチップをマスクごしに顔面に受け負傷交代した中村の状態だ。前日は柳の難しい落ちる球に素晴らしい対応を見せ3二塁打を放つなど今打撃絶好調の中村の負傷が大したことがないことを願う。いずれにしても今日は先発奥川なので古賀がマスクをかぶるだろうが。


ヤクルトの中継ぎの大西、石山が追加点を許すのとは反対にヤクルト打線は6回以降中日の中継ぎ抑えにほとんど音無し。最終回代打元山のヒット1本だけ。4連勝中のチームとは思えない覇気にかけるゲームだった。巨人が阪神に勝ったため単独2位はわずか一日、同率で並ばれた。今日は奥川が先発、打線の援護射撃で先取点を取り、奥川を楽な気持ちで投げさせたい。勝利を願う。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

15件中 1~5件目を表示


1 2 3 >>