わずか8度という厳寒の晩秋の神戸ほっともっと球場のナイターのグランド、ここで日本シリーズ第6戦が行われた。試合は1-1のまま延長戦へ。12回表ヤクルトが2死から塩見がヒットで出塁、捕手ののパスボールで2塁に進塁、代打の神様川端の左前打で塩見が生還1-1の均衡を破り2点目を上げ2-1として、その裏マクガフがオリックスの攻撃を0に抑え、ヤクルトが5時間の熱戦の末20年ぶり日本一を決めた。

マウンドに集まった選手たちが号泣していた。村上、山田、青木、中村悠平、川端が。緊張感と必死でつかんだ日本一。その苦しさから解放された途端、涙腺が緩んだ。日本一の思いが強かった選手ほど感動は人一倍強いはずだ。

日本一を祝福する高津監督の短い挨拶の後、見るからにガッチリ型のパワーがありそうなスワレスが高津監督の胴上げの先頭になっていたのは素晴らしいシーンだった。そういうところにも外国人選手のバースデーを祝うファミリー球団の絆が強いことを感じ取った。

MVPには中村悠平が選ばれた。しぶといオリックス打線を抑えるため、一人で投手陣を引っ張った。オリックスが圧倒的に有利という下馬評を覆し堂々4勝2敗でチームを日本一に導く原動力になった。そして澤村賞の山本由伸から初戦で唯一の得点を奪いシリーズ3割を記録した功績はMVPにふさわしい活躍だった。

オリックス打線で特に印象に残ったのは1番福田の選球眼とバットコントロールの上手さと2番宗の落ちるボール球でもヒットにする上手さ、そしてまだ19歳という若さの紅林のローボールを捉えるバットコントロールの上手さである。石山の難しいフォークを捉えた際、普通の構えからバットのヘッドを下から出しながら決してアッパースィングにならずに確実に捉える技術は凄い。しかも短期戦の日本シリーズで318厘という高打率がそれを示している。

日本シリーズが始まる前の野球解説者の大方の予想は今季4冠を達成し、澤村賞に輝いた山本由伸擁するオリックスが日本一になるというものだった。私は以前のブログでも書いたが、山本一人で連投するわけではないので山本がいるからといって日本一になれるとは限らない、と述べたが結果的には正しかった。

今回の日本シリーズは6戦でそのうち5戦が1点差の試合、1試合だけ2点差だった。それだけヤクルトとオリックスのチーム力の差がなかったことが言える。2019年、20年はソフトバンクと巨人の日本シリーズだったが、2大会とも巨人はソフトバンクに1勝もできずに終わっている。あまりのも盛り上がりに欠ける日本シリーズが2年続いただけに今年の日本シリーズは接戦でとても面白かったと言ってくれる人が多かった。特にヤクルト、オリックス以外のファンの人たちをも好評だったのは嬉しく思う。改めてヤクルトの日本一を心から喜びたい。おめでとう!
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1