第5戦は8回裏山田の起死回生の3ランがとびだし、5-5の同点に追いつきながら9回表マクガフが先頭打者代打ジョーンズにソロホーマーを浴びて勝ち越され、結果的にその1点が決勝打となり惜しくも敗れた。ヤクルトは先発投手陣はよく抑えているのだが、中継ぎが同点、逆転を許すケースが多い。

ホームランバッタージョーンズに対し、2ボールの後投げた真ん中高めややインコースのストレート(ストライク)は、失投としか思えない。ホームランバッターに高めストレートを投げるならインコースぎりぎりならまだしも少し甘くなるとホームランボールになってしまう。日本シリーズでは代打で5打席1ホームラン、1四球。あとの3打席は三振に倒れている。打たれたホームランと三振に討ち取った球種をしっかり検証した上で今後のジョーンズに対する攻め方を考えるべきだ。低めに落ちるボールの方が無難だったはずだ。

日本シリーズ3勝1敗のチームが日本一の確立は今までのデータによれば8割以上だというから勢いで決めてほしかったが、4回裏村上ソロで勝ち越しながら、6回表田口がT-岡田に同点にされ、7回表石山が逆転打を許してしまった。石山の紅林に投げたフォークなどは外角低めの非常にいいコースに投げたにもかかわらず大振りせず、フォークをしっかりミートしてヒットにしていた。オリックスの打者は低めの球への対応が非常によくできている。宗などはバットのヘッドを低い位置から出し、地面スレスレのボール球のフォークやスプリットをヒットにしてしまうテクニックを持っている。それが1点差ながらヒット数ではヤクルトの倍打っているところにも表れている。前日好投した石山だったが太田、モヤに対しては外角ギリだったが高さが打ちごろだったのが悔やまれる。

第6戦の舞台は神戸ほっともっと球場。晩秋の屋外のナイターは寒さが心配だ。オリックスの先発はエースの山本が予想される。前回は球数を投げさえ、6回でマウンドから降ろすのに成功した。フォークとストレートの見極めをしっかりできるかがカギになるだろう。ベース上でストライクから鋭く落ちてボール球になるフォークに対応するのは難しい。十分対策を練って前回の反省点を克服したい。前回、山本から貴重なタイムリーで唯一得点をたたき出した中村悠平のときランナーを得点圏に進めることができるかがポイントになろう。

3勝1敗で王手をかけながら最終戦までもつれると相手に勢いを与えてしまう。その意味でも今日のゲームで何が何でも日本一を決めたい。第5戦でヤクルト主力の3,4番にアベックホームランが出た。ようやく目を覚ました山田の地元神戸での一発を期待したい。第1戦での負傷で途中交代した宮本が復調したようだ。今日のスターティングメンで宮本の攻守にわたるひたむきなプレーを見たい。投手陣としては日本一まであと1勝なのだから勝機と見たら1イニングでも先発投手も投入すべきだ。必勝を願う。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1