時間が遅くなったので手短にまとめたい。
先発小川は前回の反省をいかし、球威もあり4回まで巨人打線を0に抑えた。

ハーラートップの巨人高橋から序盤3回に先取点1,そして4回にも西浦、サンタナに連続ホーマーがとびだし、4回終わって3-0とリードし、序盤で主導権を握ったのがよかった。

ただ中盤5回、6回と1点づつ返され、1点差とされた。5回には丸2塁打、大城のタイムリー、6回は若林のヒット、坂本の2塁打でわずか1点差となった。この回の2塁打についてはスライダーの落差のといい、あの球を打たれたら、諦めるしかないと言えるタイムリーだった。

小川のフォークやスライダーの精度は素晴らしいところに決まっていた。それでも坂本の好調さには圧倒された。あの低めのスライダーをあわやホームランというあたりをとばす坂本には脱帽である。

僅少差で7,8,9の3回を抑えるのは厳しかったが、中継ぎ抑えがそれぞれ持ち味を生かして1点差を守り切った。特に8回から投げた清水の内容が素晴らしかった。絶好調の坂本からズバリストレートで仕留めたシーンは圧巻だった。


[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1