DeNA,阪神を連続3タテし、6連勝中の広島に1勝もさせなかったのだから、連勝がストップし、DeNAに連敗したときは心配したが強いヤクルトは健在だとみていいだろう。

ヤクルトが苦手とする森下に今日は1,2番がいきなり初回にチャンスメイク、無死2,3塁という絶好のチャンスをつくり、今一番好調の山田が初球を外野犠牲フライで先制、1死2塁のチャンスで村上、オスナ、中村と続けばもう1点は手堅く取っておきたいところだったが。村上は三振、オスナもピッチャーゴロに倒れ、1点のみ。

今日の森下はコントロールも安定せず、先頭打者を出すことも複数回あったり、チャンスは何度かあったが、なかなか追加点が奪えなかった。わずか1点リードの中でベテラン石川の我慢のピッチングが続いたが、6回裏、堂林、西川に連打されたあと、坂倉にタイムリーを打たれ同点にされた。さらに無死1,2塁のピンチで石川に代わり大西がマウンドに。大西は菊池にバントをさせず1死後、松山を併殺に打ち取りピンチを脱する。

ここでヤクルトは勝ち運が強い今野を昨日に続き登板させ、勝利をかけた。8回広島は森浦にピッチャーを代え、2死2,3塁でサンタナは粘りフルカウントの末、タイムリー2点打を放ちやっと勝ち越しに成功した。昨日の豪快なホームランに続きようやくサンタナが復調したことはチームにとって大きい。さらに9回表2死からダメ押しとなる青木のソロホーマーがとびだし4-1とした。そのリードを9回昨夜に続きスワレス兄貴がランナーを二人出しながらも変化球を交え1回を0に抑え、初のセーブポイントを上げた。

巨人、阪神6連戦を前に清水、マクガフを休ませる狙いがあったと思われる。今日も阪神は勝ち巨人は分けた。目下阪神との差が1,巨人との差が5.5。阪神戦が大事な天王山になる。奥川を当然阪神戦にぶつけるだろう。とにかくチーム一丸勝ちにこだわりたい。



[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1