序盤は投手戦だったが、ヤクルトが中盤の4回無死満塁のチャンスをつかんだ。しかし主力の村上、オスナが三振。無得点に終わるのかと思ったところで昨日の決勝打を打った中村が2死から見事先取点となる2点タイムリーを放った。

その裏カープも4番誠也の二塁打、菊池のタイムリーですぐに1点を返した。五輪出場時は不調だった誠也、今ホームラン、打率共にまさにチーム不動の4番の働きをしている。

6回表山田の2ラン、サンタナの3ランで7-1とビッグイニングをつくりカープを引き離した。サンタナについてはフェンス激突負傷後、三振が多く先発メンバーから外して宮本を使うべきだと思っていたが、相手投手が外人ということもあったか低めの球を見事に捉えた一発だった。

7回にもキャプテン山田の外野フライ犠飛で1点を追加、8-1と楽勝ムードだった。大量点をもらった7回裏の高梨の大胆なピッチングで三者凡退に抑えたのを見れば8回も投げさせたいと思うのも無理もない。

しかしさすがに100球を超えた時点で球威が落ちたと見えて代打堂林、小園にヒットを打たれた後、西川に3ランを喰らい8-4とされた。さらに代わった星がランナーを2人出し、菊池にタイムリーを浴び、8-5と3点差にされ楽勝ムードは一転した。しかしながら代わった田口、石山がその後のカープの攻撃を断った。そしてラストにスワレスを持ってきた。コントロールが求められる中でまず先頭打者を無難に討ち取り、弟顔負けの156キロの速球と球威でカープ打線を三者凡退に抑えたスワレス兄貴に拍手を送りたい。


7回まで安定したピッチングでカープ打線を5安打1失点に抑えた高梨の力投を称賛したい。本来、7回までにすべきところを引っ張り過ぎた首脳陣の責任。夏ファームで鍛えた成果が顕著に表れ、高梨に安定したコントロールと球数を大幅に減少させた。



9回表2死1,2塁で打席が回ってきた村上に、このゲームようやく5打席目でタイムリーが出て9-5と再び4点差とした。絶好の無死満塁で三振に倒れるなど、不調が続いた村上、このヒットを機に徐々に復調していってもらいたい。さいわいキャプテン山田、オスナ、中村などが好調なのでカープに連勝できている。そこが打の方で村上しか頼れなかった昨年と違うところだ。もちろん今季は投の方でも先発、中継ぎ、抑えの頑張りもあって。

阪神、巨人が今日も勝っているだけに本当に勝ってよかった。ヤクルトの優勝対象チーム阪神との敗戦差が現在7でヤクルトの残り試合が21。単純計算でヤクルトがあと15勝すれば阪神は追いつけない。それより常に「一戦必勝」を合言葉に一戦一戦を勝利に向かってぶつかってゆくことが一番だ。明日の先発は森下と石川。前回の代打陣の活躍で森下の勝利を阻んだ。森下対策を徹底して試合に臨め。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
打線のつながりの悪さを思うと今ヤクルトが優勝争いのトップにいるチームとは考えられない。いつも言うように序盤に得点を上げられない試合、さらに相手に先取点を許した(DeNA戦など)ゲームは打線が沈黙し苦しむ試合が多い。

そんな中でこのところ味方打線が先取点を取りながら、先発して信用を裏切るピッチングが続いていた原樹里が初回エラーによる失点を許しながらも、6回までカープ打線をわずか1安打77球という見違える好投を見せた。DeNA、阪神を3タテし、6連勝中のカープ打線をこれだけ抑えているのだから間違いなく評価できるピッチングである。

いっぽう再三言うようだが主力打線のつながりが悪く得点力が悪い中で一時はボールに手を出し不振だったオスナのDeNA戦に続く働きがチームの再逆転に繋がった。6回表2死満塁でタイムリー逆転2点打、7回裏カープに3点を入れられ逆転された8回表1死3塁にランナーを置いての同点に追いつく3塁打。続く中村のタイムリーで勝ち越しに繋がった。

最年少100号、100打点と球史に残る素晴らしい記録には頭が下がる思いだが、熾烈な優勝を争いをしている今、チャンスに村上の一押しが求められる。一時2割8分8厘まで打率が上りそのまま3割、岡本のホームラン数を抜く勢いだったが、再び2割7分台に下がった。特に第1、2打席目の長打率&ヒットと中盤、終盤を比較すると疲労により集中力がおちてしまうのか後半の村上は著しく成績が落ちるのが分かる。8回表無死1,2塁でケムナの暴投でランナー2,3塁に進塁していたので内野ゴロ併殺を免れたが、ケムナの暴投がなかったら併殺で村上の打点はなく、中村の勝ち越しにはつながっていなかったと思う。

粘り強いピッチングを続けた樹里、最終的に打たれはしたが次につながる内容だった。104球投げた樹里に勝ち星がつかずわずか1球で勝ち星を手にした今野、本当にラッキーなピッチャーだ。

阪神、巨人共に勝っているので落とせないゲームだっただけにどうにか勝ててよかった。このゲーム負けていたら、そのまま脱落し阪神に首位の座を明け渡すところだった。一戦必勝という言葉を一人一人の選手が心に戦ってもらいたい。「優勝」をたぐり寄せるためには気持ちだけではダメ、結果を出さねば。連勝を願う。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1