今日のゲームは何と言っても山田の満塁ホーマーを含む4安打と小川の好投に尽きる。何度も言うようだが、今のヤクルトの勝利の条件は打線が5点以上得点して、先発が7回まで2,3点以内に抑え、セットアッパー、抑えがそれを守り切る、という今日のようなパターンしかない。

その意味ではこのカードの初戦大喜が6回2失点と好投しながらセットアッパーにつなぐ7回1イニングを任された星が4番佐野にストレート(150キロ)をど真ん中に投げて満塁弾を叩き込まれて試合をぶち壊してしまったわけだが、打線も2点を上げるのがやっと5点には及ばないのだから6点を上げたDeNAに負けていたことになる。

負けているゲームはどこのチームも同じかもしれないが、投打のバランスが悪い。まあヤクルトの場合、先発が5回までに3点以上得点を許すと、中継ぎが長い回を0に抑えきれずさらに追加点を許して大差で負けるパターンがほとんど。

それに昨日のゲームでも無死でランナーに出てもバントをさせて得点圏にランナーを進める意図もなく、強硬策で併殺に終わるケースがままあった。2点のビハンドくらいなら無死でランナーが出たらまずランナーを進めて1点でも得点の可能性を狙うという野球をなぜしないのかと思った。それとベイスターズの捕手は今日の峯井、昨日の戸柱にしてもヤクルトの走塁を一度も許さなかったのに対し、昨日、一昨日ヤクルトの捕手はDeNAのランナーを一度も刺せなかった。こうした差が失点に影響している。

昨日、一昨日と4番佐野にいいようにヒット、得点を許したのが敗因に繋がった。今日の小川は2本のソロホーマーを浴びたが失点はそれだけ、DeNAのクリンナップに長打を一本も許さず、佐野を完璧に抑えた。一方、村上が3本ヒットを打ち首位打者に躍り出る援護射撃をしてくれたのはありがたい。

連敗はストップしたが小川に続く投手がいない限り、あるいは相手がエース級の投手が来たら得点を取るのさえ厳しい。先のことを考えたら暗くなるばかり。とにかく一戦必勝でチーム一丸その日のゲームに全力で当たるしかない。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
前回DeNA戦、ノーヒットノーラン男小川がこのゲーム初回先頭打者に近本にいきなりヒットを許し(これは近本を褒めるしかない。地面スレスレのボール球のフォークをヒットにしたのだから)、進塁を許した後、サンズにタイムリーを浴び先制されるという嫌な展開だったが、それでも崩れないのは小川の安定感と精神的な強さにあるのだろう。その裏、最近ホームランが多い坂口が先頭打者ホーマーで同点に追いつき、2回裏小川自らタイムリーを放ち2-1と勝ち越し。小川は他の普通の野手以上の読みと集中力があると思う。バントをさせてもうまいし、秋山に他の野手がなかなかヒットを打てなかったり三振を喰らっている中で打者としても本当に頼りになる。

秋山に追加点を上げられないまま中盤5回表小川が同点にされ厳しい展開だったが、6回秋山がマウンドから降りたのが幸いした。かっての150キロ近いストレートを投げていた頃と違い変化球とピッチングの上手さでかわすピッチングの秋山に主力の青木、村上も手を焼いた。しかし2番手ガンケルから7回坂口の勝ち越し打で1点リード、このゲーム2点目の貴重な得点は勝利につながった。さらに8回裏の山崎の犠飛による追加点が結果的に勝利を決定づけた。

もちろん中継ぎ清水と抑えの石山の盤石の投手リレーがあったからこそではあるが、最下位転落の危機を救ったという意味でもこの勝利は意味がある。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
先発クックが阪神打線の1,2番をわずか3球で討ち取るという幸先のいい出だしに出来過ぎと思いながらも、先発不足に悩んでいたヤクルト先発陣のひょっとしたら救世主になってくれるかも、夢を抱いたが、その後の四死球と3ランであっという間に、現実に戻された。

サンズへの死球のあと大山は外角ストレートを完璧に読んでいた。そこにおあつらえ向きの球がくればホームランバッターが逃さないわけがない。2回から変化球を多投してうまく2,3回は0に抑えた。

ところが二巡目になると阪神打線が変化球に順応し、長短打をクックに浴びせ、瞬く間に4回表3点の追加点を上げ、中盤にしてまたもや6-0と大きくリードを広げた。おそらくクック自身、打者の対応力1,2軍の差を感じたことだろう。ただいくら打撃がいいといってもピッチャーの西に2塁打を許すようではダメ。

相手の先発が西だけに6点リードされた時点でワンサイドゲームを覚悟せざるを得ない。とにかく変化球が多彩でしかもコントロールがいい。これまで西に当たらなかったこと自体ラッキーだったということだ。

中盤が終わった時点で初回の山田のヒット1本では全く歯が立たない。こうなると期待は村上の一本だけ。7回裏このゲーム3度目打席でその場面がやって来た。インコース低め膝もとの西のチェンジアップをバットの真芯でとらえた打球はライトスタンドの上段まで届いた。入団3年目の二十歳にしてこの対応力には恐れ入る。

100球をオーバーした西は7回でマウンドを降りた。残すところ2イニングで6点差は厳しい。8回裏ヤクルトは2番手尾仲に1死満塁と攻め、代わった岩貞の真ん中低めのスライダーを青木がグランドスラム。さすがキャプテン青木のここ一番の集中力は半端でないものがある。一気に5-7と2点差と詰め寄った。こうなると村上にも期待したが、打ち気にはやったか粘りながらも内角大きく落ち気味のスライダーにバットが空を切り三振。

最終回、2死1,2塁でホームランが出れば劇的サヨナラという場面で再度青木に打順が回ってきた。ピッチャーは阪神抑えのスワレス。ボール1からスワレスが投げた2球目の低めツーシームを捉えた青木の打球はセンター方向に伸び、あとわずかでスタンドインというところで失速、外野手のグラブに収まり、チェンジ。ワンサイドで敗戦ムードだったゲームをここまで追い上げたのは必ず今日に繋がることを信じたい。今日の勝利をノーヒットノーラン男小川に託したい。

*2位以下混戦状態になっているセリーグ、その中でしばらく低迷していた中日が3位に上がり2位を脅かす勢いだ。キューバ出身のロドリゲスの一軍入りが大きな力になっているし、見るからに球威のある球は横浜打線も5回までノーヒット。それにエラーが極端に少ない堅実な野球が強みだ。ビシエドといいキューバ、南米の優れた選手を獲得する術を球団側は持っているようだ。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
直前の巨人戦三試合連続無得点、1点を取るのに四苦八苦している元気のない打線という印象が強かった、その阪神打線に序盤で6点献上というのだから、今のヤクルトの戦力というのがいかに厳しいかを物語っている。それにしてもこのところヤクルト投手陣の先発の内容が悪すぎる。中日戦然り。

しかしゲーム内容は阪神の猛打爆発と言うのでなく拙守と判断ミスが重なったようだ。これまでの大喜の投球を見ても集中打を浴びるタイプではないだけに。(映像は見ていないので詳細は不明)野村元監督が一番嫌がる野球内容だ。身体的にも一番しんどい季節だけに、あまり言いたくないが、それはどこのチーム同じ条件で戦っているのだから・・・。

前日の中日戦で投部に死球を喰らった村上、その後にダブルスチールを成功させるなど全く死球の影響はなさそうなので安心したが、打撃面でどうかという不安は残った。しかしそれを払拭する複数安打、その一本は逆方向へのソロホーマー、頼もしい限りだ。

その村上の守備位置、これは小川前監督時代からの課題だが、できれば村上を一塁に固定してほしい。現状では西浦が出ている場合、三塁西浦固定だが、西浦、山田がいない場合、宮本を二塁、坂口を一塁にして村上を三塁ということが多い。宮本も三塁守備がある程度慣れてきているので村上よりはいいと思う。廣岡がもう少し打撃が好調なら三塁で宮本が二塁でいいのだが。エラーと言わないまでもちょっとしたミスが失点につながり投手の足を引っ張ることになるし、守備位置を固定した方が不安が解消され、打撃面でもプラス要因になると思う。

以前なら粘られると自ら暴投やコントロールを乱して自滅ということが多かったが、今シーズンの藤浪は制球難を完全に克服している点が、4-6と一時は2点差までヤクルト打線が追い上げながら同点にできずに藤浪の初勝利に繋がった要因だろう。ただヤクルト側から言うと、度々チャンスがありながら打線のつながりが悪くもう一押しができなかったのが敗因と言えよう。猛暑の中での熾烈な順位争いが続く。1勝1敗が順位を目まぐるしく変える今、1勝が非常に大事だ。勝利を願う。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
先発高梨が中日打線を0に抑えているうちに先制点を、願ったが柳の前になかなか先取点が取れない中で3回表ついに高梨が先取点を許し、4回にも坂口のエラーをもとに3塁まで進まれ、2点目献上、これで3戦いずれも中日に先制点を許したことになる。

この悪い流れを返上させたのがエラーをした坂口だった。4回裏悠平を一塁に置いての2ランで同点、この2点が悪い流れを結果的に断ち切る原動力になった。次の回も青木、西浦のソロが飛び出し5点追加、7-2として一気に5点差をつけた。

このところさっぱりホームランから遠ざかっているヤクルト打線、小刻みに単打で得点しているアクルトに対し、DeNA、中日は長打の一発で点差を広げられ、あっさり点差を広げられることが多かった。3本のホームランなんていつ以来のことだろう。

それに今日から復帰した悠平のラッキーなエラーを含む全打席出塁が大きかった。打てる捕手が求められる中でヤクルトにとっていきなり結果を出してくれた悠平にありがとうを言いたい。

どうにか2失点に抑えて勝ち投手になった高梨、球数が6回で100球を大きく超えていた。7回投げたマクガフ、8回の長谷川との球威の違い、球のキレの違いが打者に粘られ、球数の多さの要因だった気がする。マクガフ、長谷川いずれもコントロールがいいときは安心して任せられる。9回投げた大西、いきなり先頭打者に二塁打、四球、四球で無死満塁。5点差あるからとあのまま任せたらひっくり返されていた可能性あり。しばらく僅差ゲームがなかったことを考えれば、石山を最初から投げさせて正解。ラミレス監督のように0-9で負けているときでもセットアッパーの切り札エスコバーを使うという、過剰酷使も心配だが、温存し過ぎて勝てるゲームを落とすことにもつながるので注意してもらいたい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

16件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 >>