昨日のゲームは1点先制されたが、6回巨人のエース菅野から一挙5点入れて逆転しながら、終わってみれば再度逆転を許し悔しい1点差負け。今日は逆に初回2点リードを上げながら、昨日同様6回に大きな動きがあり、疲れが出てきた小川に巨人の岡本、パーラのホームランで2-4と逆転を許した。

こうなると連敗の悪い流れになりがちだ。しかしその悪い流れをストップさせるきっかけになったのは村上の大きなソロホーマーだった。今季の村上は昨年のような何でも大振りしてアウトコースの球でも無理に引っ張りにかかり三振に終わるというケースが減った。今年の村上はアウトコース寄りの球はしっかり流している。大きな成長である。こうしたバッティングができれば打率も大きく落ちることはない。

好調坂口が自身の好調の一つの要因にバッターボックスの後ろの方に構えるようにしたら結果が出ているという言葉を参考にしてもらいたい。つまり変化球などは捕手のミットに収まる直前で大きく変化する場合があるのでバッターボックスの後方に構えていた方が球の見極めがしやすいということになるからだ。

一死満塁のチャンスに代打の青木が宮国から値千金の逆転2塁打を放ち、2点を追加し5-4と一気に逆転した。ヤクルト打線はさらに手を緩めることなく満塁として山田が勝利を確実なものとすべく満塁弾を叩き込み9-4と大きく引き離した。

この後の継投が大きな勝敗のカギを握るため課題の7回を誰が投げるか注目したところ、清水が3番手として登板した。清水は先頭打者尚輝にヒットを打たれたものの亀井を併殺に討ち取り7回を危なげなく0で抑え、さらに首脳陣は思い切って清水を続投させた。その信頼に応え清水はほぼ完璧に巨人打線を抑えてくれた。

そして最終回、若手左腕速球派長谷川が登板、この日のMAXが151キロをマーク、緩急をつけながら投げ込んだ。球が速くても簡単には討ち取れず、石川、岸田という若手にタイムリーを許し2点返され、なおも2人のランナーを置いて大城、最後は三振に討ち取りはしたが1イニング4本のヒットを許し、どうにか勝利は手にしたが、ランナー2人置いてホームランで同点、ハラハラした。とにかくこの勝ちは大きい。

岡本と村上という若き二人の好調4番バッターの打席が非常に興味を引いた。岡本4本、村上3本のマルチヒット、しかも二人共豪快なホームランを放っている。昨年から小川が岡本からよく打たれている。今の岡本にはアナが見当たらない。第三戦もこの二人から目を離せない。






[Web全体に公開]
| この記事のURL
1点をリードされた6回裏、山田2ラン、村上2塁打、山崎、嶋のタイムリーなどで巨人のエース菅野から一気に5点を奪い、5-1として石川の今季初勝利間違いなし、と思ってシャワーを浴びて戻ると、7回表から登板した梅野がボールが高めに上ずり大城にはフォークを三振振り逃げ、続く吉川、亀井に打たれて1点献上。

さらに8回から登板したマクガフがランナーを2人置いて中島に2塁打され、5-4と1点差に詰め寄られたところでストッパー石山に交代。どうにか石山は8回を1点差で抑えた。

回をまたいで9回も続投した石山は途中から出場の吉川尚にこの回先頭打者ヒットを許し、うるさい亀井を内野ゴロに抑えたが2塁への進塁を許し、1死2塁で石山が投げた3球目の見逃せばボールくさい低めに沈むように落ちたスライダーが膝を折り低い構えの重信が振り下ろしたバットの真芯に見事に当たり、放物線を描いてスタンドに打球は消えた。打ったというより振り下ろしたら当たった、と言った方がいいくらいで師匠の青木でさえ真似ができないバットコントロールだったと思う。解説の江本氏も決して悪いボールではないと言っていたように失投とかいう問題ではなかった。

やはりこれまで戦った中日、阪神と比較して巨人打線のレベルの違いを感じる。吉川尚、亀井のような選手が先発メンバーから外れ途中出場でこれだけ打てる。ヤクルトの勝利の方程式であるマクガフー石山も3点差をもろくも簡単に粉砕してしまう打線、開幕4連勝も頷ける。巨人打線は本格派投手より、石川のようなコントロール重視の技巧派投手の方を苦手に感じる。それだけにこのカードの初戦がをどうしても取っておきたかった。明日のリベンジを信じるしかない。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
先発秋山と高梨の好投で中盤まで0-0の緊迫したゲームが続いた。
特に高菜は今年に入ってオープン戦で昨年と見違える好投をしてきた。その好調を今日のゲームでいかんなく見せてくれた。昨年と一番違うのはコントロールの安定感である。

7回裏無死1,2塁の絶好の先制点のチャンスに雄平を上田に代え、上田が犠打でランナーを2、3塁に進塁させたところまでは想定内だったが、左の岩崎ということで山崎を荒木に代える必要はなかったのでは、と個人的に思った。山崎は左腕を苦にしないし、これまで結構成績を残しているだけに、好調を維持していたのでそのまま使ってほしかった。そのあとエスコバーにセーフティースクイズを命じたのはあまりにも消極的すぎた感は否めない。

チャンスの後にピンチあり、と言われるようにこれまで高梨好投でチャンスらしいチャンスをつかめないまま8回表、代わったマクガフからこの回の先頭打者梅野がいきなり先制となるソロホーマーを叩き込んだ。マクガフが3ボール1ストライクとカウントを悪くし、ストライクを取りに行った球を狙い撃たれた感じだ。高梨が好投していただけにこの一発は悔やまれる。

8回裏、昨日好投し今季初勝利を上げたスアレスの弟が出てきて0で抑えられ益々敗戦色が強くなった。MAX154キロ出ていた。9回先頭打者山田が外野フライに倒れ、1死から渡辺が四球でランナーに出たが、一発がある村上が藤川のストレートに空振り三振に倒れたときは完封負けを覚悟、ところが上田がしぶとくヒット、ここで代打の西浦が登場。その西浦がまさかの代打サヨナラ3ランを放ち、このゲームに劇的なピリオドを打った。

そしてマクガフの後を受けて9回表から1イニング0に抑えた長谷川がプロ初勝利を手にした。おめでとう!ソフトバンクの育成選手で今年から新天地ヤクルトに移籍したばかり、貴重な左腕の中継ぎ速球投手として今後も期待したい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
そっくり昨夜の逆のようなゲーム展開で今夜はヤクルトの完勝に終わった。やはり先発投手の出来次第でゲームの勝敗が大きく左右することを改めて感じた。

映像でみたわけではないが、阪神の新外国人ガンケル投手はコントロールがまとまっていて負けはしたが大崩れはしないピッチャーだと思う。勝因はヤクルト先発のスワレスの出来が格別よかったということだ。そして初回の先制となる3点が大きかった。

スアレスは昨年、巨人戦にいきなり好投して勝ち投手になり、期待していたところ、上半身の故障でほとんど出場しなかったのでそのまま今季の契約はないのでは、と思っていたら残留したので驚いたが、故障がなければこれだけ投げれる投手なのだから怪我に気を付けて頑張ってもらいたい。体重100キロ以上あるが、動きも鈍くないし、球質が重そうでホームランもそう打たれないだろう。昨夜阪神の中継ぎで投げたのがソフトバンクから移籍した弟スアレス、ヤクルト戦以外は頑張ってもらいたい。

ヤクルト打線では昨年怪我に泣いた1番坂口が非常に好調、選球眼もよくてヒットもよく出る。うってつけの1番バッター。調子を落としていた山田、青木にマルチヒットが出たので一安心。何と言ってもこのゲーム山崎の活躍が光った。4打数3安打2打点。小柄ながらパンチ力もあるし、昨夜も青柳から唯一のヒット(2塁打)をピンチヒッターで出てきて打てるところがすごい。それに足も速いし、守備もいい。村上に今夜は快音が聞かれなかったのは残念だが、昨年より選球眼は良くなってきている。あとはそれぞれの投手の癖をしっかり頭に叩き込みいかに対応できるかだと思う。

今夜は5点差だったのでマクガフ、石山を温存。僅少差で勝ちパターンで使うには梅野より清水の方が今の段階では上ではないかと思う。明日は高梨と秋山が先発、序盤の先取点争いがカギだと思う。このカードの勝ち越しを期待したい。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
最終回に4番村上のタイムリーでやっと零封は免れたものの阪神との今季初戦は1-4で完敗。阪神のワンサイドゲームといった内容だった。

それにしてもヤクルト打線が阪神先発青柳を打てなさ過ぎた。それも3回までノーヒット。4回裏途中出場の山崎の無死2塁打が初安打で唯一青柳から奪ったヒット、これまで何度も対戦しながらこれほど打てない打線では・・・。ヤクルトに同じタイプの山中浩史というアンダースローがいるんだから青柳対策をもっとできなかったのか。

ドームで巨人に開幕3連敗の阪神にワンサイドゲームといった内容のヤクルト、これでは悔しいながらも野球評論家諸氏のヤクルト最下位順位も文句は言えない、と言いたくなる。巨人に3連敗した阪神、その阪神にこれではヤクルトが巨人相手のオープニングカードだったらどうなっていただろう。始まったばかりのペナントレース覇気を出してほしい。

開幕からずっとホーム球場でゲームができることの幸運さをゲームに出して、それに応えるようなゲームをファンは期待している。明日は全員野球で勝利を勝ちとってもらいたい。がんばれヤクルト!
[Web全体に公開]
| この記事のURL

6件中 1~5件目を表示


1 2 >>