初回、ランナーを一人置いて塩見の2ランで先制し、4回には廣岡のソロで3-0と着実に加点していい展開に持ってきたが、勝ち投手の権利がかかった5回ウラ高橋が代打平田にソロ、マルチネスにタイムリー2塁打を浴び2-3と1点差に詰め寄られながらどうにか5回まで投げ切る。

6回から一軍に上がったばかりの原樹里がマウンドに上がった。前回も言ったが、高津監督は一軍に上がってきたばかりの選手を使うが好きだ。わずか1点差で一か八かのギャンブル決断と思われたが、その樹里がいきなり先頭打者を三球三振に討ち取ったときは流石モノが違う、とうなった。ところが次の打者新人根尾にストレートの四球。(根尾には8回にも2死から四球を与え、当たってない根尾をなぜそこまで警戒するのか???)これがなければ清水の2失点はなかったはず。さらに次の打者桂のピッチャーゴロを悪送球で一人相撲。しかしそのあとがスライダーがキレ、コントロールが抜群でうるさい三割バッター大島を難なく三振で討ち取るなど3イング目の2死まで被安打1に抑える。

8回も2死を取り、あと一人というところで前述したとおり根尾に2打席連続四球。ここまで来たら樹里に8回終わるまで投げさせるべきだった。代わった清水が当たってない桂、代打堂上に連続2塁打を打たれ2点のリードを守れず同点。いずれも高めのストレート、コントロールミスとしか言いようがない。ワンバウンドするようなフォークにどうにかファールしている堂上になぜ高めのストレートを2球続けて投げたのか理解に苦しむ。ビシエドや周三なら分かるが代打要員の選手に2死から連続2塁打はないだろう。しっかりしろ、といいたくなる。

ああ、今日もサヨナラ負けか、と思われたが、9回裏はマフガフが0で抑え、延長10回先頭打者村上の2塁打を足掛かりに手堅く西浦がバントで進塁させ、今日ソロを含む2安打の廣岡がセーフティーバントを決め、3塁から村上が勝ち越しホームイン。貴重な勝ち越し点を上げ5-4。その裏守護神石山が3人を完璧に抑えゲームセット。辛くも1点差で逃げ切った。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1