先発西から初回4点、2回3点の7得点、しかもwスチールを成功させるなど村上が1イニング三盗塁、やることなすことが面白いように成功するし、久々に見る打線のつながりの良さ、金久保のプロ初勝利間違いなし、と思っていた。

ところが喜んだのは2回まで、2回途中からマウンドに上がった馬場、3回から谷川にノーヒットにヤクルト打線が抑えられるのと反比例するかのように流れは次第に阪神に変わり、3回に2点目を返すと4回に金久保からさらに2点を返し7-4と3点差とされたところで、2番手大下にピッチャー交代。その大下もコントロールが定まらず四球でランナーを出してはヒットを打たれ、交代時の3点リードもあっという間に同点にされてしまった。

こうなると勢いは完全に阪神に。昨日好投した星が5回先頭打者梅野にまさかの勝ち越しソロホーマーを浴び、最大6点差あったリードを全てはきだし、逆にリードを許す展開になった。野村元監督がいたら、「どこまで下手な野球をしとるんじゃ」と怒鳴られただろう。

このゲームは中盤5回で勝負は終わったも同然、5回以降は両チームともヒットは散発、結局ゲームは7-8のままで終わった。

今日はNHK-BSで金久保の投球模様を期待して見た。阪神の4番バッターで打点、ホームラン争いをしている大山を2三振に討ち取るなどストレートがMAX152キロ出ていたし、スライダーも素晴らしい球を投げていた。解説者の和田氏も球質の素晴らしさを褒めていた。しかしバッターを2ストライクと追い込みながら、中途半端な高めに投げた球を打たれるなど経験不足が随所に見られた。また追い込んだらストライクで勝負しようとせず、きわどいボールを振らせる駆け引きも必要である。それを指摘したりリードするのがベテラン嶋の役目だと思うのだがそれが十分なされていなかった。それに前回広島戦5回を0失点と好投したときのバッテリー古賀が今日ベンチにいないので、巨人戦2回失点0と好投したときのバッテリー中村がベンチにいるんだから、なぜ首脳陣は相性のいい中村とバッテリーを組ませず嶋にしたのか疑問が残る。


[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1