ホーム神宮での最終戦、しかも奥川の一軍デビュー戦とあり多くのヤクルトファンが球場に詰めかけたのではないだろうか。残念ながら有終の美を飾るどころか中盤4回で勝負は決まってしまうような一方的な展開となった。ヤクルトがやっと得点を上げたのが終盤の8回になってからだった。

ヤクルトが青木を欠き、ベストメンバーで打線を組めないのとは反対に、鈴木誠也を1番にもってきて当たってる長野、松山、坂倉がクリンナップ、それがズバリ当たり長野が2安打、誠也、松山、坂倉が全て3安打づつ。しかも松山は全て長打で2安打2本とホームラン1本。侍ジャパンの4番バッター誠也を1番にもってきてこれでもか、というくらい奥川にプレッシャーをかけ、試合前から気合で負けていた。2番の田中以外先発床田も含む全員安打の猛攻、ホームの最終試合でこのありさま、今季のヤクルトを象徴するようなゲームだった。

女房役の捕手も非常に重要だと思い前のブログで中村を推していた。嶋もベテランだが、阪神戦で失敗した金久保のリード、そしてバッティング面を考えたら中村の方がベターだと思っていただけに、解せない嶋の先発起用だった。

火薬庫にいったん火が付いたら収まらないカープ打線、3回途中から星がマウンドに上がったものの消すことができずさらに2点奪われた。

今回映像で見ていないので詳細は分からないが、初回1死2塁打の誠也を置いて3番長野のサードゴロをサードの村上がワンバウンド送球でセーフになったようだが、内野安打だったのだろうか。村上のサード守備はうまいとは言えないので、ちょっとしたことだが、そのあと松山の2塁打で2点を奪われているのを考えると西田をスターティングメンバーにしたために村上をサードに使わざるを得なかったのだろうが、だったら選球眼がよくて勝負す強い宮本を先発になぜ使わないのかということになる。

奥川にとってほろ苦い一軍デビューとなった。しかしこれまで投げていたファームとデビュー戦の条件が違い過ぎた点を考慮してやってもいいのではないかと思う。明るい日中と不慣れな肌寒い晩秋のナイターのマウンドなど諸々の違いに慣れてくれば来季は必ず結果を出してくれると思う。

投手陣は別として、今季ヤクルトは最後までクリンアップを固定できず、毎試合のようにスターティングメンバーを替えた。4番の村上を除く主力となる山田、青木が体調面に問題があったことがそうせざるを得なかった点もあるが、クリンアップが固定しない限りAクラスを望むのは難しい。山田のFA問題もあるが来季の布陣がどうなるかはっきりしないが、クリンナップを組める選手が今のような状態なら外から捕強するしかない。それをしない限りヤクルトの再生は望めないだろう。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1