初回得点圏にランナーを進め4番村上のタイムリーで幸先よく1点を先制し、4回まで巨人先発ベンツから毎回の10安打を放ち、再三の追加点のチャンスをつかみながら拙攻のオンパレード。特に山田、青木のような主力のチャンスでの凡打が響いた。

いっぽうヤクルト先発高梨は非常に球数も少なく3回まで巨人打線をわずか3安打失点0に抑え、好投していたが、4回に村上のエラーと四球で与えたチャンスを重信の1本のヒットで簡単に逆転を許してしまった。

4回裏廣岡の今季初ホーマーで同点に追いつき、7回裏得点圏にランナーを置き代打雄平の粘りのタイムリーで1点を勝ち越したが、8回から登板した近藤が3連打を浴びたあと、若林に併殺崩れから同点にされる。7回表わずか2球で坂本を討ち取ったマクガフをなぜ8回表に続投させなかったのか疑問。

さらに最終回抑えの守護神で地元秋田出身の石山が登板、2死を簡単に取りながら、うるさい亀山にフルカウントからヒットを許し、強敵坂本に低めぎりぎりの厳しいコースをフェンス直撃2塁打にされ、それが決勝打となりヤクルト主催の巨人戦に1勝もできなかった。

中盤4回までランナーを出しながら、チャンスをことごとくつぶしたつけが終盤に回ってきた。巨人が少ないチャンスを効率よくモノにしたのに対し、ヤクルト打線の詰めの甘さが結局命取りになった。やはりここぞというところで結果を出した坂本とそれができなかったヤクルトの主力の差が勝敗を分けた気がする。

久しぶり初回に先制となる打点をたたき出した村上だが、相変わらず三振が多い。日ハム上沢から低めフォークをホームランにしたバッティングなど物凄い可能性を感じさせる19歳だが、高めのストレートやカーブにしばしば三振するもろさを合わせ持っている。素人考えだが、フォームがよく似ているという筒香のタイミングの取り方、右足の上げ方をもう少し参考にしてみたらと思う。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1