高橋については毎度のこと5回持たずに降板、いつもの悪い癖が修復できずに逆転を許し、大量点につながってしまった。つまり悪い癖というのは2死まで難なくアウトを取りながら、3回裏金子に意味のないストレートで四球を与えた後、源田に2塁打を浴び同点にされている。4回には長打で3点を失う。5回にも無死で金子、秋山にストレートで四球を出すなど力のある球を持ちながら墓穴を掘りまたも今季初勝利を逃している。結局、この回途中で高橋はマウンドを降りたが、前回の反省が生かされていない。

打線は初回山田の先頭打者ホームランで幸先よく1点を先制し、さらには2回に無死満塁という絶好のチャンスで廣岡が三振、藤井が浅い外野フライで犠飛とならず二死、続く山田の打球があと1メーターでフェンス越えという外野フライ。このチャンスに無得点だったことがその後のゲームを分けた。初ヒットは出たもののこのゲームでも2三振エラーはするわで今の廣岡は敗戦処理ゲームにしか使えない。

清水が6回秋山に3ランを浴び1-10とワンサイドゲームになりかけたところでテレビを切った。あとで結果を見たら8回1点、9回3点を返し、4点差まで追い上げたが、6-10で敗戦。ヒット数では12で3本上回りながらつながりの悪さが西武との得点差に表れている。

相変わらず投手陣の防御率はひどいものだが、打線については山田のホームランを含む4安打、雄平の3安打、そして下位打線では中村の3四球とタイムリー、ヒットはなかったものの粘りの山崎の2四球はヒットに値するものだ。中村と山崎の2人の粘りでコントロールのいい松本航に2回だけで20球投げさせている。これを得点につなげられなかった8,9番の責任は重い。
 さらに三振、早打ちが目立ち、打率を落としていた村上、山中(プロ初ホーマー)に連続ホーマーがとび出したのは救いだった。特に初球ホーマーを打つことが最近多かったため、相手も意識的に初球をボールから入ることが多くそれに引っかかって第一打席高いボール球に手を出し1球でアウトになった村上、ど真ん中ならともかく初球から打ちに行くよりまずは出来るだけ相手の投げさせることが大事だと思う。その中で好球必打ができれば理想的だし、打点打率も上がってゆくだろう。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
仕事で試合を見ることはできなかったが終盤で再逆転の末、勝ったことは知っていた。日ハム戦に次ぐベテラン石川の快投には頭が下がる思いだ。多彩で抜群のコントロールが交流戦歴代2位の24勝という数字を記録した証である。

強打者の多いパリーグにあって軟投型で多彩な変化球を持つ石川のようなタイプのピッチャーがいないためタイミングが非常に取りづらいはずだ。特に力任せに振り回してくる山川のような打者はポイントを少しずらせば討ち取れるだけのテクニックを石川は十分持っている。

「柔よく剛を制す」という言葉が示すように強打者に力で勝負するのでなく弱点を突いたテクニックで十分討ち取れることを見事に示したピッチングだった。その好対照が梅野だ。ただランナー置いての途中登板で大きく期待を裏切る結果になった。4打者に1死しか取れず2四球3失点という最悪の結果だった。そして7回まで0に抑えた石川ではなく逆転打を許したマクガフに、9回表味方の逆転で勝ち星が転がり込むという皮肉なゲームだった。最後は石山が最少点差を守り抜き逃げ切ったのは大きい。ただ石川の快投に勝利投手の権利を与えることができなあったことは残念でならない。

ヤクルトの今日の先発は高橋、それほど連打は浴びることはないがいつも4、5回の中盤にコントロールを乱し崩れるケースが多く、初勝利に足踏みしている。これをクリアできないと勝利を勝ち取ることはできない。山川、中村、外崎のような一発のある打者には力だけで勝負しても通用しない。内外角、緩急を織り交ぜ相手のポイントをいかに外すことができるか、それが課題だと思う。

このところ相手投手に弱点を研究され、三振が多い村上、変化球の見極めに苦しんでいるようだ。低めフォークへの順応は素晴らしいが高めの釣り球の空振り、左腕の外角へ逃げるスライダーにひっかることがままある。同じ左打者大谷の外角打ちのバッティングをも参考にして弱点を克服してもらいたい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1