先発メンバーに青木の名前なし。そうでなくても打線に迫力を欠く今のヤクルト、切込み隊長青木がいるかいないかでは大違い、予想通り楽天塩見に中盤5回までほぼ完全に抑えられ、ようやく6回山田の意地の一発があったが、底冷えの東北地方の雨季のような打線だった。

8回表この試合初の2死満塁で4番バレの打順、一発が出れば逆転という場面で楽天ブセニッツのボール球に手を出しサードゴロチェンジ、数少ないチャンスもあえなく凡打に終えた。9回も元気なくストッパー松井に3人で抑えられまたもや初戦を落とした。初戦を落とすと同一カード3連敗ということがあるだけに初戦は是が非でも勝ちたいところだったが、打線に覇気が感じられない。

また相手に先制を許すと何となく負けモードになるのか、3点がとてつもなく大きく感じられた。山田の一発で2点差なのにまるで5点差以上の点差を感じる。打線が点でしかなく線にならないため得点の能力が極めて低いためだ。中日に0.5と迫り今日ヤクルトが勝ち中日が負ければ最下位脱出というところだったが、今のヤクルトには他力どころか自らも負けているのだからどうしようもない。樹里も調子は良くなかったが、どうにか3点に抑えたのだから打線が3点くらいは取らないと勝てない。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1