スターティングメンバーに捕手Iだったのを見てカープ打線をランナーに出したらいいように走られるだろうと思っていたが、案の定だ。映像を見ていないのではっきりしたことは言えないが、余程のことがない限りセカンドランナーがサードの走ることはないがサードの走られるたということはもう舐められっぱなしではないのか。中村を休ませるのはいいとして西田をなぜ使わないのだろう。

先発の原樹里に期待したのだが、樹里が悪いにか広島打線の勢いが凄いのか、11連勝したのだから後者だと思うが、今日も2,3,4回で7点11安打とワンサイドで大敗かと諦めていたら、4回裏の山田のソロホーマーを口火にバレのヒットの後村上の2ラン、さらには満塁で青木の2点タイムリーで一気に5点を返し、1点差に迫った。二死1,3塁で山田、相手は九里に交代、残念ながら山田の打球は内野フライに終わったが、この勢いが広島のワンサイドゲームと言ってもおかしくない風を完全に変えた。

ブキャナン先発の阪神戦のように0-1で負けたのと今日のゲームのように1-7の大差から追い上げて1点差まで肉薄しながら最後は力尽きて負けた。同じ1点差負けでも明日に繋がる負けと完全に力なく完敗した負けは違う。明日は前回KOされリベンジを狙う大瀬良の先発、今日のようなチーム一丸となったゲームが出きれば連敗ストップは近いと思う。がんばれ ヤクルト!


[Web全体に公開]
| この記事のURL
初回裏3点先制すると、2回表堂上に浮いた球を2ランされすぐに1点差に追い上げられながら、3回再び青木、山田、バレの3連発がとび出し6-2と4点差に引き離した。見ているファンもそうだが、選手の方もストレスがたまっていたはずの連敗中のヤクルト、久々の爆発だ。これで連敗脱出間違いない、とファンは思ったはずだ。

ところが次の4回表に今度は周平と堂上には2本目のホームランを浴び2点差に追い上げられた。この3連戦周平には再三痛い目に遭っている。堂上のバッティングは普通の外野フライかと思われたが、1本目のそうだったが、真芯にとらえている分非常によく飛んでいる。球威はあるのだが、中日打線が高梨の球をうまくとらえている。

さらに5回表周平のタイムリーで同点に追いつかれた時点で高梨は代えるべきだったが、そのまま続投、当たってないモヤに内角のフォークをライトポール際にまさかの一発を浴びて逆に3点のリードを許してしまった。前の打席に空振りした球よりわずか落ちが悪かったフォークだった。不思議なもので、このホームランを機に次の打席でもマクガフの内角ぎりぎりの落ちる球を左肘をたたんでバットですくい上げるようにして内野の頭を超えるヒットを放った。

4点リードもあっという間に逆転を許し、気落ちしたのに輪をかけて先発清水とタイプの全く違う谷元、そして左右の長身外国人投手にてこずり、3回までに7本放ったヒットがその後は8回代打荒木のヒットのみ。5回裏レフトのエラーで2点を上げ1点差まで追い上げたもののこの1点差が遠かった。最終回梅野が大島に技ありのタイムリーを浴びて2点差になったところで勝敗は決した。厳しいコースの球でも内野手の頭を超えさえすればヒットになるんだ、という見本のようなバッティングをされた。ランナーを得点圏に置いて、これができるバッターがチームにいるのはうらやましい。

雄平を外し坂口をライトに、そしてサードに大引、そして問題の村上をようやく一塁に。久しぶりエラーなし。やはり村上は一塁で固定してほしい。問題は坂口と雄平のどっちを使うかだ。選球眼はいいが怪我が完治してないのか坂口の打率が低いのが気になる。

連敗を止めるなら組みしやすい中日戦と思っていたが、弱い相手にはとことん粘っこい中日に一つも勝てなかったのは痛い。上向きの打線を信じてマツダで3連勝した4月を思い起こし投打が一丸となってとにかく連敗をストップさせてほしい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
ついに連敗が2桁10となった。
一番大きな要因は得点力不足、投手の足を引っ張るエラー、エース不在ということになるだろう。

その中でエラーがらみの失点が命とりになったケースがこの連敗中少なくない。投打のバランスが良ければ当然勝利につながるわけである。

エラーの多さはヤクルトが43でダントツのワーストだという。しかもこの連敗中だけでも18のエラーを記録。1試合平均2弱のエラーをしていることになる。

その中で村上のエラーが多い。これまで首脳陣も守備の面は目をつむってきた。総合的に判断して首脳陣は先発メンバーから村上を外した。ホームラン、打点でチームトップを先発メンバーとして使わないのは大きな損失である。

いつも言うようだが、ポジションは選手によって得手、不得手がある。体型からして村上には三塁は向いていないし、四角のものを丸い器に収めようとしても厳しいと思う。

例えば巨人のON時代をつくった王が3塁に長嶋が1塁にコンバートされた場合、慣れたとしても合わないと思う。右バッターの左右の強い打球を裁くにはとっさの判断と動きが求められる中で長嶋の天性の動きの良さがサードにぴったりだし、王は内野手から送球されたワンバウンドの裁きの上手さは非常に優れていたという。しかし両者がポジションを入れ替わった場合、対応ができたか疑問だ。

西浦がいて坂口が故障していた頃は太田がサードを守り、一塁村上でよかった。西浦故障で太田がショートへ、坂口が復帰したため三塁に村上を戻した。故障が完治すれば3割を打てる坂口を首脳陣はどうしても使いたい。そうなると村上を三塁で使わざるを得ない。昨日のように守備面を優先したら大引だろうが、打撃面での魅力と期待感は当然村上ということになる。坂口に三塁ができれば一番いいのだが。

相手の中日のサード高橋周平のキャプテンになってからの「変身」は目を見張るものがある。入団当時から素質は評価されていたが、結果がなかなか出なかった。しかし今季キャプテンを任され、本人の自覚もあるだろうが、この2戦活躍が目覚ましい。クリンナップの5番を打ち9打数7安打7打点と大島、ビシエドを抑えてトップだ。打線では周平の働きが中日のしぶとさに大きく貢献している。ヤクルトにも攻守に長けたサードがほしい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
ホームに戻れば心機一転ファンの声援を受けて連敗をストップさせてくれるだろう、と期待していたが悪い流れはホームでも変わらずヒット数とほぼ同じ4個のエラー、これでは勝てません。首脳陣はエラーをいくつしても村上を1塁に戻すつもりがないようだが、エラーのことが頭の隅にこびりついて、今日も2塁打と単打を放ちはしたが、1塁なら守備のことを考えずに打席に専念すればはるかにいい成績を残せると思うのだが。今日も送球が高すぎたり、逆に手前でバウンドしたり安定してないのは慌てて送球するためにボールの握りがしっかりできていないのではないかと思う。

今日は仕事帰りにそのまま球場で観戦したが、ヤクルト唯一の得点の7回裏バレの一発を見れたのがせめてもの慰めだった。その前の7回表中日に4点目を入れられた時点で打線の勢いからしてダメ押しだと思っていたので7回裏の主力の打席を見たら帰るつもりでいた。結果的にそれが正解だった。ヤクルトの得点はバレの一発の1点のみ、逆に8回にも中日に2点追加されているのだから。

昨日と同じことを書くようだが初物に弱いヤクルト打線、上茶谷に次いで勝野にも初勝利をプレゼント。ただこの新人コントロールがよくヤクルトの主力に臆せず攻めのピッチングが目立った。ただ連敗中のヤクルト打線はランナーを出してもタイムリー欠乏症に陥っていてホームにランナーを返せないので得点能力が極めて低い。

小川は8三振を奪ったように球威はあったが中日のクリンナップには歯が立たなかった。特に大島の5打数の4安打1エラー(小川自らお手玉)と出塁率10割、そしてチャンスにとことん強いビシエド、高橋のタイムリーなどヤクルトの主力との差が歴然、それが結果に結びついたゲームだった。

前回はうまく攻略した柳が明日の先発、つながりの悪い打線では厳しいゲームになるだろうが連敗中なので石川への先制点が何より大事。今日ヒットこそなかったが、風さえあればスタンドに入っていた大きな外野フライと粘りで2つの四球の中村、山田も二つの外野フライはライナー性で当たり自体はよかった。とにかく10連敗は何が何でも阻止したい。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
DeNAの上茶谷にプロ初白星を献上したのがヤクルト、とにかく「初物」に弱い。特に左腕に。高橋遥人って初めて聞く投手だが2年目で昨年は故障でほとんど投げていないという。そういうピッチャーに6回散発4安打四死球0。ホームベースがあまりにも遠すぎた。ブキャナンが今季一番のコントロールで好投していただけに先取点がほしかったが、今の打線ではピッチャーが完封しない限り勝てない。好投しても味方の援護が得られないイライラが暴投という悪い流れを招いてしまうのか、マクガフの暴投が結果的にはサヨナラに繋がってしまった。

今日も得点圏にランナーを進めるところまではいくが、ことごとくタイムリーが出ない。特に9回2死3塁までランナーを進めて今日全く当たってない坂口、結果的には内野ゴロで4タコに終わった。同じ左なら若手の生きのいい宮本を代打に起用してほしかった。首脳陣は故障前のイメージにとらわれ過ぎではないだろうか。打てなくても坂口を使い続ける意味があるのか。解説者の谷繁氏が言うには骨折の痛みが完治していないのかその痛みをかばうようなバッティングに見える、というのだ。これでは本人のためにもよくないのでは。

結局、前のカード3連敗同士のぶつかり合いはチーム状態がどん底(特に打線が)のヤクルトが甲子園で3連敗、前の5連敗と合わせて8連敗となった。明日からホームでカープに連敗した中日戦が待っている。今季はホームで無様な大敗が多い。ホームのファンの応援の力を借りて連敗にピリオドを打たねば、Bクラスで終わってしまう。こうなったらチーム一丸泥くさく勝ちにとことんこだわって中日にブチ当たるしかない。


[Web全体に公開]
| この記事のURL

25件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 >>