昨夜最終回、ヤクルトファンはヒヤヒヤ、ドキドキしながら試合の行方を見守っていたことだろう。広島戦の悪夢の再現かと思うような厳しい場面の連続を潜り抜け、石山がどうにか逃げ切った。

前日のDeNAストッパー山崎は同じ3点リードで迎えた最終回を難なく3人で抑え、3-6でしっかりストパーの役目を果たしている。ところが同じ3点のリードを持ちながら石山の心境は全く違っていた。

広島戦の直後だけにあの悪夢が頭の片隅にあったのだろう。それが現実になったのが先頭打者筒香のいきなりのソロホーマーの一撃だった。続いて宮崎の2塁打。さらに打率1割台の楠本にもヒット。球もど真ん中と甘かった。こうなると自分の投げる球に自信が持てなくなる。疑心暗鬼の心境だろう。

無死1,3塁でこのゲーム3安打の桑原という場面で落ち着け、といっても無理だろう。もう開き直って思い切り向かっていくしかない。最後のストレートは甘くど真ん中だったが、桑原が打ち損じて三振。次の佐野は前の打席で近藤から3ランを放ったバッター。その佐野に粘られながらキャッチャーフライに討ち取り2死。次の当たってる柴田には敬遠気味の四球で満塁。次の大和には2ストライクと追い込み、最後は外角に逃げるスライダーのボール球を大和が空振り、ゲームセット。長打が出れば逆転という厳しい局面を石山がどうにか潜り抜け9-7で勝った。

このゲーム2回先発カラシティーが満塁からウィーランドのカーブをレフト前にヒットし2点を奪い逆転、さらに青木のヒットで4-1。3回にも満塁時ルーキー宮本のプロ初打点となる2点タイムリーなどで3点を入れ、7-1とした。これだけ味方の援護があれば、落ち着いたピッチングができなくてはならない。ところがカラシティーは味方の大量援護があると雑になってしまう悪い癖がある。いつもより四球は少なかったものの無駄球が多い。そのため5回途中、勝利投手の権利を目前にして降板を余儀なくされた。中継ぎの負担も大きいので6点リードをもらったらせめて7回くらいまで投げてほしい。自業自得というしかない。

このゲーム、2番手ハフ、3番手秋吉、4番手梅野、5番手近藤、最後がストッパー石山だったが、セットアッパーの近藤が被安打4失点3、石山が被安打3、1失点と役目を十分果たせず不安が残る内容だった。一番いい働きをしたのがこのゲームプロ初勝利を挙げ、同じく初打点を挙げた宮本と共にヒーローに選ばれた梅野だった。7回DeNAのクリンナップを三者凡退に抑えたのは見事だった。4月一軍での防御率が54.0、5月が33.75。球が速いが制球力が全くなかった梅野が8月一軍に上がってきて驚かされたのは見違える制球力だった。8月の防御率が1.50という数値がそれを裏付けている。まだ19歳の若さ、先発も使いたいところだが、石山の状態がしばらく悪いようだったら梅野のストッパーも一つの選択肢として考えてみるべきではないか。

打線の方の課題は6番以降の得点力のなさであるが、ルーキー宮本が待望のプロ初打点を挙げる活躍を見せた。春先怪我で出遅れていた塩見が前回一軍で結果がでないままファームに戻り、再び一軍入り。ファームで目覚ましい活躍を見せているので宮本に負けずに今度こそ一軍でも結果を出してくれることを願っている。新しい選手たちがヤクルトに新たな活力を与えることを期待している。





[Web全体に公開]
| この記事のURL
先発ブキャナンは前回の阪神戦も四球は少なかったが、ヒットによるランナーを塁上にしばしば出す苦しいピッチングで勝ちはしたものの決して投球内容は褒められたものではなかった。

昨日のゲームは初回いきなり3安打を許し1点先制され、その裏山田のソロホーマーですぐさま追いつくのも束の間、2回表ゲームを左右する大量点4点を奪われ4点差となった。以前の立ち上がりの安定感はどこへ行ったのか。

2回裏バレンティンのタイムリーで1点返し、2-5とし、さらに4回裏2死満塁で山田という絶好のチャンスがあったが、濱口の低めボールになるスライダーを山田がハーフスィングで三振、無得点に終わった。

第一打席で幸先よく30号ホーマーを放った山田、その勢いでホームランではなくとも、ヒットを期待したが、4打席目に併殺打があったりして快音は聞かれなかった。

ゲームはこのまま小康状態が続き、試合が動いたのが8回裏坂口の久々のソロホーマーで3-5と2点差に迫った。しかし9回表その坂口のエラーを足掛かりに大下がタイムリーを打たれ再び3-6と3点差とされた。

この3点差は前夜の広島戦の逆のパターン。元気のあるチームなら諦める点差ではないが、このゲームのように1点を返すのがやっとのヤクルト打線にはそれを求めるのは酷、それどころか3,4,5番のクリンナップが一人も塁に出ることなくあっさり3者凡退に終わった。

今のヤクルト打線打率はリーグ1だが、6,7,8の下位打線の得点能力が極端に低いことだ。DeNAの9番柴田がこのゲーム2安打2打点を挙げているが、そういう存在がヤクルトにいないため、主力が爆発すれな大量得点が望めるが、さもないとこのようなゲームになるということだ。

広島からの休日なしの移動ということで前日ホーム横浜の試合だったDeNAとの疲労状態の差はあっただろうが、ホーム神宮で、言葉はきついが、消化試合のようなゲームをファンは見たくないのが正直なところだ。

しかし3位内に入りCSに出場する気概が選手にあるのであれば、今日のゲームチーム一丸となって勝利をつかみ取ってほしい。逆に目的がなくなればズルズル下に落ちるのは早いだろう。前回、高田監督が成績不振で途中で監督を辞任し、小川監督が代理監督から監督を引き継いだ。その時、ダントツ最下位から借金を完済し、4位でシーズンを終えた。小川監督は他の監督と違い、チームの選手をメディアの前で批判しない。だからこそ選手が監督の気持ちを汲んで、自発的に「この監督のために頑張るんだ」という気持ちにならなければだめだ。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
勝負は下駄を履くまでわからない、というが下駄を履いてもわからないといえるくらいショッキングなサヨナラ負けを喫した。テレビ画面を見ているのもショックと悔しさですぐに消した。ましてやブログを書く気にもなれなかった。

初回バレの犠牲フライによる先制、2回には山田の満塁弾、4回までは完全にヤクルトのワンサイドペース、しかも前回の巨人戦完封で自信を深めた樹里は先頭打者を出すものの連打を許さず連続完封が期待できる内容のピッチング。


ところが中盤ランナーを一人置いてソフトバンクから移籍した曽根の3塁打、野間の内野ゴロで2点返され、さらに6回うら1点、7回2人ランナーを置いて鈴木の2塁打で2点、ついに8-5と3点差まで迫られたところで樹里はマウンドを降りた。

たらればを言っても仕方ないが、悪い展開になるとどうしてもあのときああすれば、こうすればよかったのでは・・・、と思ってしまう。樹里はバッティングがいいためつい色気を出し、2回に2塁打を放ち、しばらく塁上にいた。そのときのスタミナ消耗が少なからずその後のピッチングに影響したのでは、と思ってしまった。

しかし8回ウラ近藤が3点リードを守り切り、最終回の1イニング3点差あれば、守護神石山が抑えてくれるだろう、と思っていた。先頭打者曽根を討ち取り、2アウトまでこぎつければ仮に丸に一発を浴びてもまだ2点ある。俊足の野間にはこのゲーム内野安打、盗塁2を許している。その野間が内野ゴロアウトというジャッジにリプレー検証の末、セーフ。さらにバティスタがスライダーに手を出さず粘り、フルカウントから石山が投じたストレート低めギリを詰まりながらもヒット。丸の前に二人のランナーを出したことがサヨナラの決め手の一要因となった。

一球目の低めフォークはボール。2球目内角低めギリのストレートをドンピシャのタイミングで丸にライトスタンドぎりぎりのところに同点弾を叩き込まれた。ショックから覚めぬ間もなく次の鈴木にもスライダーをレフトスタンドにサヨナラ弾を打ち込まれ、最悪の結末でゲームの幕を閉じた。バレンティンの当たりが外野フライに終った初回と、丸、鈴木の連続ホーマーが飛び出した最終回では明らかに風向きが変わっていた。ホームの風もカープに味方した。しかしこの悔しさをバネにもう一度立ち上がってもらいたい。

同点ホーマーを放った丸はこのゲーム唯一のヒットはこの同点弾だ。ホームランバッターというより中距離ヒッターという外見だが、バットの真芯でボールを捉える能力は超一流だ。だからコンパクトなスィングでも飛距離がすごい。しかし低めからいったん浮き上がって低めに鋭く落ちるような樹里にスライダーが低めにコントロールされれば丸といえども打てないだろう。

スワローズ選手の皆さんにお願いしたい。この悔しさをどうか8月31日から9月1,2日の対広島とのホーム神宮3連戦で思う存分ぶつけて必ずリベンジを果たしてもらいたい。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
やはり懸念していた通り先発館山は制球力が定まらず味方が先制したのも束の間1,2回得点圏にランナーを置いてヒットを打たれ失点した。さらに3回途中鈴木誠也の打球を腕に当て途中降板という不運に遭遇した。3回無死で降板した時点で球数はすでに59球、仮に5回まで投げたとしたら間違いなく100球は超えていただろう。

3回表にランナーを2人置いてバレの3ランが飛び出し4-2と逆転。結果的には初回のタイムリー2塁打による1点と合わせ4打点はすべてバレによるものだった。

序盤の2点リードはカープ打線にとって無いに等しい。館山の後を受けた中継ぎ陣に容赦なく襲いかかり4回まで1点づつさらに5回にはランナーを2人置いて代わったばかりの秋吉の初球を捉え西川が3ラン。一気に3点リードした。前日は10球以内で1イニング0に抑えた秋吉、好不調というより初球が甘かったのか?それにしても1イニング0で抑えるのが難しいヤクルト投手陣。一方中継ぎの一岡、フランスワ、抑えの中崎にわずか散発2安打しか打てなかったカープとの差を痛感。

広島先発九里は6回投げて被安打6失点4。前述したようにそのうちの3安打、失点4はバレ一人にやられているが、他の選手には3安打しか打たれていない。前日はたまたま坂口、雄平、ハタケなどの得点があり大量点に繋がったが、バレ一人ではどこからでも打てるカープ打線にはかなわない。5勝12敗という対戦成績が今の両チームの総合力の差を表している。再び最下位に転落した中日は8勝10敗とほぼ互角に対広島と戦っている。広島戦の戦術を中日から学ぶべきでは。

このゲーム右の九里が先発ということでサードスタメンで起用された期待のルーキー宮本はいきなり初回に2死満塁と願ってもない、プロ初打点のチャンスを迎えたが、あえなく見逃し三振に終った。2軍で3割以上打ってる谷内や廣岡が一軍でなかなか思うような結果を出せず、苦しんでいる。1,2軍のレベルの差を考えれば当然ともいえる。そこから自らの足りないもの補ないながら成長してレギュラーの座をつかみ取ってもらいたい。

今日のヤクルト先発は今一番安定している原樹里。心配なのは天気だ。相手は岡田。それほど苦手のピッチャーではないのでとにかく先取点を取って優位にゲームを進めたい。このカード何が何でも勝ち越したい。健闘を祈る。




[Web全体に公開]
| この記事のURL
暑い広島地方で4時間半以上にわたる熱戦、両軍選手お疲れさま、そしてヤクルト選手勝利ありがとう、と言いたい。
既に9勝を挙げている先発ジョンソン、2回先制しながらも追加点がなかなか上げられない中、中盤までに小川が2点を追加され、1-3とリードを許し、カープペースの試合展開になっている状況で2点のビハインドを覆すのは難しく感じた。

しかし中盤の5回を終わった時点でジョンソンの球数はすでに120球を超えていた。好投手ジョンソンから1点しか奪えなかったが唯一球数を多くねげさせたのがヤクルト打線の粘りの証だと思う。

6回から登板した2番手ピッチャー永川が大きく勝敗を左右した。ヤクルト逆手の突破口を開いたのが注目ルーキー宮本だった。阪神戦で初めてテレビを通して彼のバッティングを見た感想は、とてもルーキーとは思えない粘りと選球眼の良さ、バットコントロールの素晴らしさを感じた。11試合連続得点をしていたときの山田のインパクト(ボールがバットに当たる瞬間のバットの角度)に近いバットコントロールの良さを宮本に感じた。彼は大学時代近畿リーグで史上5人目の100安打を達成し、3度首位打者達成の実績を持つだけに守備を鍛えれば将来が非常に期待できる選手だ。今度はランナーが3塁にいる場面で、この勝負強さをプロ初打点につなげるところを見てみたい。

ヤクルトは2,3,4番の出塁率と得点力は高い。その分四球が多い。となると5番を打つ打者次第で大量点にもなれば残塁の山ともなる。阪神戦で嫌というほど雄平の併殺を見ているだけに満塁時でのバッティングを注目したが、内野ゴロでもとんだ位置が幸いしタイムリーとなった。ちょっとコースが違えば「得意」の併殺打というところだったが、逆転に繋がったこの回の3点は勝利の期待を抱かせるものだった。

首位を独走するチームだけに1点のビハインドなど全くビハインドと思ってないカープ打線はその裏ヤクルトの2番手、そして7回裏3番手投手から1点づつ奪い、あっさり5-4と逆転。9回抑えの中崎が登板。2死1,3塁から坂口のタイムリーで同点。その裏近藤が2死1,2塁で4番鈴木を外野フライに抑える。

延長10回表1死後バレがアドウワからレフトにソロホーマー。阪神戦岩田から初回低めのボール球をスタンドに豪快に放り込んだときと同様、バレにとってはストライクもボールも関係ない。彼のスゥイングの軌道内の球がストライクゾーンなのだ。僅少差ということでバレを残して置いた小川監督の作戦勝ちだ。ただバレの得点は序盤から中盤までに発揮されることが多いが、疲労困憊の長時間ゲームに集中力を切らさず、よくぞ決勝ホームランを打ってくれたバレに感謝!

しかし1点リードくらいでは全く安心できない。ところがさらに勝利を決定づけたのが2死からハタケの3ランが飛び出したときだ。とどめはランナー2塁で坂口の2ベースヒットで10-5とダブルスコアとした。今季マツダスタジアム初勝利ということだが、前回名古屋ドームでやっと初勝利したばかり。いかにヤクルトがビジターに弱いかということだが、とにかくそういう苦手意識を払しょくしないと優勝するチームにはなれない。

ようやくヤクルト投手陣がリーグ防御率最下位を脱出した。防護率は順位のバロメーターになる。しばらくヤクルトと中日がワーストを競っていた。ただヤクルトが防御率ワーストなのに今の順位にいるのは広島の266厘を上回るリーグベスト269厘の好調打線の恩恵である。中日も打線はいいが防御率があまりよくない。順位占いでDeNAを上位にした解説者が少なくなかったのも昨年の活躍をそのまま想定してのものだが、今年のDeNAは目下投打どちらもリーグワーストになっていて大きく予想を裏切っている。

さて今日の先発館山は独特なフォームからの曲球だけにコントロールが生命線になる。四死球が多いとランナーをためてどこからでも打てる長打力軍団広島の餌食になるリスクも抱えている。序盤にヤクルトが先制し、優位にゲームを展開して行ければ勝利は見えてくるだろう。序盤に打線の援護を期待したい。明日は雨の予想なので是が非でも今日勝って一つでも勝敗差をちじめたい。






[Web全体に公開]
| この記事のURL

16件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 >>